FC2ブログ

腹は立つけど…

臨済宗中興の祖と称され、

五百年に一人の名僧といわれた白隠(はくいん)禅師に、

このようなエピソードがあります。


ある人が、

「和尚さん、あなたの怒った顔を見たことがありませんが、

 あなたには腹が立つということはないのですか?」

と伺ったところ、

「石の地蔵さんじゃなんだから、わしだって腹が立つぞ」

と答えられた。

「でも、和尚さんの怒ったところを見たことがないですが…」

と不思議がると、

「わしは腹は立つけど、怒らんだけじゃ」と答えられた、とあります。


腹は立つけど、怒らない。


なんとも不思議な表現ですが、

よくよく考えてみますとその通りなのです。


人間、腹を立てないと発奮もしませんし、

社会の悪にも義憤を感じなくなる。

しかしそこで怒って、ただ感情に身を任せてしまうかどうか。

ここに運命の分かれ道があります。


つまり、腹が立つという本能的な反応と、

実際の行動との間に、私たちの「心」があり、

実際の行動を自分自身で選択する自由があるのです。


動物は本能によって行動することしか出来ませんが、

人間には、人間独自の心をつかって、

全く新しい行動パターンを自分自身で描いていくことができます。

ここに人間に与えられた無限の可能性があるのです。


それが良心というものであり、

このお道で言うところの

「分け御霊」(人間がこの世に生を受ける時に、神様から与えられる魂)

のお働きなのです。


お道の教えにこのようにあります。

『信心の浅い時には、人から悪く言われるとすぐ腹が立って、

 こらえきれないで、すぐに仕返しをしようなどとする。

 しかし、信心が少し進んでくれば、

 人から悪く言われると、腹は立つけれども、

 信心しているからと思って堪えられるようになってくる。

 信心がずっと進んでくると、人から悪く言われても腹が立たない。

 腹が立つどころか、かえってその人が気の毒になる。』


私たちが本能の奴隷とはならずに、

「怒り」と上手に付き合っていくためには、

神様から与えられた「分け御霊」が

いつでもお働き下さる心の在り方となっておく必要があります。

その稽古をさせて頂くことが信心なのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター