FC2ブログ

幸せの帽子

仏教詩人として知られる坂村真民さんの詩に

『幸せの帽子』というものがあります。


すべての人が幸せを求めている

しかし幸せというものは

そうやすやすとやってくるものではない

時には不幸という帽子をかぶってやってくる

だからみんな逃げてしまうが

実はそれが幸せの正体だったりするのだ

わたしも小さい頃から

不幸の帽子をいくつもかぶせられたが

今から思えばそれがみんな

ありがたい幸せの帽子であった

それゆえ神仏のなさることを

決して怨(うら)んだりしてはならぬ



一見「不幸」に見えることの中に、

神様の願いがどれだけ込められているかということを考えさせられます。


プラスを感謝することなら誰でも出来るでしょう。

しかし、苦悩や絶望といったマイナスの淵にあって、

「ありがとうございます」と

手を合わせることが出来るのが信心のありがたさであります。


苦悩や絶望が縁となって、

神様の願いに気付かせていただき、

真の生き方に目覚めるのです。

そこから自然と手が合わさるようになる。


お道の教えに、このようにあります。


『神は、人間を救い助けてやろうと思っておられ、

このほかには何もないのであるから、

人の身の上にけっして無駄事はなされない。

信心しているがよい。みな末のおかげになる。』



神様は人間の親であります。

親は、たとえ子どもが親の恩を分かっていなかったとしても

子どもの世話をし続け、心配をして下さいます。


そして、子供の至らないところは、改まり成長できるよう、

祈りに祈りながら長期に亘って時節を待って下さいます。


私たちが逆境の中で「助けて下さい」と神様に祈る遙か前から、

実は神様が祈って下さっているのです。


最善、最高、最適の神様のお働きの中で、

生かされ生きていることを忘れてはなりません。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター