FC2ブログ

花の美しさ

京都の南禅寺の管長をされていた

柴山全慶(しばやま ぜんけい)老師の歌に、

『花語らず』というものがあります。


花は黙って咲き

黙って散っていく

そうして再び枝には帰らない

けれどもその一時一処に

この世のすべてを託している

一輪の花の声であり

一枝の花の真である

永遠にほろびぬ生命のよろこびが

悔なくそこに輝いている


私たちが花を見て美しいと感じるのは、

その花の形や色などの見た目だけにあるのではなく、

自らの生命を全うし、ただ一生懸命に咲いている、その姿にあるのです。


花は、自らの美しさを誇示しょうとして

咲いているのではありません。

人間が見ていようと、見ていまいと、ただ「花だから咲く」。

自らの生命を喜んで咲いている、

そのひとすじの気持ちが私たちを感動させるのであります。


お道の教えにこのようにあります。

『昨日を忘れ、今日を喜び、明日を楽しめ』


「生きる」ということは、ただ漫然と日々を過ごすのではなく、

何かを生み出して行くということであります。


花は誰のために咲くのか。

誰のためでもありません。

花は、ただ花であるがゆえに咲くのです。


自分に与えられた生命を、

与えられた環境の中で、

与えられた役割を精一杯に喜んで、

そして自らの花を咲かせた後はさっと散っていく。

そこに美しさがあるのです。


私たち人間にもまた、

自らに与えられた生命を精一杯に喜び、

全うする役割が与えられているのではないでしょうか。


今月今日、自分の中から喜びを生み出す稽古こそが信心であります。

この自分の中から、どれだけのものが現れ出るか。

花も咲かせ、実も結ばせて、ただひとすじに

咲き切ろうとするところに美しさが生まれるのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター