FC2ブログ

生き方

ビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家の一人として知られる

ピーター・ドラッカーが、

十三歳の時のお話です。


学校での授業中、

宗教の先生であるフリーグラー牧師は

クラスの生徒たちにこのように問いかけました。


『君たちは人から、どのように憶えられたいかね?』


誰も答えられない様子を見て、

牧師はにっこりと笑って、続けます。


『今答えられると思って聞いたわけじゃない。

でも、五十歳になってもこの問いに答えられなければ、

人生を無駄に過ごしたことになるよ』


ドラッカーは晩年、

この問いについて、著書の中でこのように述べています。


『運の良い人は、フリーグラー牧師が私に問いかけてくれたように、

この問いを誰かに問いかけてもらい、

一生を通じて、自らに問いかけていくことができる』



さて、何故この問いが大切なのかと申しますと、

それは、この人生が何を手に入れるかで決まるのではなく、

他人とどのように関わって生きていくか、

つまり、いかに生きるか。

その生き方、在り方で決まることを教えてくれるからであります。



人間の生活は、いつでも

何らかの願い、目標をおいて、それに向かって歩んでいます。

そこで具体的な目標を持つことは大切なことですし、

その目標を達成することは重要なことでもある。


しかし、ここで間違いが起こりやすいのです。

目標を達成しようとするあまり、

自分のしていることの効果ばかりに心が向かうようになる。


目標達成の効率を上げることに目を奪われ、

そのことに走ってしまいがちなのであります。


そうして目標達成のために、

手段を選ばぬ在り方に傾き、

手元が狂い、生き方が崩れていくのであります。


お道の教えに、このようにあります。

『日に日に生きるが信心なり』


いかにして生きるか。

それが神様の御心に沿った生き方となるように

心掛けることが信心であります。


『君たちは人から、どのように憶えられたいかね?』


人間としての生き方、在り方が問われているのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

とても勉強になります。

今は31ですが、10代の頃に比べると、
はっきりと答えられるようになってきました!

もっと精進していきたいですね^^
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター