FC2ブログ

氏子あっての神

人はそれぞれに立場と役割を持って生きています。

結婚すれば夫、妻となり、

その夫婦に子供が生まれれば、その夫婦は、生まれた子に対して親となる。

親となった以上、そこにおのずから

親の立場としての役割を受け持つことになる。

そして、親の立場としての役割を

子に対して果たしていくことで、

親は真の親になっていくのです。

それが親の道であり、親として生きるということであります。


そして子もまた親に対して、子の立場と役割を受け持つ。

子の立場としての役割を

親に対して果たしていくところに、子の道があるのです。


そのように一人ひとりが

それぞれ異なる立場と役割をもって生きているからこそ、

一人ひとりが異なる問題を抱え、

一人ひとりが異なる願いを持って生きているのであります。

そして、そうした一人ひとりに神様が向かわれているのです。

難儀な氏子が一人ひとり神様に向かい、

それぞれの願いに道がつき、立ち行くことが

神様の願いが成就することであり、それが信心の目的と言っても過言ではありません。


お道の教えにこのようにあります。

『氏子あっての神、神あっての氏子、

 子供のことは親が頼み、親のことは子が頼み、天地のごとし、

 あいよかけよで頼み合いいたせ。』

「あいよかけよ」とは昔の岡山地方の方言で、

「よいしょ、こらしょ」のような、

二人で息をそろえて物を担ぐ時に使われていた掛け声であり、

助け合う関係を指しています。


親は子のことを神様に願い、

親の立場としての役割を子に対して果たしていく。

子は親のことを神様に願い、

子の立場としての役割を親に対して果たしていく。

親も子も、それぞれに願い合って、

違う立場の役割を果たしあって生きていくのです。


そのように親と子が、万物を生かし育むこの天地のごとく願い合い、

働き合っていくところに、お互いが共に助かる道が開けていくのであります。


「氏子あっての神、神あっての氏子」とは、

そのように私たち一人ひとりの願いに道がついていくことが、

私たち人間の願いの成就であるだけでなく、

神様の願いの成就ともなるのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター