FC2ブログ

幸せになる話

心を丸い円に喩えたとき、「幸せ」とは、

その円が満月のように真ん丸な状態を言います。

「円満」という言葉があるように、

満ち足りていて不足がない状態を「幸せ」と言うのです。

それに対して「不幸せ」とは、

何かしら不足があるために心の円に穴が空いていて、

半月になったり三日月になったり、

人によっては、かじられ尽した林檎のようになっている。 


では、そのように心の円に穴を空けている不足の正体とは

何かと言いますと、それは「自分の期待通りにならない」という思い。

これに尽きるのです。


不幸せな人というのは、

何かしら不足を言われるものですが、

それらはすべて、自分の期待通りに人、モノ、お金が

動いてくれないというものであります。 

しかし、そのような自分の不足というものを

一体誰が埋めてくれると言うのでしょうか。


ここで大半の人が自分の身近な人間を当てにします。


その相手に対して、お金なり親切心なり、

何かしら自分の不足を埋めてもらおうと躍起になるのです。

しかし考えてもみてください。

その当てにしている相手にだって不足があり、穴が空いているのです。

相手だって、お金も親切心も足りない足りないと言って、

誰か埋めてくれる者は居ないかと捜している。

そのように考えた方が自然ではないでしょうか。


幸せになろうとしながら、

人を当てにしては不足を言って、

幸せになれない心の在り方になってしまっている。

これが「迷い」というものです。


そうではなく、

「人から何かしてもらおうと思わなくても、

この自分自身の中に限りのないお恵みを頂いているのだ。

私の中から、どんなことでもしようという心が出てくれば、何だって出来る。

無限に良いものを私は授かっているのだ!」

このことに気付かせて頂くことが信心であります。


当てにするというのは、

相手にこちらの期待通りに動いてもらおうと思うことですが、

信心というのは、

むしろこちらから相手の期待通りに動きたいと願うことであります。


そして「相手の期待通りに動きたい」という心があって

はじめてそこで、自分の不足というものが無くなる。

穴が埋まって円満となり、幸せになれるのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター