FC2ブログ

神様はどこにいる?

日本のペスタロッチーと言われた教育者である、

東井義雄(とうい よしお)先生の詩に、次のようにあります。


見えないところで 

見えないものが

見えるところをささえ

生かし

養い

あらしめている


人間、目に見えないものは信じられないものです。

目に見えないものは、いくら人から説明されても

やはり見えないものですから、疑えばキリがありません。

「神を信じられない」と言われる一番の理由も、目には見えないからでしょう。

しかし、この世の実際とは、

目に見えないものが、目に見えるものを支えているのです。


金魚鉢の中を泳ぐ金魚は、

鉢の中の水を泳いでいることを知らないのと同じように、

人間も目に見えない大きな働き、

そのお恵みの中で生かされていることが自分自身にはどうしても分からないのです。


お道の教えに、このようにあります。

『神様は目にこそ見えないが、そこら辺りいっぱいにおられるので、

神様の中を分けて通っているようなものである。』


生きるということは、

神様のお働きの中で生かされ、

神様と共に生きているのであります。


信心するということも、神様のお働きの中でしているのであり、

神があるかないかと論じるのも、神様のお働きの中でしているのです。


ですから、このお道では参拝するにしても、

仕事をするにしても、何をするにしても、

「させて頂く」とか「神様のおかげを頂いて」という言葉をつかうのです。


神が分かるということは、

知識や学問として神が分かるというものではなく、

信心が進んでいく中で、自分の命、生活は

自分だけのものではなく、一切の働きによって

「生かされて生きている」ということが分かるということであります。


神様がどこにいて、

どのような姿で、男か女か、などというのは、

さしたる問題ではありません。


大切なことは、「生かされて生きている」ことに

感謝をして生きていくこと。

それが信心であり、肝心要のところはここにあるのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター