FC2ブログ

死んだと思うて

幼い頃、「嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれる」

と教えられ、また私自身も信じていました。

最近になって改めて閻魔様について

教えていただく機会を得たのですが、

閻魔様というのは大昔のインドの宗教の神様なのだそうです。


その神話によると、人類の死者の第一号が閻魔様であり、

後に、死者の生前の行為を記録によって賞罰を司る神様となります。

閻魔様は恐ろしい顔をしていますが、

実はやさしい地蔵菩薩の化身であり、心の中では

「もうこんな罪悪を犯して、こんな所に来るのではないぞ」

と叫びながら、再び罪悪を作らせないように恐ろしい顔で叱咤しているのです。


また「起世経(きせいきょう)」によると、

閻魔様は人を裁く前には、

火で真っ赤に熱した鉄丸を飲んで死んで、

生き返って罪人の前に立つ、とあります。

 
熱した鉄丸を飲んで死にきるとは、

自らの執着心を捨て切った上で人を裁くという

厳しい誓いの表れであります。

生身の私たちが熱した鉄丸を呑むなどとても出来はしませんが、

執着心を捨て切る為にはそれだけの覚悟が必要であることを教えられます。


お道の教えに、このようにあります。

『死んだと思うて欲を放れよ』


欲を放れよというのは、

食べたい、飲みたい、眠りたいという欲を放れよ

という意味ではありません。 

それで私たちが助かるわけがありません。

放れなければならないのは我欲であり、

自分の考えに執着することから放れよと教えているのです。


閻魔様が鉄丸を呑む話から分かるように、

死んだと思わなければ自らの我欲を放れることはできないのです。

しかし、我欲を放れると本当に死ぬものならば、

欲を放れよと教えられるはずがありません。


欲に囚われている者は、欲を放れると死ぬように思いますが、

実際には死にはしない。

かえって生き生きと生きられる。欲に囚われ、

執着する者こそ実は危ないのであります。


人が人を裁く世の中であります。

人を裁く前に、死んだと思うて我欲を放れ、

我が内に凝り固まった執着がないか、

よくよく見させていただくことが大切なのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター