FC2ブログ

「幸」と「福」

普段私たちがよく口にする「幸福」という言葉は、
学問的には「二種類の良いことの集まり」であるそうです。

と言いますのも、「幸」と「福」、
同じ「さいわい」という意味で用いられる言葉でも、
字の本来の意味は、実は大変異なるものなのです。

「幸」という字は、その「さいわい」の原因が、
自分の力によるものではなく、
たまたま他から与えられたに過ぎないものを言います。

金持ちの家に生まれ育ったとか、
ルックスに恵まれたとかいうのは、
まさに「幸」であり、「さいわい」には違いありませんが、
偶然の産物でありますから、いざというときに当てにならない。

これに対して「福」の方は、
その「さいわい」の原因が、自分自身の努力によるものを言います。

つまり、実際に苦労して苦心して
勝ち得た「さいわい」を「福」と言うのです。

福という字を見れば分かる通り、
示偏(しめすへん)は神様のことで、
つくりの方は「収穫を積み重ねた」ということ。

すなわち「福」とは、神様の前で積み上げられたものを表すのです。

では、私たちは「幸」と「福」、
偶然の「さいわい」と、必然の「さいわい」、
どちらを求めて生きるべきなのでしょうか。

答えは言うまでもないでしょう。 


御教えに、このようにあります。

『わが心でわが身を救い助けよ』


信心と、頼るということが混同されがちであります。

信心とは、人や物などに頼らなくても、
幸せに生きるために必要なものを生み出す尊い力が、
自分自身の中に与えられていることに気付くことであります。

挨拶でも、親切でも、仕事でも、
こちらからできるだけ余分にして出るところに、
人間の本当の幸せがあり、喜びがある。

今まで他からしてもらうことばかり考えていたことが
間違いであったことが分かり、
本当の幸せも喜びもそこにはないのだ
ということに気付くことが大切であります。

何かに頼ろうとする心を捨て、
「さいわい」は全てわが内、わが心から
生まれるものであることに気付き、

そこを目指して歩いていく生き方が、
本当の幸福を約束してくれるのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター