FC2ブログ

今を生きる

王陽明(おうようめい)は、中国・明の時代に活躍した、
実践儒学である陽明学(ようめいがく)の開祖ともなった儒学者であります。

陽明学は日本にも伝えられ、
幕末維新の志士を育てた吉田松陰にも大きな影響を与えました。

その陽明が弟子に与えた手紙の中にこのような言葉があります。

「人生は変化が絶えず、様々なことがあるが、
私がこれらの問題すべてに対応できる理由は、
『人生のいかなる変化も、突き詰めれば、喜怒哀楽の四つしかないこと』
を知っているからなのだ。」と。
 
つまり、如何に喜び、如何に怒り、如何に哀しみ、如何に楽しむか。
これが人生のすべてであると教えたのであります。

確かに考えてもみますと、私たちは皆、
何か出来事にぶつかるたびに、喜怒哀楽、
このいずれかの感情を間髪入れることなく生み出し、
生きているのであります。

喜ぶべきときに喜び、哀しむべきときに哀しむ。
それでこそ人間なのであります。

しかし、喜ぶべきときにしっかりと喜ばず、
不足を言ったりしかめっ面をしたりする。

あるいは、人が哀しい思いをしているときに、
それを哀しまずに喜んだり、楽しんだりする。

これでは人間本来の「いのち」を全うしているとは言えません。


教えには、このようにあります。

『日に日に生きるが信心なり。』

「生きる」ということはただ漫然と日々を過ごすのではなく、
何かを生み出していく働きであります。 

我々が腹を立てているときには腹立ちが生まれているのであり、
心配している時には心配が生まれている。
おかしなものを生んでしまっては、この自分というものが台無しであります。

王陽明が言った通り、人は誰でも
喜怒哀楽に支配されて生きているのかも知れない。
しかし、何を生み出すかは自分自身で決めていくことが出来る。

その生きていく調子を整え、
他のお世話になって生かされて生きていることに目を向け、
喜びを生み出していくことが信心であります。

何を生むか。

生むものによって自分の価値が決まる。

このことを忘れてはなりません。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター