FC2ブログ

念ずれば花ひらく

「念ずれば花ひらく」で有名な、
坂村真民(さかむら しんみん)先生の詩は、
年令、職業を間わず幅広く愛唱され、その生き方とあわせて、
「人生の師」と仰ぐ人が多いそうです。

先生が八歳の時、小学校の校長をしていた父親が急逝し、
一家の生活はどん底に落ちます。

父親の死に目に会えなかった長男の先生に、
母親は父の喉仏を与え、
「今日から毎朝水をあげるように」と命じました。

それから先生の早起きが始まります。

誰も起きないうちに共同井戸の水を汲みに行き、
父の喉仏にあげるのが日課となりました。
その日課は生涯続いたそうです。

母親は五人の幼子を育てるために懸命に働きました。

その母親の働く姿、
そして母親が常に口ずさんでいた、「念ずれば花ひらく」という言葉が、
先生の心に焼き付いて、あの有名な詩が生まれたのです。


念ずれば花ひらく 

苦しいとき

母がいつも口にしていた

このことばを

わたしもいつのころからか

となえるようになった
  
そうしてそのたび
  
わたしの花がふしぎと
  
ひとつひとつ ひらいていった


「祈ることしか出来ない」
という溜め息混じりの言葉をよく耳にします。

これは、
「自分には何も出来ないから、
せめて祈りはするが、祈ったところでどうにもならない」

と、「祈り」を過小評価しているのではないかと思うのです。

「祈り」には力があります。

このことは、本気で祈り、願い、念じた者のみが分かることであります。

つまり、「祈ることしか出来ない」のではなくて、
どんな絶望的な状況にあっても、「祈ることだけは出来る」のです。

お道の教えに、
『願う心は神に届くものである。』とあります。

そして、その願い、祈りというものが
生涯を貫いて生きることの在り方を決めていくのです。

「念ずれば花ひらく」という言葉を、
私たちもいつも心に留めておきたいものです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター