FC2ブログ

七転八倒は「おかげさま」

中国・唐の時代、
大寧院可弘(だいねいいんかこう)禅師に、
弟子の一人が問いました。

「この道さえ歩いてゆけば、絶対にまちがいのない、
真実の道とは、一体どのようなものでしょうか」

禅師はたった一言答えました。

「七転八倒(しちてんばっとう)」
(七回転んで八回倒れる)と。


普通なら、何度転んでも起き上がる
「七転び八起き」という言葉を期待するところですが、
禅師はそうではなく、転びっぱなし、倒れっぱなしの「七転八倒」。

つまり、失敗の連続こそが真実の道だ、
と弟子に教えたのです。

確かに人間というのは、
どこまでいっても未完成、不完全であり、
生きていれば必ず、転んだり倒れたりを繰り返すものであります。

しかし、それでもなお、禅師が「七転八倒」を勧めたのは、
その転んで倒れることの中にこそ、
私たちが人間的に成長できる面がたくさんあるからではないでしょうか。

例えば、病人へのお見舞いでも、自分も同じ病を患ったことがあれば、
心のこもった慰めの言葉が出てくるものです。

そして、そのように
人を慰めることで自分が慰められるという働きにも、
気付くことが出来るでしょう。

それは「病」という一つの石に
転んで倒れた経験のおかげなのです。


お道の教えに、このようにあります。

『これほど信心するのに、
なぜこういうことが出てくるのだろうかと思えば、
もう信心はとまっている。

これはどこまでも私の勤めるべき役であると思って、
信心をしていけば、そこからおかげがいただける。』


肉眼で見れば「災難」であることも、
信心の眼で見れば、
それは神様から与えられたプレゼントなのです。

そのことに七転八倒する中に、
どれだけの願いが込められており、
飛躍の種が隠されていることか。

このことに眼を向けることが信心であります。

一見マイナスに見えることの中に、実は大きなプラスがある。

そして自分にプラスになったとき、
自然と「おかげさま」が口に出ます。

転ぶことも「おかげさま」。
倒れることも「おかげさま」なのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター