FC2ブログ

神様の仕事

ノートルダム清心学園の理事長である渡辺和子さんは、
幼少の頃に二・二六事件で最愛の父親を目の前で亡くされます。

その後は家計を支えるために、
米国の方々のもとでキャリアウーマンとして、
ただひたすらに合理性と効率を追求し働かれました。 

しかし三十歳のとき、
家族の反対を押し切って入った修道院では、
配膳や洗濯、草むしりなど、いわゆる単純作業の毎日。

渡辺さんも当初はそのギャップに
大変戸惑っておられたそうです。

そんなある日のこと、
渡辺さんがいつものように配膳の仕事をしていると、
先輩のシスターから声を掛けられました。

「あなたは何を考えながら、お皿を並べていますか?」。

渡辺さんは、まさか「つまらない、と考えながら…」とは言えず、
咄嗟に「別に何も考えておりません」と答えました。

するとそのシスターは、にっこりと笑って、
「一枚一枚のお皿を並べて置く時、
ここに座る人が『お幸せでありますように』と、
祈りながら置いてみてはどうですか?
そうすれば、お皿を置くという、
ただそれだけの仕事も、神様の仕事となるのですよ」

渡辺さんはこの言葉のおかげで、
この世に「雑用」という仕事など無いということがよく分かった、
とおっしゃっています。


同じ仕事でも、「雑用」になるか、「神様の仕事」になるか。
それは私たちの心の持ち方次第です。

お道の教えに、
『仕事をするというから神は見ている。
 仕事をさせていただくという心になれば、
 神はつきまとってさせてやる。』
とあります。

自分が「する」、「してやってる」と思って行う仕事には、
必ず不満と不足が伴います。

それは、自分のものさしで仕事の大小、上下を決め、
自らの心から
「つまらない仕事」
「取るに足らない仕事」
「雑用」を生み出してしまうためです。

一方、「させていただく」と思って行う仕事には、
感謝と満足が伴います。

それは、仕事の大小に関係なく、
仕事を通じて誰かの幸せを願い、
誰かの役に立とうとする願いが心の中心があるためです。

この心で行えば、仕事は何でも神様の仕事になります。

そして、神様の仕事をさせていただている時、人は最も輝くのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター