FC2ブログ

災難に遭うときは…

江戸時代後期の僧侶であり、
歌人でもある良寛(りょうかん)のもとに、
ある金持ちの老人が訪ねてきたときのお話です。

「良寛さん、私は本年七十歳。
先も長くないようですが、
せめてもう十年は長生きしたいのです。
何かよい方法はありませんか」

それに対し良寛は、

「もちろんあるとも。
しかし十年経つと八十じゃが、
それ以上でなくてよいのか?」

すると老人は、

 「そう言われると心許ない気がします。
  もうあと十年延ばしてもらえませんか。」と。

良寛はまた問います。

 「更に十年と言うと九十歳じゃ。
  本当にそれ以上はなくてよいのか。」

そこで老人は、

 「それでは困ります。今までは遠慮しておりました。
  せめて百歳、否、二百歳まで生きられたらいいので、
  その方法を教えて下さい。」
 
良寛はさらに、

 「千年というのがあるが、どうじゃ?」

老人は大変喜んで、

 「それは大変結構。長ければ長い方がよろしいです。」
と手を叩きました。

そこで良寛は座り直し、話し始めました。

 「それでは教えてしんぜよう。よく聞きなさい。
  あなたが千年生きたいと願うならば、臨終を迎えた時、
  私の生命は千年生きた、あぁよかったなぁと味わえばよい。
  これが方法じゃ。わかったな」と。

良寛はその他にも、

 「災難に遭うときは災難に遭うがよく候」

とも言っています。

つまりは、寿命であれ災難であれ、
どうにもならないことは苦にするな、ありのまま受け入れよ、
と教えているのです。

金光教の教えに、『難はみかげ』とあります。

災難がみかげ(幸せ)だなんて、
ずいぶん無茶に聞こえるかも知れませんが、
災難に遭ったときには、「難はみかげ」と心に決めて、
災難に徹することが一番の対処法なのです。

災難に徹することで、
はからずとも幸福なときには得られなかった
人生の別次元の喜びや価値に、将来必ず出逢うことになります。

災難が、人間を大きく成長させるための尊い縁となるのです。

それは私たちにとって、順風満帆のときには
決して得ることもなかった飛躍の種であり、
幸せの礎ともなるのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター