FC2ブログ

気配りよりも大切なこと

平成二十二年に百一歳で亡くなられた臨済宗の禅僧、
松原泰道(まつばら たいどう)師は、
百歳を過ぎてからも執筆や講演を精力的にこなし、
亡くなる三日前まで「生涯現役 臨終定年」を実践された現代の名僧として知られています。

その松原禅師がご在世中の話ですが、
ある老婦人が禅師に対し、このように言いました。

「私は電車に乗って外出する際、なるべくラッシュ時を避けるようにしています。
若い方が席を譲って下さるのはありがたいのですが、
ご迷惑をおかけすることになるので…」と。

なんとも心優しい老婦人の言葉でありますが、
それに対し禅師は、

「そんな気配りはやめた方がいいですね」

と冷ややかにつっぱねます。
続けて、

「そのような時、あなたは心の奥底から
『ありがとうございます』と感謝の思いをこめて
お礼をそのお方に言って腰をおかけなさい。
好意を素直に頂くことが、礼儀ではないでしょうか」

このように諭されたそうであります。

私たちは幼い頃から、学校や社会で
「他人には迷惑をかけるな」と教えられて育ってきました。

しかしそれが不可能な事実であるということは、
よくよく考えてみれば分かります。

不完全で欠点があるのが人間であり、
そうした人間どうしが集まって、互いに支え合い、迷惑をかけ合い、
生活しているのが私たちの社会であります。

それならば、「私は他人には迷惑をかけません」と肩肘を張るよりも、
「誰かに迷惑をかけずには生きられない私である」と、
謙虚さと感謝の気持ちを持つべきではないでしょうか。

「人間は決して一人では生きられない、
人間は他に迷惑をかけなければ生きられない、弱い存在である」
ということを、大人は子に伝えるべきなのです。

個人の力には限界があることを知らなければ、
行き詰まりを感じて死を選ぶしかありません。

気配りよりも大切なこと。
それは、この天地の中で他に支えされ、他に迷惑もかけ、
生かされ生きる一人であるという事実に、感謝の思いを向けることなのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター