FC2ブログ

世界はわが心に

オリンピックに、世界中が沸いていますね。

開催地であるイギリス・ロンドンは世界屈指の観光地としても知られていますが、
その中でも世界遺産に登録されているウェストミンスター寺院には
年間百万人以上の人が訪れるそうです。

この寺院の地下室には、
次のような碑文が刻まれた英国教会主教の墓があります。


「何の束縛もない若かりし頃、想像は果てしなく広がり、
 私は世界を変えることを夢見ていた。

 ところが、年を重ねて賢くなり、世界は変わらないことに気づいた。

 そこで、目指すものをもう少し近いものにして、
 自分の国から始めることにした。だが国も変わらなかった。

 老年期に入り、私の願いは悲痛な思いに変わった。
 自分の国もだめなら、少なくとも、最も近くにいる家族を変えることにした。

 だが、悲しいことに、これすらままならなかった。

 今、私は死の床につている。
 なんと、今になって初めてわかったのだ。
 変えなければいけないのは、自分自身だったのだと。

 自分が変われば、家族も変わっただろう。
 そして家族に励まされ支えられながら、
 国をよくすることもできたろうし、
 やがては世界を変えることすらできたかもしれないのだ。」


人を変えるには、まず自分が正しくある必要があります。
例えば音楽を演奏するときなどでも、
一緒に演奏している相手に、本気で自分に合わせてもらおうと思うなら、
方法は唯一つ。

まずこちらが正しい調子になって、
向こうの調子が正しくなるのを待つしかないのです。

合うのはどこで合うのかと言うと、正しい所で合うほかにないのです。
 
金光教の教えにこのようにあります。

『信心は心を狭く持ってはならぬ。
 心は広くもっておれ。世界は広く考えておれ。
 世界はわが心にある。』

自分の心を広く、真っ直ぐなところに置いて待って居さえすれば、
必ず皆もそこに基づいて変わって来る。

そこで初めて、夫婦でも親子でも互いの心が合って
関係が変わって来るのです。

教えの通り、世界はわが心にあるということを忘れてはなりません。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター