FC2ブログ

合掌すること

中村久子(なかむら ひさこ)さんは、
明治三十年に生まれ、難病による両手両足の切断という重い障害を抱えながらも、
七十二年の人生をたくましく生き抜いた人物として知られています。

生活苦のため自ら見世物小屋に入り、
「だるま娘」として二十三年間も好奇の眼にさらされながらも、
彼女は独学で読み書きを覚え、本を読んで教養を身に付け、
結婚に出産、そして育児までをも立派にこなしました。
両手がなくとも、料理も作り、裁縫までして生計を立てたのです。

「奇跡の人」として知られるかのヘレン・ケラーが来日して
彼女に初めて面会した際、「私より不幸な人、そして偉大な人」と
涙を流しながら言ったというエピソードはあまりに有名です。

晩年は全国を講演して回り、
障害者をはじめ病に苦しむ多くの人々に勇気を与え、励まし、
「いのち、ありがとう」を口癖に、常に感謝の心を忘れませんでした。

しかし、そんな彼女にもただ一つだけ両手が無くて残念なことがあったそうです。

それは、合掌ができないということでした。

さて、合掌と言えば両手を合わせて頭を下げる。
形の上ではただそれだけのことでありますが、
単に社交で頭を下げる低頭や、手を握り合う握手とは違い、
相手の地位や身分を尊敬するのではありません。 

そこに神を拝む心があってはじめて合掌となるのです。

金光教の教えにこのようにあります。

『神は宮社(みややしろ)に鎮まり納まっておられるのではない。
真一心の心に神がおられて、おかげになるのである。』

誰かに合掌するということも、
相手の心におられる神を拝むことに他なりません。

「どうぞ、あなたの中の神がお働き下さり、
幸せな人生を歩んで行けますように」
と念じて両手を合わせる。それが合掌するということなのです。

中村久子さんはきっと、実際には合掌は出来なくとも、
周囲の人々に対し心の中でいつも合掌を捧げておられたに違いありません。

彼女に助けられた人々の存在こそが、
そこに神がお働きになられた何よりもの証なのですから。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター