FC2ブログ

心の置き所

澤庵(たくあん)和尚は、江戸初期の臨済宗の僧であり、
また将軍家光の剣道指南役であった
柳生宗矩(やぎゅうむねのり)と親友の仲でありました。 

ある日、宗矩が沢庵に
剣道の極意についてこのように尋ねました。

「真剣勝負をするときは、心をどこに置いたらいいか」と。

宗矩は心の中で、
「臍下丹田(せいかたんでん)、臍(へそ)の下に心を置け」
とおそらく沢庵は言うに違いないと思っていたところ、

沢庵は「心はどこにも置くな」
という思いもよらぬ答えを返してきました。

「臍の下に心を置いたら、頭が空っぽだから、ポカンとやられるぞ」
というのです。

さらに、
「心をどこかに置くと、そこに執着してしまうから、
どこにも置かずして事に当たれ」と言います。

つまり沢庵の教えた、最も良い心の在り方とは、
「置き所を持たぬ心」であるというわけなのです。

何か雲を掴むことのような話ではありますが、
このことは現代の人間関係においても大変役に立つ教えなのであります。

大抵人間というのは、自分のこれまでの経験や知識で、
他人の良し悪しを決めつけてしまいがちです。

しかし、良いとか悪いということにこだわると、
そこに誰かが傷つくことになります。
また他の人を悪く思うことは、
自分自身としても心が乱れ、傷つくことであり、
相手との間柄も悪くなっていくばかりで、
自他ともに損をすることばかりなのです。

悪いものを悪く思うだけでは善後策は立ちません。
悪く思わない心があってはじめて、
「その人のためにどうしてあげたらよいか」という善後策が立ちます。

金光教の教えに、このようにあります。
『どうにもならないと思う時にでも、わめき回るようなことをするな。
じっと眠たくなるような心持ちになれ』

大切なことは、ただありのままを見て、
そこで善後策を立てていくことです。

ありのままの姿を見るためには
じっと眠たくなるような心持ちとなり、
心の置き所から離れる必要があるのです。

そうしてありのままの姿を見ることで、
人間をよく知れば知るほど、
そう単純に良し悪しなど言えないということが
心の底から分かるようになるのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター