FC2ブログ

さらさらと

甲斐和里子(かい わりこ)さんは、
京都女子大学創立に貢献した教育者であり、
また宗教者であるとともに、すぐれた歌人でもありました。

彼女の歌にこのようなものがあります。

『岩もあり 木の根もあれど さらさらと
たださらさらと 水のながるる』

山を流れる川の水のように、
途中の岩や木の根にぶつかりながらも、
さらさらと流れていく。

そのような何事にもとらわれない在り方こそ、
私たちの求めてやまぬ生き方なのではないでしょうか。

ところが、そうした流れを邪魔するものがある時に、
そこから問題が起きてきます。

川の流れで言いますと、
一カ所にせかれて停滞しているのが迷いや心配している様子、
そこから流れが激しくなっているのが腹を立てている様子です。

なぜ心の流れが停滞したり激しくなったりするかと言いますと、
それは執着というものが川底にこびりついているためです。

その執着の中でも最たるものは、
善悪を決め付けるということであります。

特に誰かのことを悪く思うことは、
その相手との関係を悪くするだけでなく、
自分自身の心が乱れ、傷付くことでもあります。

しかし人の悪いところは見ないようにと努力したところで、
悪いものはやはり悪く見えてしまい、
責めもすれば、関係を断とうともする。

これではやがてすべての人間関係に行き詰まってしまいます。

そこで忘れてはならないのは、
相手の善なり悪なりが見えるということは、
自分のなかに相手と同じ善なり悪なりが在るということです。


金光教の教えに、
『人間は、合わせ鏡の間に置いてもらっているようなものである。
悪いことも善いことも、みな鏡に現れる。
…信心して、真の心にならなければならない』
とあります。

相手だけが悪いと思っていたことが、
自分も相手も根本的には同じであることが分かるところから、
相手の悪いところも許せるようになり、
また善いところもよく見えてくるようになります。

物事の善悪に心がとらわれなくなれば、
山を流れる川の水のように、
さらさらとした生き方が出来るようになるのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター