FC2ブログ

時節に任せよ

広田弘毅(ひろた こうき)は、
内閣総理大臣を務めた近代のすぐれた政治家として、
また第二次大戦後にA級戦犯として
文官でただ一人絞首刑に処さられたことでも有名です。

彼は若い時から優秀な外交官として認められ、
昇進も早かったのですが、
四十八歳のとき、当時の外務大臣によって、
外務省欧米局長の要職からオランダ公使の閑職に左遷されます。

左遷の知らせを聞いた友人たちは驚き、
彼を慰めたり、励ましたりしましたが、
当の本人である彼自身はきわめて平然としており、
逆に友人たちの激情をなだめ、気さくに俳句を吟じます。

「風車(かざぐるま) 風が吹くまで 昼寝かな」 

風車は風が吹かないと回らないものですが、
彼は自分の境遇をそんな風車になぞらえて、
機会という風が吹くまで、昼寝でもするかのごとく
ゆっくり待とうじゃないかと言ったのです。

彼の凄さは、政治的手腕もさることながら、
このような逆境に対する心の持ち方にあったと言えるでしょう。

そうして、オランダ公使4年の間に力を蓄え、
やがて外務大臣、内閣総理大臣へと出世していくこととなるのです。

金光教の教えに、
『打ち向かう者には負けて、時節に任せよ』
とあります。

何かできる時には、そのことを精一杯させて頂けばよいですが、
どうにも出来ない時には何もしないで機が熟するのを待つ、
風が吹くまで待つことが、一つの大切な仕事となるのです。

そこで時節に任せるとは、
ただ時間が経つのを待てばよいというわけではありません。

人と争ってでも自分を保とうとする、
自分勝手な考えや仕方をやめてしまって、
昼寝でもするかのごとく、成り行きに任せることが大事なのです。

すべての物事には、やがては調和へと向かう働きが自然に備わっています。

時節に任せるとは、その調和に向かう働きを自ら乱さないことであって、
自分の体力や思考力を充実させるために恵まれた時間として、
有り難く休ませて頂けばよいのです。

またそのような心の余裕が、
逆境を強みに変える手助けとなるのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

感謝

眠れずに居る状態の今、拝読して、気持が楽になりました。ありがとうございます。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター