FC2ブログ

足の裏を拝む

東井義雄(とうい よしお)先生は、
檀家が9軒しかない日本で一番貧しい
と言われるほど極貧の寺に生まれ、
大変な苦労を重ねられて教育者となり、
数々の功績を残された方であります。

その東井先生が、
ある方に足を揉んでもらった際、

「あなたは奥様の足の裏を揉まれたことがありますか。
一度揉んで差し上げて下さい。
その時は必ず、揉ませて頂きますという気持ちで、
手を合わせてから揉むとよろしいですよ。」
と教えられます。

東井先生は素直な方で、
帰ってすぐ奥様に「足を出してくれ」と言いました。

何のことかと思いながら
腹ばいになって出した奥様の足の裏を見て、大変驚きました。

結婚三十八年目にして初めて見る我が妻の足の裏とは、
なんとまぁいかつい、ひび割れだらけの
ゴツゴツした足の裏なのかと思われたそうです。

そして気付かされたのです。

もともと妻は町の寺の娘として生まれ、
結婚した頃はきっと可愛らしい足の裏をしていたに違いない。

それが結婚して今日まで、
山の中の貧しい寺で、
炊事、洗濯、掃除と毎日毎日働き続けた為に
このような足の裏になったのだと。

自分はこれまで手を合わせたことがないばかりか、
考えもしなかったが、この足の裏に
三十八年間ずっと支えられて来たのだと…。

そうして気が付くと、
東井先生はいつの間にか、
本気になって、妻の足の裏を拝まれていたそうです。


金光教の教えに
『女房は朝、神様を拝して、
それから夫の後ろから、
主人様と、拝む心になれよ』
とあります。

拝むのは奥様だけではありません。

本来、夫婦の関係とは
お互いに拝み合うほど真剣に感謝し合って、
良い仲をつくらねばならない関係なのです。

すべての人間関係の元は夫婦の関係にあるのです。

夫婦の関係が元になって、
親子の関係も、兄妹の関係も、
その他すべての人間関係が生まれたのです。

それだけの関係にご縁を頂いたのですから、
そこに命を懸けて全身全霊を尽していくことが、
その他の人間関係の仲をも
良いものとしていく道となるのです。

そのような夫婦の関係をつくっていくために、
相手を拝むことを忘れてはならないのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

心の支えです

今週は夫婦のお話から懐かしく夫を想いました。17年前に42歳で他界し、残した会社を主婦から突然代表取締役となり、人生が180度変わりました。お蔭を戴きながら何とか続けて来れました。お話を聞くと心が落ち着いてきます。毎週楽しみにしております。感謝。

Re: 心の支えです

メッセージありがとうございます。
今後も、少しでもお役に立たせて頂けましたら幸いでございます。感謝。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター