FC2ブログ

頼りにしない生き方

よく「信心する人は、弱い人間だ」
という言葉を耳にします。

確かに世の中には信心と称して、
とてつもなく高価な壺や掛け軸などを買い、
その見返りに自らの幸福を得ようとする人がいらっしゃる。

人や物、お金など何かに頼らない限り
自分自身が助からない、幸福にはなれないものだと
思い込んでおられるわけですから、
なるほど人から「弱い」と言われても仕方ないでしょう。

しかし、そういうものを信心とは呼びません。

信心というのは、
何か自分の都合をよくしてもらうことではありません。

それは頼る心であります。 

私たちの頼りになるものを作ったり、
頼る心を増長させることを信心とは呼びません。

頼る心を増長させるのでは、
本当に人を助けることにはなりません。

人や物、お金や名誉などに頼らなくとも
自分自身がふらつかない。
そういうものが自分に一切無くても、
有難い心が定まっている。

そのような本当にしっかりとした人間に
なっていく道を行くことが、信心をするということです。


では、信心しないとどうかと言えば、
やはり人や物、お金や名誉などに頼ってしまいがちなのです。

人を責めたり、人に腹を立てたりするのは、
人を頼りにしているからです。

物やお金、名誉が無いと寂しくて、
愚痴や不足を言うのは、それらを頼りにしているからです。

自分自身が頼りないものだから、
人に親切にしてもらわなければ
自分自身が立ち行かない。

物やお金、名誉が
よりたくさん自分の手元に無ければ
自分自身が立ち行かないと思い込んでいるのです。

これは、私がまさしく
そうでありましたからよく分かります。 


信心とは、人や物などに頼らなくても、
誰しもに自分自身が幸福に生きるために
必要なもの全てを生み出す尊い力が与えられていること、
神と自分とは共にあるということを、知ることなのです。

金光教の教えに
『わが心でわが身を救い助けよ』
とあります。

何かに頼ろうとする心を捨て、
有り難きものは全てわが内、わが心から
生まれるものであることを知り、
そこを目指して歩いていく生き方が、
本当の幸福を約束してくれるのだと信じます。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ありがとうございます

先程、テレホン教話を聞かせていただきました。先生の声を聞くと不思議に安心感が湧いてきます。そのうえで「聞こえまっか」を開くと、内容が確認出来て又、前々からのお話も載っており、読ませて戴いています。毎週楽しみにしています。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター