FC2ブログ

神人になる道

臨済宗中興の祖と称され、
五百年に一人の名僧といわれた白隠(はくいん)禅師が、
天狗の鼻を一番高々としていた頃の話です。

「天下どこを見渡しても、皆つまらん奴ばかりだ。
おれに太刀打ちできるような偉い奴はいないのか」
と豪語する白隠禅師に対し、

ある友人が
「それなら信州の飯山にいる
正受(しゅうじゅ)老人に会いに行け」
と言いました。

白隠禅師は
「なんだ、そんな田舎者ごときが」
と思ったようですが、とにかく行ってみることにしました。

正受老人に会うとすぐ、
白隠禅師は得意の議論を始めようと
あれやこれやと話し出しましたが、
正受老人からは思わぬ返答が返ってきました。

「お前の話はみな本を読んで知ったものばかりだ。
そんなものは何の値打ちもない。
お前が本当に自ら会得したものは何だ。
お前の本当の物を出せ」と。

これには秀才・白隠禅師も
何も言い返せずにいたところ、

「この馬鹿野郎!」
と一喝されたのでした。

これをきっかけに、
白隠禅師はこれまで自分がやってきた修行姿勢を反省し、
自慢の蔵書を全て焼き払い、
正受老人の弟子となって、
炊事係を務め自分の体で考え出すことを始められたそうです。


良い本を読むことは確かに大切なことですが、
ただ読んだだけでは他人から借りてきた知識に過ぎず、
生きていく道では役に立たないものです。

やはり道というからには、
自分で実際に歩いていくほかありません。
つまり実践が必要なのです。

信心も同じことです。

金光教の教えに
『しんじんとは信の心ではなく、神人(かみひと)と書く』
とあります。

これは道というものが、
知識として神が分かったとか、
神をただ信じさえすれば良いというようなものではなく、

人を救い助ける神の働きを
自分の心、体で現して行こうとするところに道がある
ということを教えられています。

本を読んだ時だけ、良い話を聞いた時だけ、
何事にも感謝できる心になれる、
人に親切になれるというのは、
それが他人から借りてきた知識に過ぎないためです。

自分自身がそのようになってしまうということ、
神人になることが信心の目的なのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター