FC2ブログ

貴方を見つめる眼差し

オーストリアの精神科医、
ヴィクトール・フランクルの著書『夜と霧』は、
ナチスのアウシュビッツ強制収容所での
実体験をもとに書かれた不朽の名作として知られています。

強制収容所での地獄のような環境下では、
処刑以外でも多くの人々が精神的な崩壊が原因となって、
自殺や病気で死んでいったそうです。

そうした中、精神科医である著者に対して、
「どうすれば精神的な崩壊が起こることを防げるか、話をしてもらいたい」
と収容所の仲間たちから求められ、
著者は次のように言って、仲間たちを勇気付けました。

『わたしたち一人ひとりは、この困難なとき、
そして多くにとっては最期の時が近づいている今このとき、
誰かの促すような眼差しに見つめられている。
…誰かとは、友かも知れないし、妻かも知れない。
生者かも知れないし、死者かも知れない。あるいは神かも知れない。
そして、わたしたちを見つめている者は、
失望させないでほしいと、惨めに苦しまないでほしいと、
そうではなく誇りをもって苦しみ、死ぬことに目覚めてほしいと
願っているのだ…』と。

さて、強制収容所とまではいかなくとも、
仕事や家庭で、私たちが辛い時や悲しい時、困った時などには、
自分の中に「心から尊敬する存在」が在るかどうか、
また「心から愛する存在」が在るかどうかが、
とても重要になってきます。

私たちの良心や自覚をしっかりと働かせれば、
自分自身にこのように問いかけることができます。

「尊敬するあの人なら、
このようなことについて悩むだろうか?
このようなことで怒ったり、悲しんだりするだろうか?
こういう時には、どのような振る舞いをされるだろうか?」

「私がやろうとしていることは、
愛する人を悲しませたり、失望させたりすることはないだろうか?
 愛する人は私にどのような振る舞いをして欲しいと願っているだろうか?」と。

たとえ目には見えなくとも、
私たちを助け、手を引いてくれる存在というのは、
実はたくさん在るのではないでしょうか。

ただ、その存在を有意義にするためには、
まず初めに「貴方を見つめる眼差し」に気付く必要があると思うのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

 
応援クリックさせていただきました。
 
とても勉強になるブログですね。
また寄らせていただきます~。
 

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター