FC2ブログ

あきらめる心

臨済宗中興の祖と称され、
五百年に一人の名僧といわれた白隠(はくいん)禅師に、
このような逸話があります。

禅師の檀家の、ある財産家の娘が妊娠しました。

娘の父親が一体誰の子かと問いましたが、
娘は黙り込んでいます。

怒った父親がなおも激しく問い詰めたところ、
娘は恐れのあまり、咄嗟に「白隠禅師です」と嘘をついてしまうのです。

父親は禅師の所へ怒鳴り込み、さんざん罵りました。

禅師はというと、これに対し何の言い訳もせず、
生まれた赤子を引き取り、育て始めたのでした。

しかしこの出来事により、
禅師の名声は地に堕ち、近所の大人たちから罵倒され、
子供たちからは石を投げつけられ、
大勢の弟子たちが去って行きました、

それでも禅師はこの赤子を可愛がり育てました。

懐に赤子を抱き、もらい乳をしながら托鉢に回る禅師の姿を見て、
娘も堪え切れなくなり、涙を流しながら、
父親に嘘をついていたことを告白しました。

父親は仰天して、禅師に手をつき何度も謝りました。

すると禅師は「そうか」と言って、娘に赤子を返しました。

その噂はたちまち世間に広がり、寺は以前にも増して栄えたそうです。

とても真似できない行為ですよね。

普通なら「私の子供ではない」と身の潔白を訴えるところです。

しかし禅師はそうはしない。

もし自分が真実を言えば、子の命は奪われてしまうかも知れない。

そこで禅師は、「お前が父親だ」と言われた際、
「このような事になるのも、全て私の業の結果であり、運命である」
と考え、諦めたというのです。

諦めたというと、弱気で消極的に聞こえるかも知れませんが、
「諦める」という漢字は、
「帝(みかど)」と「言(ことば)」から成り立っています。

帝が言を発する程に覚悟が必要な意味だと解すると、
「諦める」とは、実は並大抵の覚悟では使えない言葉なのです。

また、諦めるという漢字は「サトル」とも読みます。

自分に与えられなかったものを懸命になって追い求めるよりも、
与えられたものを運命として諦め、
その中でいかにより良い人生にしていくかとう心を、
私たちはより真剣に学ぶべきなのではないかと思うのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター