FC2ブログ

全ての役割に感謝する

組織論に、「働きアリの法則」というのがあります。

アリの集団の働きぶりを細かく観察すると、
よく働くアリが二割、
普通に働くアリが六割、
働かないアリが二割
という分布になるのだそうです。

それでは、よく働くアリだけを一カ所に集めたらどうなるかと言うと、
なぜかまた働かないアリがでてきて、
自然と元の通り、
よく働くアリ二割、
普通に働くアリ六割、
働かないアリ二割
になるのです。

それでは、働かないアリだけ集めるとどうなるか?

これも結果は同じで、やはり
よく働くアリ二割、
普通に働くアリ六割、
働かないアリ二割
の分担で仕事をするようになるのです。

不思議ですね。

この現象が人の組織においても見られることから、
「働きアリの法則」と呼ばれています。

では質問です。

働かないアリは、何の役にも立たないのでしょうか?

このことについて、働かないアリに関する興味深い研究結果があります。

それは、アリは巣と餌との間に
定期ルートを作って行動する習性があるですが、
その際、必ずルートを外れる働かないアリがいるようで、

実はそのアリによって新しい餌を発見する確率が高まり、
集団としての生存確率が高まるのだそうです。

人間で言えば、
普段は目立った活躍はしないけれど、ピンチになるとやたら活躍するタイプや、
皆のストレスを和らげてくれる癒し系タイプの人、といったところでしょうか。

金光教の教えに
「五本の指が、もし、みな同じ長さでそろっていては、
 物をつかむことができない。
 長いのや短いのがあるので、物がつかめる。
 それぞれ違いがあるから、お役に立てるのである」
とあります。

それぞれ違いがあるからこそ、
役割分担ができて、集団として成り立つわけです。

「よく働きアリ」の役割を担う人々は
「自分だけこんなに働いて…」と、周囲を批判しがちなものです。

しかし、もし今あなたが職場で
「よく働きアリ」として仕事が出来ているとしたら、
それは本来、感謝すべきことなのです。

「よく働きアリ」以外の役割を果たしてくれている
八割の人々のお陰で、スポットライトを浴びて、
人一倍の経験を積むことが出来ているのですから。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター