FC2ブログ

秘すれば花

能楽を大成した世阿弥(ぜあみ)の
『風姿花伝(ふうしかでん)』に、
能の極意は「秘する」ところにあると書かれています。

「秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず」

風姿花伝には「花」という言葉が度々出てきますが、
これは植物の花のことではなく、
能の命である、人に感動を与える面白みのことを言っています。

その面白みというものは、秘する、
つまり人に隠しておいて、
ここぞという時に見せるからこそ驚きがあり面白いのであって、
予め隠しておかなければ何の面白みもない、と言い切っているのです。 

「秘すれば花」とは、
謙虚な生き方が大切だというような人生訓のように聞こえますが、

実はそうではなくて、自らを最大限面白く、
感動的に見せるための方法であり、心構えなのです。

では、実生活において、私たちの「花」、
つまり私たちの魅力というものを最大限引き出すために
「秘する」こととは一体何なのでしょうか?

その最たるものが、
実績、経歴、人脈などの
人物を背後から支える「背景」というものです。

一般的には、「背景」も一種の強みなのだから、
どんどん人に言うべきだと思われるかも知れませんが、
これこそ「秘すれば花」なのです。

隠された経歴、人脈が
ここぞという時にチラリと出るところに、「花」がある。

奥床しさがあり、人は魅了されるのです。

背景が前景にあっては、美しく見えないものなのです。

しかし大半の人が「自分を大きく見せたい」という欲求に負けて、
秘するどころか、そもそも無い背景まで見せようにしてしまうため、
実体がついていかず、自他共に幻滅の悲哀を味わうことになるのです。

人から認められたい、
賞賛されたい、
自己満足を得たい、
そういう強い欲求が仇になるのです。

これらの欲求にはキリがありません。
だからといって、強い欲求ゆえに捨て切ることも出来ません。

ですから、その強い欲求の矢印の向きを、
外側から内側に変えて「秘する」ことが重要なのです。

日々、「自分を大きく見せていないか?」と自問自答しながら、
努力を怠らず秘密を蓄えておく智慧こそが、
自らを花のある存在にしてくれるのです。
能楽を大成した世阿弥(ぜあみ)の『風姿花伝(ふうしかでん)』に、
能の極意は「秘する」ところにあると書かれています。

「秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず」

風姿花伝には「花」という言葉が度々出てきますが、
これは植物の花のことではなく、能の命である、
人に感動を与える面白みのことを言っています。

その面白みというものは、
秘する、つまり人に隠しておいて、
ここぞという時に見せるからこそ驚きがあり面白いのであって、
予め隠しておかなければ何の面白みもない、
と言い切っているのです。 

「秘すれば花」とは、
謙虚な生き方が大切だというような人生訓のように聞こえますが、
実はそうではなくて、
自らを最大限面白く、感動的に見せるための方法であり、心構えなのです。

では、実生活において、私たちの「花」、
つまり私たちの魅力というものを最大限引き出すために
「秘する」こととは一体何なのでしょうか?

その最たるものが、実績、経歴、人脈などの
人物を背後から支える「背景」というものです。

一般的には、「背景」も一種の強みなのだから、
どんどん人に言うべきだと思われるかも知れませんが、
これこそ「秘すれば花」なのです。

隠された経歴、人脈がここぞという時に
チラリと出るところに、「花」がある。

奥床しさがあり、人は魅了されるのです。

背景が前景にあっては、美しく見えないものなのです。

しかし大半の人が「自分を大きく見せたい」という欲求に負けて、
秘するどころか、そもそも無い背景まで見せようにしてしまうため、
実体がついていかず、自他共に幻滅の悲哀を味わうことになるのです。

人から認められたい、賞賛されたい、自己満足を得たい、
そういう強い欲求が仇になるのです。

これらの欲求にはキリがありません。

だからといって、強い欲求ゆえに捨て切ることも出来ません。

ですから、その強い欲求の矢印の向きを、
外側から内側に変えて「秘する」ことが重要なのです。

日々、「自分を大きく見せていないか?」
と自問自答しながら、
努力を怠らず秘密を蓄えておく智慧こそが、
自らを花のある存在にしてくれるのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ステキ!

秘すれば花! なんて素敵な感覚なんでしょ!なんて美しい女性が これを備えていたら 憧れてしまいます。 昨日、今日に出来ることではありませんね。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター