FC2ブログ

幸せになるための絶対条件

「積善の家に余慶あり」という言葉があります。
善意善行を積んだ家には、
有り余るほどの慶びごとがあるという意味です。

金光教の教祖は、
「神徳を受けなさいよ、人徳を得なさいよ」と勧められました。
また「徳のないうちは心配する。神徳を受ければ心配はなくなる」と、
徳を積むことが安心の人生を送るための大切なことであると教えられました。

徳というのは、善意や愛、感謝の
積み重ねによって身につくものであります。

また、「徳は孤ならず」といいますが、
徳を積むと不幸せや孤独とは無縁の自分になれるといわれるのです。

お金や権力を集めようと努力して、
それがたとえ果たされたとしても、
その人が本当に満たされているとは限りません。

むしろ、孤独で不幸せな金持ちや権力者を探す方が容易でしょう。

金銭は、その人自身や家族が幸福に生きていくために
必要な条件の一つではありますが、絶対的な条件とは言えません。

権力もそうです。まわりの尊敬や同調を得るために必要なものといえば、
これも幸福のための条件の一つではありますが絶対的なものではありません。

お金や権力を求めるあまり、善意とか愛とか感謝といった
徳の貯蔵を忘れてしまうと、やがて貯えは底を尽き、
何ら幸福感を伴うことのない金や権力だけが残されることになります。

そんな結果に終わるのなら、
いったい何のために努力するのか空しさだけが残ります。

つまり、金や権力そのものは人生の目的にはならないということです。

人間にとって、幸せになるための絶対条件は徳であります。

徳を積むように努めていると、いつの間にか自然と、
より裕福でより満ち足りた暮らしが実現されるのです。

善意とか愛とか感謝の思いを持てるということは、
それだけで幸せな人なのです。

だからこうとも言えます。
幸福になったらそういう思いを持とうでは幸福にはなれないのです。

幸せな人というのは、途中から幸せになるのではなく、最初から幸せなのです。
人はどんな境遇にあっても、その考え通りの人生を送っています。

幸不幸の分かれ目は、
心がどちらの方角へ向いているかで決まってくるのです。

徳を求めるのか、それとも…。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター