FC2ブログ

そうですね

私たちは、自分が「こうだ」という考え方を持つと、
違う考え方の意見を受け入れにくくなります。
そして、相手の考え方や意見を、自分に従わせたくなるのです。

でも、相手も自分のように、
自分が「こうだ」という考え方を持っていますから、
同じように、こちらを従わせようとしてきます。

そこで対立が起きるのですね。

でも、相手の意見と相手の人間性とは違うものです。
たとえば、子供には、子供の意見があります。

大人からすれば、それはたしかに幼稚な考え方かもしれないけれど、
でも、だからといって子供の人間性を疑うような親はいません。
子供が何を考えているのか理解しようとするのが親です。

それと同じように、相手が何を考えているのか、
それを理解することは、自分の意見を変えなくても出来るはずなのです。

相手を受け入れること、つまり、相手が何を話したいのか、
どんな気持ちなのか、それを聞いて、
「そうですね。あなたがそう言うのも、あなたにとっては当然のことですね」
と、そういう意味での「そうですね」と言うことは出来るでしょう。

正反対の意見の人に対しても、
その人がそう言うに至った生い立ちや立場に思いをはせてみて、
「たぶん、自分もそう言うかもしれないなあ」という理解を示して、
「そうですね。そうあなたが言うことは、
あなたにとってとても自然なことなのでしょうね」の
「そうですね」を意識して言ってみて下さい。

そうすることによって、
人間関係がしっとり落ち着いたものになることが実感できるようになります。

相手も落ち着いてきて、会話がとてもスムーズになります。
仲の良い関係になれるかもしれません。

自分に自信の持てる人は、どんな相手にも「そうですね」と言える人です。

相手を理解しようとする心のゆとりが、自分の自信になるからです。

相手を変えよう、自分の意見に従わせようとばかりする人は、
自分に自信があるかのように見えますが、
実際はかたくなに自分を守るばかりの人です。

そして、そういう人は、まわりから遠ざけられます。
そして、やがては自信を失うことになります。

ゆとりを持って「そうですね」と言える人になりましょう。
私たちは、自分が「こうだ」という考え方を持つと、
違う考え方の意見を受け入れにくくなります。
そして、相手の考え方や意見を、自分に従わせたくなるのです。

でも、相手も自分のように、
自分が「こうだ」という考え方を持っていますから、
同じように、こちらを従わせようとしてきます。
そこで対立が起きるのですね。

でも、相手の意見と相手の人間性とは違うものです。

たとえば、子供には、子供の意見があります。
大人からすれば、それはたしかに幼稚な考え方かもしれないけれど、
でも、だからといって子供の人間性を疑うような親はいません。
子供が何を考えているのか理解しようとするのが親です。

それと同じように、相手が何を考えているのか、
それを理解することは、自分の意見を変えなくても出来るはずなのです。

相手を受け入れること、つまり、相手が何を話したいのか、
どんな気持ちなのか、それを聞いて、
「そうですね。あなたがそう言うのも、あなたにとっては当然のことですね」
と、そういう意味での「そうですね」と言うことは出来るでしょう。

正反対の意見の人に対しても、
その人がそう言うに至った生い立ちや立場に思いをはせてみて、
「たぶん、自分もそう言うかもしれないなあ」という理解を示して、

「そうですね。そうあなたが言うことは、
あなたにとってとても自然なことなのでしょうね」
の「そうですね」を意識して言ってみて下さい。

そうすることによって、人間関係が
しっとり落ち着いたものになることが実感できるようになります。

相手も落ち着いてきて、会話がとてもスムーズになります。
仲の良い関係になれるかもしれません。

自分に自信の持てる人は、どんな相手にも
「そうですね」と言える人です。
相手を理解しようとする心のゆとりが、自分の自信になるからです。

相手を変えよう、自分の意見に従わせようとばかりする人は、
自分に自信があるかのように見えますが、
実際はかたくなに自分を守るばかりの人です。

そして、そういう人は、まわりから遠ざけられます。
そして、やがては自信を失うことになります。

ゆとりを持って「そうですね」と言える人になりましょう。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター