FC2ブログ

ドンマイ

日本人には、相手の失敗を許し、
なおかつ励ます時によく使う「ドンマイ」という言葉があります。
私はこの言葉が大好きです。

野球などの集団競技で誰かがミスをすると、
みんなが「ドンマイ、ドンマイ」と声をかけている。

それが勝敗を決める致命的なミスであっても、
「まあ、いいよ。気にすんなよ」という意味で、
ドンマイと言って許してやるのです。

この言葉、実はとても有り難い言葉なのです。
なぜなら、相手を許すことによって、
将来的にもし自分がミスをしても許してもらえるからなのです。

「あなたのミスは許すから、もし私がミスをしたときも許してちょうだいね」
ドンマイという言葉を精確に解釈するなら、
おそらくそういうことになるはずです。

他人のミスには甘くしてあげた方がいいに決まっています。
なぜなら、自分のミスも甘くしてもらえるからです。

それを、他人のミスに対して厳しい態度を取ったら、
今度自分がミスを犯したとき、どれほどの報復を受けるかは
火を見るよりも明らかであります。

古今東西の宗教家は、口を揃えて「他人を許してやれ」と説いています。
それは愛の実践を勧めているのですが、
そんなに高尚に考えなくても、相手を許すということには多くの功徳があるのです。

まずは、「気にすんなよ、ドンマイ」と言うと、
相手はあなたのファンになるのです。
時によっては、義兄弟とも、子分ともなってくれるのです。

そうして、相手を許し励ますことによって、
身内意識が高まれば、あなたが困った状態に陥ったとき、
絶対に救いの手を差しのべてくれるのです。

身内意識というのは、一言でいうと「えこひいき」ということです。
えこひいきというと悪いように聞こえますが、
実際自分がそうされると、本当は嬉しいものです。

だから困っている人を見つけたら、
「どうしたの?」「大丈夫?」と声をかけてあげましょう。
ミスをした人がいたら、
「俺もよくすることだよ」とか「責任の一端は俺にもあるよ」
とかばってあげることです。

もちろん「ドンマイ」と励ますのも忘れないようにしましょう。

この心掛けでいれば、
いざあなたが困ったときには、やはり助けてくれるものなのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター