FC2ブログ

人を助ける

「人を助ける」とはどういうことなのでしょうか。

大きな挫折によって苦しんでいる人、
大切な人を失って悲しんでいる人の為に、
私たちに出来ることとは、一体何なのでしょうか。

悲しみが癒えるには、時間が必要だと言われます。

深い喪失感から無気力に陥る冬を越えて、
傷が癒され、新しい希望の花が咲く春が来るまで、
じっと耐える時間が必要なのです。

しかし、実は時間だけでは足りません。
深い悲しみの中で長いあいだ希望を見出せず、
ついに最後を迎える人もいます。

植物は土地に種を蒔けば必ず花が咲く、というものではありません。
花が咲くためには、時間以外にも、新鮮な空気と水、
そして太陽の光などの様々な「縁」が必要なのです。

同様に、人間が悲しみを乗り越えるためには、良い「縁」が必要となります。

「人を助ける」ということは、
私たちが進んで他人の良い「縁」となり、
共に冬を越えるということではないかと思うのです。

良い「縁」となって働かせて頂こうと思うなら、
愛によって行動しなければうまく行きません。

愛がないのに、「問題を解決してやろう」「良い人間になろう」というエゴによって、
逆に相手を傷つける人がいます。

「過去は忘れなさい、
マイナスをプラスに変えなさい」

これらの言葉が力を発揮するのは、愛が働いている時だけです。
きれいずくでは人は助からないのです。

「人を助ける」というのは、マイナスをマイナスとして、
愛を持って一緒に受けとめること。

すると、それが良い「縁」として働き、
マイナスの中にあるプラスが見えてくることなのです。

金光教の教えに、
『不幸せな者を見て、真にかわいそうと思う心から、
 わが身を忘れて人を助ける、そのかわいそうと思う心が神心である。』
とあります。

私たちが誰かのことを「何とかあの人が助かってほしい」と思う時、
その心は神と同根であり、神と同じ働きが生まれるということです。

どうぞ、たくさんの愛によって、
たくさんの良い「縁」が働きますように。(合掌)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター