FC2ブログ

お金がなくてもできること

今回の震災に対し、
様々な団体、企業、著名人が夫々に義援金を募っていますね。

各団体、各企業の精神も素晴らしいですし、
著名人の方々が個人で何千万、
何億という義援金を寄付されるというニュースを耳にすると、
なんとも心温まるものがあります。

聖徳太子の言葉に
『和を以て貴しとなす』というのがあります。

これはただ読むと、
「みんな仲良く、助け合うことが大切ですよ」
という協調の気持ちを教えた言葉のように思えますが、
この言葉には、もっと深い、大きな意味があるのです。

それは、「あなたと私は一つですよ」という心です。

「あなたが悲しい時、私も悲しい」

「あなたの喜びは、私の喜びでもある」

そういう心になれた時というのは、
誰がとか、どの団体、どの宗教だからとかは、まったく重要ではないのです。

また、何もしない人を「無責任だ」と責めたり、
支援をおおっぴらにする人を「自己満足だ」と責めたりといった考えも一切無い。

もっと、大きく自由な考えなのであって、
そういう「和」の精神が貴い、ということを教えているのです。


では、義援金を寄付したくても出来ない人は何も出来ないのかと言うと、
もちろんそんなことはありません。

大切なのは、お金を寄付すること自体ではなく、
喜びを与えることなのです。


お釈迦様は、お金がなくとも
人に喜びを与えられることが七つあると言っています。

それは、
① 優しい眼差しで接すること(眼施 げんせ)
② 和やかな笑顔で接すること(和顔施 わがんせ)
③ 思いやりの言葉で励ますこと(愛語施 あいごせ)
④ 身体を使って奉仕すること(身施 しんせ)
⑤ 真心で共感すること(心施 しんせ)
⑥ 席を譲ってあげること(床坐施 しょうざせ)
⑦ 一晩泊めてあげること(房舎施 ぼうしゃせ)

の七つです。

多くの人を助けてあげたいけれど、自分には何もできない…。
そういう心の葛藤から、自分や他人を責めてしまっては元も子もありません。

「貴方と私は一つですよ」という「和」の心を大切にすれば、
人に喜びを与えることは、何かに限定されるものではなく、実はたくさんあるのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター