FC2ブログ

「すみません」「ありがとう」

ふだん何気なく使っている言葉が、
知らず知らずの間に私たちの「気分」を左右しているとしたら…
これはゆゆしき問題であるとは思いませんか?

心というのは、気分によって支配されているといっても過言ではありません。

『何となくやる気が起きない』『何となくユーウツだ』というように、
気分が晴れないと心が晴れないのです。

そこで今週のタイトルである「すみません」と「ありがとう」という言葉も、
使い方は似ていますが、気分を大きく左右する言葉なのです。

よく、道で落とし物をした時、それを拾ってくださった方に
『すみませんでした』と恐縮して言う人がいます。

友人から贈り物をもらって『ごめんね』とか、
先輩に食事をごちそうしてもらって『すみません』と言う人がいます。

もしあなたが、こういう人たちの部類に属して、
何かにつけて「ありがとう」ではなく
「すみません」という口グセがついているとしたら要注意です。

感覚的には似た言葉かもしれませんが、その性質はまったく違うのです。

「すみません」とは、私が悪かったと自分を一段低いところに下げてしまう謝罪の言葉です。

一方「ありがとう」というのは純粋な感謝の言葉であります。

常に「すみません」を口にしている人と「ありがとう」を口にしている人の心の中では、
どんな気分が作り上げられるでしょうか。

言われる側からしても、
他人から謝罪されるよりも感謝された方が気持ちよくはありませんか。

上司に叱られた時、ただただ「すみません」の繰り返しでは、上司の怒りはおさまりません。

また謝る方も、自分を責めるばかりで、
どんどん辛い気分に落ち込んでいきます。

そこで「すみません」の後に「ありがとうございました」と感謝の言葉を口にしますと、
状況が変わるのです。

上司は『よし、ちゃんと理解してくれたようだ。
指導した甲斐があった、もう大丈夫だろう』と納得できますし、
また、あなたも気持ちを切り替えて『いい勉強になった』
と素直になることが出来ます。

もちろん上司を恨む気持ちなど起きません。

「すみません」という謝罪の言葉を、「ありがとう」
という感謝の言葉に代えるだけで気分も人間関係も大きく転換できるのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター