FC2ブログ

地獄と極楽

あの世には「地獄の館」と「極楽の館」とが並んで建っているそうです。

どちらの館も、見た目も造りも全く同じで、
入口を入ると中には大きな食堂があり、
テーブルの上には山海の珍味が山盛りに並べられています。

ただし、食べ方のルールだけは決められていて、
手に結び付けられた長い箸を使ってのみ、その御馳走を食べることが許されるのです。

「地獄の館」を覗いてみると、テーブルを囲んでいる人々は皆とてもやせ細り、
不機嫌な顔をしています。

それは、長い箸を使ってご馳走をつかみ、
それを自分の口に運ぼうとするのですが、箸が長すぎて自分の口に入らず、
隣の人の顔にぶつけたり、落としたりして、結局、誰も一口も食べられないでいるためです。

そうしてお互いに『馬鹿野郎』と罵り合っているのです。

一方、「天国の館」を覗いてみると、テーブルを囲んでいる人々は皆とても健康的で、笑顔がたえません。

それは、つかんだご馳走を自分の口ではなく、
正面に座っている人の口に運んで『さぁ召し上がれ』と食べさせ合っているためです。
そうしてお互いに『ありがとう』と感謝し合っているのです。

このお話は、心のあり方一つで人生は地獄にもなり、
また極楽にもなるということを教えてくれます。

人生を極楽にするその心とは
『貴方からお先にどうぞ』と、他人に与える心のことなのです。

こういう話をすると、頭では分かるんだが耳が逆らう、
どうにも受け入れがたい、根拠を示して欲しい、とおっしゃる方がおられますね。
お気持ちは大変よく分かります。そういう方にも朗報があります。

最近の脳科学では、この他人に「与える」という行為が、
自分が「与えられる」のと同じような嬉しさを脳内に生み出すことが分かってきたようです。

また、そうした愛や感謝に満ちた時、
人間の脳はモルヒネの500倍もの鎮痛効果を示すホルモンを分泌するらしく、
『与えることによって、人は益々幸せになる』との金言は、どうやら紛れもない事実のようです。

あとは実践するのみです! 

「極楽の館」への行き方は、もう覚えて頂けましたよね? 
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター