FC2ブログ

心の行

金光教の御教えに『表行よりは心行をせよ』というものがあります。

表行とは、肉体を酷使するような行のことをいいます。

例えば、寒中に滝に打たれたり、断食をしたりするようなことをいいます。

そういう行を否定するのではありませんが、そういう行よりも、
心の行を優先させなさいという御教えであります。

例えば寒の間、滝に打たれて、
『私はこんな過酷な行をやり抜いたのですよ。大したものでしょう』と言ったのでは、
『なにそれ、自慢なの』と、いっぺんに値打ちが下がってしまいます。

心の行についてこうあります。

『人に不足を思わず、物事の不自由を行とし、家業を勤め、
身分相応を過ごさないよう倹約し、誰にも言わないで行えば、これ心行なり』

今は『心の時代』なんて言いながら、みんな不足タラタラなのですね。

家庭でも、職場でも、人の不足を言いたい放題ですし、
自由だ権利だと声高に主張して、身分不相応な生活をして、
それで足りない足りないと困っている。

人間の難儀は、わがままな生き方が原因なのです。

わがままな生き方の反対は、素直な心、謙虚な生き方であります。
素直とは、天と真っ直ぐに繋がる心、
つまり
『お天道様が見ておられる。こんな事をしていてはお天道様に顔向けできない』
という心なのです。

また謙虚とは、地に伏せる心、低い心になることなのです。
この気持ちが大事なのですね。

この気持ちになるためには、感謝の心がなければなりません。

『ありがとうございます』という気持ちが、心を素直にさせます。

『ありがたいことでございます』という心に、謙虚な気持ちが湧いてきます。

行というのを、私は『お手本通りに行う』ことだと考えています。

わがままな自分の心を、お手本通りに当てはめて行くことが、心の行なのです。

『そんな窮屈なこと』と思われるかも知れませんが、
わがままを通すから心が窮屈になっていくのです。

反対に、心の行をすることによって、心の器が大きくなっていくのです。

心が大きくなって、自由自在になることを悟りといいます。

心の行をすると自分の身の回りから足りないものがなくなっていきます。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター