FC2ブログ

真実の道

『人間、生身に痛いかゆいは当たり前である。
…これがもとで信心もできるようになり、これが修行になって信心も進んでくる。人間は勝手なものであるから、痛いかゆいがあるとご信心できるが、なにもなかったら信心が寝入る』


一見「不幸」に見えることの中に、
神様の願いがどれだけ込められているかということを考えさせられます。

中国・唐の時代、大寧院可弘(だいねいいんかこう)禅師は、
「この道さえ歩いてゆけば、絶対にまちがいのない真実の道とは、一体どのようなものか」
と問われ、
たった一言、
「七転八倒」
と答えられたそうであります。

普通なら、何度転んでも起き上がる「七転び八起き」という言葉を期待するところですが、
禅師はそうではなく、転びっぱなし、倒れっぱなしの「七転八倒」。
つまり、失敗の連続こそが真実の道だ、と弟子に教えたのです。

人間というのは、どこまでいっても未完成、不完全であり、
生きていれば必ず、転んだり倒れたりを繰り返すものです。

しかし、その転んで倒れることの中にこそ、
私たちが求めてやまない人間的な成長、生き甲斐があるのも事実でしょう。

例えば、病人へのお見舞いでも、自分も同じ病を患ったことがあれば、
心のこもった慰めの言葉が出てくるものです。

そして、そのように人を慰めることで自分自身が慰められるという働きにも気付くことが出来るでしょう。
それは「病」という一つの石に転んで倒れた経験のおかげなのです。

信心も同じことで、苦悩や絶望が縁となって、神様の願いに気付かせていただき、
真の生き方に目覚めるのです。そこから自然と手が合わさるようになります。

肉眼で見れば災難であることが、
信心の眼で見れば、それは神様からの「プレゼント」なのです。

ですから痛いことも辛いことも、七転八倒している真にその時、
その出来事の中にどれだけの願いが込められているか、
どれだけの飛躍の種が詰められているかということに心を向けなくてはなりません。

影は形に添う

ロンドンにある世界遺産ウェストミンスター寺院の地下室には、次のような碑文が刻まれています。


何の束縛もない若かりし頃、想像は果てしなく広がり、私は世界を変えることを夢見ていた。
ところが、年を重ねて賢くなり、世界は変わらないことに気づいた。

そこで、目指すものをもう少し近いものにして、自分の国から始めることにした。
だが国も変わらなかった。

老年期に入り、私の願いは悲痛な思いに変わった。
自分の国もだめなら、少なくとも、最も近くにいる家族を変えることにした。
だが、悲しいことに、これすらままならなかった。

今、私は死の床についている。
なんと、今になって初めてわかったのだ。
変えなければいけないのは、自分自身だったのだと。

自分が変われば、家族も変わっただろう。
そして家族に励まされ支えられながら、国をよくすることもできたろうし、
やがては世界を変えることすらできたかもしれないのだ。


人間は、自ら背負った運命というものを、
明るい方向へも暗い方向へも変え得る力を与えられて生まれてきています。
それだけに難しい問題も多々あるわけですが、
運命を明るい方向へ展開してこそ人間に生まれてきた甲斐があるというものです。 

本気で自分の運命を開き、今の環境を改善したいと願うのであれば、
唯一自分自身で変えられるもの―自らの心―を改めなければなりません。

雨が降ろうが陽が照ろうが関係なく、いつも心が晴れ渡っている。
周りの環境がどうであろうとも、自分自身に有り難い心が定まっていて、
その有り難い心を持って人に親切にし、物事にあたっては実意丁寧な生き方ができるようになる。
そのような本当にしっかりとした人間にならせていただくことを願い、
実践することが心を改めるということです。

幸せや成功は、言わば私たちの心の影です。
影は形に添うのが道理です。自分の心を変えることで自分の運命が、
人生が変わっていくのです。このことを決して忘れてはなりません。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター