FC2ブログ

「幸せ」とは丸い円

心を丸い円に喩えたとき、「幸せ」とは、その円が満月のように真ん丸な状態を言います。
「円満」という言葉があるように、満ち足りていて不足がない状態を「幸せ」と言うのですね。
それに対して「不幸せ」とは、何かしら不足があるために心の円に穴が空いていて、
半月になったり三日月になったり、人によっては、かじられ尽した林檎のようになっている。 

では、そのように心の円に穴を空けている不足の正体とは何かと言いますと、
それは「自分の期待通りにならない」という思い。これに尽きる。
不幸せな人というのは、何かしら不足を言われるものですが、それらはすべて、
自分の期待通りに人、モノ、お金が動いてくれないというものであります。 

しかし、そのような自分の不足というものを一体誰が埋めてくれると言うのでしょうか。
結局は、自分でしか埋められないのです。
幸せになろうとしながら、人を当てにしては不足を言って、幸せになれない心の在り方になってしまっている。
これが「迷い」なのですね。

そうではなく、「人から何かしてもらおうと思わなくても、この自分自身の中に限りのないお恵みを頂いているのだ。
私の中から、どんなことでもしようという心が出てくれば、何だって出来る。無限に良いものを私は授かっているのだ!」
このことに気付かせて頂くことが信心であり、そこに至ってはじめて、
自分の不足というものが無くなる。穴が埋まって円満となり、幸せになれます。

『おかげ(幸せ)は和賀心にあり。和はやわらぐで、賀は祝賀の賀である』

「和」とは、二つのものが一緒になることですが、その「和」の精神が表された形が円です。
車輪が四角だったら、車は前進しません。丸いから前進できるのです。
人においても同じことで、心に輪を描けば、人生を生き生きと生きていけます。
人生で出逢う人・事柄を通して、角のない人間にならせていただきましょう。
和らぎ喜ぶ心、丸い円のような心にならせて頂きましょう。

一寸先は光

『喜べば喜びごとが喜んで、喜び連れて喜びに来る』

発句である「喜べば」というところが特に肝心です。

まず自分が喜ぶ、言い換えれば「感謝する心」が先にあって、

それによって喜びごとが喜び、お仲間さん達を引き連れて、自分のもとへやって来るというわけです。

私たちの「感謝」というのは、結果が良い時に感謝するのであって、

結果が悪ければ感謝しない、というのが通例であります。

しかし本当は感謝することが先にある。「感謝する心」が先にあって、

結果として感謝したくなるような出来事が起きてくるのです。

この順番は大切ですね。出来事の前に自分の心があるのです。

ですから、まず自分が感謝すること。感謝する稽古をさせていただくことが大切なのです。

よく「一寸先は闇」と言いますが、同時に「一寸先は光」でもある。光と闇とは紙一重ですから。

 天気を見ても明らかなように、すべて移り変わっていきます。苦しい運命も、やがては必ず好転していくのです。

ところが、すぐそこまで光が来ていることに気づかず、ずっと不幸が続くと思う人は、

自ら闇を引き込んで自分から離れないようにしてしまっているようなものです。

現実を変えることが出来なくても、悩みに対する心の持ち方を変えることはできます。

過去の出来事を捨て去ることはできなくても、とらえ直すことはできます。

「すべて恵まれてのことなのだから」と、神様から頂いた「ご縁」として有難く受け取る心を育てていきましょう。

そうすれば、どのような境遇に置かれても、人は幸せになれます。

幸せとは、今この瞬間、周囲の人や出来事に対して感謝できている心の状態を言います。

境遇は変えられなくても、生き方を変えることで人生の見え方が変わるのです。

有難く受け取ったその第一歩が、運命を大きく好転させていく。幸せな人生へと通じているのです。

心配は体に毒

『心配は体に毒、神様にご無礼である。心配する心を神様に預けて、信心する心になるがよい。』

なぜ人がこれほど心配するのかと言いますと、それは、人には物事の結果が分からないためです。

スポーツの試合でも、進学のための受験でも、どれだけ人が努力をしたところで、

いよいよ結果までは、実際にやってみなければ分からない。

ですから、試合に負けたり、試験に落ちたり、悪い結果になった場合のことをあれやこれやと考えるのです。

このように、分からない結果についてあれやこれやと考えることが心配であるのに対し、

現在(いま)手元に有るものへのお礼をさせていただくことを、信心と言います。

受験するときならば、合格か不合格かと言って、結果が不合格となってしまった時のことについて色々と考える。

そのように心配ばかりして、心や体を壊してしまっては元も子もありませんね。

そうではなく、「これまでたくさんの人に御世話になって勉強することが出来、健康のおかげを頂いて、

今日こうして、無事に試験を受けさせて頂きます。ありがとうございます。」と御礼をさせていただく。

そのように御礼をしたならば、結果については神様にお任せすれば、それでよいのです。

人には物事の結果が分からないということは、別の観点から言えば、

人には結果の良し悪しということもまた分からないのです。

今、自分が最良と考えている結果というものが、長い人生において見たときに本当に最良なのか。

自分では決して分からないのです。

自分自身で努力できることは精一杯させていただけば良いですが、

結果については神様の領分として、全てお任せする。

自分には分からない、どうにもならないことを、自分の力や頭でどうにかしようと思うと、

解決がつかず、ますます苦しくなっていきます。

どうにもならないことは、まな板の上の鯉のように、自分を神様に全て投げ出し、お任せする。

安心して下さい。神様のお働きは、最善、最良、最適なのですから。

負け方を学ぶ

相田みつをさんの「負ける練習」という詩の中に、このようにあります。


 柔道の基本は受身 受身とは投げ飛ばされる練習 

 人の前で叩きつけられる練習 人の前でころぶ練習 

 人の前で負ける練習です。

 つまり、人の前で失敗をしたり恥をさらす練習です。

 自分のカッコの悪さを多くの人の前で 
 
 ぶざまにさらけ出す練習 それが受身です。

 柔道の基本ではカッコよく勝つことを教えない

 素直にころぶことを教える 

 いさぎよく負けることを教える

 長い人生には カッコよく勝つことよりも

 ぶざまに負けたり だらしなく恥をさらすことの

 ほうが はるかに多いからです。

 そして負け方や受身のほんとうに身についた人間が

 世の中の悲しみや苦しみに耐えて

 ひと(他人)の胸の痛みを 心の底から理解できる

 やさしい暖かい人間になれるんです。

 そういう悲しみに耐えた暖かいこころの人間のことを観音さま、仏さま、と呼ぶんです。



さて、「負ける」というと、少し消極的なように聞こえるかも知れませんが、

「負かされる」ことと、「負ける」ことでは、全く次元が違います。

「負かされる」というのは、相手に勝とうと思って力が及ばずに負けることですが、

「負ける」というのは相手に勝とうと思わないで、自分の方から相手の意に歩み寄ろうとすることですから、

そこに真心がなくては出来ません。少しでも対抗的な気持ちがあっては本当に「負ける」ことなど出来はしません。

相手が腹立ちや憎しみを持って来たとき、こちらにそのような真心がない時には、腹立ちや憎しみの心が起こる。

しかし、こちらに真心があれば、相手が仕向けた腹立ちや憎しみを心の内で解かしてしまうことが出来るようになる。

負ける練習を通して、ほんとうの真心を身につけさせて頂きましょう。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター