FC2ブログ

調子が狂わないように

『信心』という言葉を辞書で引きますと、「神仏を信じること」とあります。

なるほど言葉の通り、神様を信じる心という意味ですから、自分と神様とは別々にあるわけです。

同じ「シンジン」という言葉でも、このお道では『神人(かみひと)』と書きます。

これは、神様が私たち一人ひとりの中に居られるということです。

私たちが気付こうが気付かまいが、嬉しい時も悲しい時も寄り添って、

この人生を共に生きて下さっているのですね。

宮、寺、社など特別な場所で、特別な作法をもって、特別なことをすることが信心と思われていますが、

そうではありません。

大切なことは、その自分の中に居られる神様に心を向け、本当に一つとなって生きていくことであり、

場所や作法はその為の言わば“工夫”なのです。

神様に心が向かっている時の感情とは、感謝・満足・納得・安心・共感・謙虚・愛情…と言った、正の感情です。

一方で、自分の中には我(エゴ)という鬼もいる。その鬼に自分の心が向かうと、

不足・不満・不服・心配・嫉妬・傲慢・憎悪…と言った負の感情に責め立てられることになるのです。

つまり生きるうえで本当に大切なこととは、自分の心を正の感情か負の感情、どちらに向けて生きていくか、ということ。

自らの心の調子を整えるということに尽きます。


しかし人間ですから、調子が整って神人となっている時もあれば、

はたまた調子が狂って心の鬼に責められる時もある。

性善でも性悪でもないのが人間です。

白と黒、善と悪の間に人間がいて、そのどちらにもいくことが出来る。

何らかの縁で上に昇ることもできれば、下に落ちることにもなる。

あらゆる悪も人間から出てきますが、同時にあらゆる善も人間から出てくるのです。

そのように、人間というのは何か一定の塊としてあるのではなく、

その時々の場や関係次第で色々な動きをするものであります。

だからこそ、調子が狂わないように、乱れないように、手を掌せていくことが大切なのです。

本心の玉を磨く

『信心する者は本心の玉を磨いて信心しなければならない。

鉄でも磨けば銀のように見える。金銀も磨かなければ光がない。』

錆というのは、金属とくに鉄の表面が空気に触れて生ずる科学現象ですが、

空気のせいだけでなく、鉄自身がさびやすい性質を持っています。

さびやすい鉄でも、研いだり磨いたりを怠らないなら、さびることなく光り続け、刃物ならよく切れるようになる。

同様に、迷いやすい私たちの心も、よい教えに研いで頂くことが大切なのですね。

人間の心でいう「我」というのも、錆みたいなものです。

そもそも「我」とは、自分の力で生きているのだと勘違いするところから生まれてきます。

自分の力や努力のおかげでここまで来た。欲しいものを手に入れた。

物事を一生懸命頑張る人ほど、このような考えに陥りやすく、周囲からも「我が強い人だ」などと言われます。

そして、そのような「我」がある為に、相手が神であれ人であれ、心から感謝する心にはなれず、

また心から頭を下げることも出来ない。

「我」があるために、他の人と隔たりが出来、対立することが起こってくる。

またそこから様々な問題も生じてくる。

さらに「我」のタチの悪いところとは、そうした自分の「我」に、自分自身が気付かないということ。

それが故に、人から諭されようが、責められようが、かえって一層「我」を募らすことになるばかりなのです。

ただ、そのような強力な「我」というものにも、唯一の弱点があります。

それは、教えを聞いて自分自身で詫びることです。

教えとは、この自分というものが、生かされて生きている我が身であった、ということに気付かせるものです。

それが腹に落ちた時、これまでの自分を恥じて、詫びる心が必ず生まれる。

「我」というのは、自ら気付いて、恥じ、詫びることによって、不思議と消えてしまうのです。

教えを聞かせていただいて、日々「我」を洗い流させていただきましょう。

必ずお許し下さる

『神様は叱ってはくださっても、罰はお当てなさらない。』

悪いことをすれば天罰が下ると言いますが、

悪いことをした人間に罰を当てよう、罪を償わせようとするのは人間だけなのですね。

神様は人間の親です。

自分のことなど忘れ、助けずには居られないのが親心というものですが、

同じ親でも、神様は人間の親よりも遥かに気が長く、心が広い。

責めるところが一切無い為に、ものを言われることもないのです。

どこまでも助けてやろう、どこまでも救ってやろう。

よしお前がどんなに悪い者であろうとも、どんなにつまらぬ者であろうとも、助けずには居られぬ。

悪ければ悪いだけ、つまらないならつまらないだけ、なお助けずには居られない。

信心とは、神様が自分を愛し、許して下さる親であることを知ること。

神様がいつも自分に寄り添って、この人生を共に生きて下さっていることに気付くことなのです。

そして、そのような罰をお当てにならない神様から、私たちは「許す心」を学び、

自分自身がそうならせていただくことが大切なのです。

人間というのは、どこまでも許されないと助からない。

少しでも責められることがあっては助からない。そういう生き物だと思うのです。

小さい子供が育って行くのは親が許してくれるからであり、私たちもそれでここまで育って来たのです。

仮に子供が何か失敗をしたとしても、その失敗には何か訳があるのだろうと、親は子供の立場に立って解釈してくれる。

その優しさが子供を育てる、落ち着かせるのです。

しかし、そのような許す心を他人に対して持つのは、何と難しいことでしょうか。

他人を責め、押しのけ、恨み、憎む。そんな我が子の姿など、親は見たいなどと思わないでしょう。

相手を許し、助けようとする。そんな大人に育ってもらいたい。

だからこそ、神様はその見本として、決して人を責めず、罰をお当てにならないのです。

心から満足するためには

高きに登りたいというのは、人間の性なのですね。

子供は椅子や机の上で万歳をする。大人になれば、山の絶頂から御来迎を拝む。

では、それで満足するかと言えば、決してそんなことはない。

高きに登る道中で、人間が満足出来るのは一瞬だけのことであり、

すぐに「もっと欲しい」という欲望に駆り立てられる。

富士山に登った者は、次はもっと高い山を目指すのです。もっと高い山を登ったならば、次は月や火星を目指すのです。

もし高きに登ることだけを人生の目的とするならば、富士山に登ることが出来ても、

エベレストに登ることが出来なければ目的は達せられません。

たとえエベレストに行くことが出来ても、月に行くことが出来なければやはり目的は達せられないのです。

かくして高きに登りたいという人間の切なる願いというのは、必ず中途半端に終わるのです。

名声や地位やお金を目的とするのも同じことで、

それはどこまで追って行っても上には上があって、ついに最後の満足は得られることなく、

人生は空虚な夢想に引きずられていくに過ぎません。

名声や地位やお金というのは、目的としてハッキリしているようで実は大変ぼんやりしており、

アテにならないものなのです。

そこで、人生の本当の目的について考える必要があります。

そもそも山へ登るのは、頂上に達するのみが目的ではありません。

むしろ途中の景色を観賞するところにこそ、本当の楽しみがあります。

この人生においても、目的は何か一定のものにあるのではなく、行く道々にあって如何に喜び楽しみ、

道中出逢う人々と如何に仲良く楽しい時間を過ごせたかということこそが大切だと思うのです。

千の富に安心出来ない者は、万の富にも安心することは出来ない。

一つの名では満足出来ない者は、二つの名でも満足することは出来ない。

安心出来るかどうか、満足出来るかどうか。それは富や名声の大小にあるのではなく、己の心構えにあるのです。

心構えを改めれば、この人生をより安心に満足して歩んでいくことが出来るでしょう。

人に向かう心を神に向けよ

『人の心は移り変わりやすいものである。

 その、人を頼りにするから、腹を立てたり物事を苦にしたりすることになる。人に向かう心を神に向けよ。』


江戸初期に活躍された澤庵和尚が、人間の生き方について次のように遺しておられます。

「人間、この世にかりそめに来た客人であると思えば、この世の苦労は無くなる。

望み通りの食事が出てきたら、良い御馳走を頂いたと思って感謝する。

逆に望まぬような食事であっても、客人の身であると思えば、作ってくれた人を褒めて食べることが出来る。

夏の暑さも、冬の寒さも、客人の身であるから辛抱することができる。

家族、親族も同じ場所に来た相客だと思えば、仲良く暮らして気持ち良く別れを告げることができる」と。


何故自らを客人だと思えば、腹を立てたり、不足に思ったりせずに過ごすことが出来るのでしょうか。

それは、相手に頼ろうとする心がこちらに無くなるからだと思うのです。

頼り合うことが、本当に頼りになればそれでよいのですが、

「頼ろう」とするということと、「頼りになる」ということは全く違います。

信じる心(信心)とは、頼ろうとする心(依頼心)ではありません。

信じるということは、相手にこちらの思うように動いてもらおうとするのではなく、

むしろこちらが相手の思うように動きたいと願うことです。

本当の夫婦関係、本当の友人関係というものも、お互いに頼ろうとするのが主ではなく、

こちらから相手の頼りになっていきたいと願うものです。

そういう人間同士が一緒に生活をして、友人となり、夫婦となり、親子となった時に初めて、

それが本当に頼りになる関係となります。

自らは客人として、人を頼りにすることなく、神様とともに人のお役に立たせて頂けるように手を掌せましょう。

そうすれば、腹を立てたり物事を苦にしたりすることなく、もっと楽に生きられますよ。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター