FC2ブログ

生まれ変われる

『おかげを受けられるか受けられないかは、わが心にある。
 わが心さえ改めれば、いくらでもおかげは受けられる。』


「男子三日会わざれば刮目して見よ」

人はいつだって生まれ変われる、たった三日の間にも見違えるほどに進歩することが出来る。

三国史に登場する武将、呂蒙(りょもう)の言葉です。

人間、ある程度の年齢になれば、自分の弱さや悪い癖というのが自分自身でもよく分かってくるものです。

しかし、分かったところでそれらを正すことは大変難しいことですから、

いつも同じようなところで人生に躓き、傷つき、「これも私の運命ですから…」

と諦めてしまう人が大変多いように思います。

しかし、本来、「運命」というのはそんなものではありません。

「運」とは動くということ。「命」とは人生。つまり、私たちの人生というのが

動いてやまざるものであるがゆえに、「運命」というのです。

白と黒、善と悪の間に人間がある。そして、そのどちらにもいくことが出来るのです。

何らかの縁で上に昇ることもできれば、下に落ちることにもなる。

あらゆる悪も人間から出てきますが、同時にあらゆる善も人間から出てくるのです。

そのように、人間というのは何か一定の塊としてあるのではなく、

その時々の場や関係次第で色々な動きをするものであり、

自ら背負った運命を明るい方向へも暗い方向へも変え得る力を持っているのです。

それだけに難しい問題も多々あるわけですが、運命を明るい方向へ展開してこそ生まれた甲斐があるというものです。 

心というものは、神様という発信機と、私たち一人ひとりの命という受信機との周波数を合わせる、言わばダイヤルなのです。

そして、感謝や歓喜の情とは、感謝と歓喜に満ちた運命を映すチャンネルであります。

感謝や歓喜のチャンネルに合わせた言葉、生活を送らせて下さいと祈りながら道を歩めば、

人はいつだって生まれ変われる。そう、幸せになれるのです。

かわいそうにと思う心

『不幸せな者を見て、真にかわいそうと思う心から、わが身を忘れて人を助ける、

 そのかわいそうと思う心が神心である。』

浄土真宗の開祖である親鸞が、ある日、弟子の唯円(ゆいえん)にこのように言いました。

「お前は私の言うことを何でも聞くと言うが、それでは、人を千人殺してこい。

 それができたら、お前の極楽往生は間違い無い」

唯円は師匠の言葉に驚いて、

「とんでもございません。私は一人とも人を殺すことなど出来ません」

と許しを乞いました。そこで親鸞は続けます。

「お前が人を殺せないのはお前が善人だからではない。ただ、お前に人を殺す縁が無かったからだ」と。

縁というものについて、大変考えさせられるエピソードですね。

植物は土地に種を蒔けば必ず花が咲く、というものではありません。

花が咲くためには、時間以外にも、新鮮な空気と水、そして太陽の光などの様々な「縁」が必要となります。

「人を助ける」というのも、私たちが進んで人様の良い「縁」とならせて頂きたいと願うことです。

そして、良い「縁」となって働かせて頂こうと思うなら、愛によって行動しなければうまく行きません。

愛がないのに、「問題を解決してやろう」「良い人間になろう」というエゴによって、逆に相手を傷つける人もおられます。

「過去は忘れなさい、マイナスをプラスに変えなさい」

これらの言葉が力を発揮するのは、愛が働いている時だけです。

きれいごとでは人は助かりません。

人を助けるとは、マイナスをマイナスとして、愛を持って一緒に受けとめること。

すると、それが良い「縁」として働き、マイナスの中にあるプラスが見えてくることなのです。

私たちが誰かのことを「何とかあの人が助かってほしい」と願う時、

その心は神様と同根であり、神様と同じ働きが生まれるということです。

私たちに人を助ける力など無いかも知れません。

しかし、その人を助けたいと願う心に神様が居られて、人を助ける働きを現わして下さるのです。

たらいの水

世界的ロングセラーであり、自己啓発書の元祖とも称されるデール・カーネギー著『人を動かす』の冒頭には、

「人を説得しようとすることは無駄である」と書かれています。

「人を動かす」というからには、議論を上手く進めて人を説得するのだろうと思いきや、まったく違うのです。

それどころか、人との議論は出来る限り避けよ、と教えています。

何故なら、議論をしても結局、お互いがますます「自分の意見が正しい」と思い込んで終わるだけだからだ、と。

「たとえ議論に勝ったとしても、相手の意見は決して変わることはない。」

これが長年人間について研究を重ねたカーネギーの結論だったのです。

では、どうすれば人を動かすことが出来るというのでしょうか?

カーネギーはその方法は唯一つしかないと断言します。

それは、「相手の欲しがっているものを与える」ことだと。

そして、相手が欲しがっているものとは、理解と感謝なのだと。

人を説得するのではなく、まず相手を理解し感謝の心で接する。

つまり、求めるのではなく、与えることに注力する。

それがカーネギーの発見した「人を動かす」秘訣だったのです。

お道の教えにも、このようにあります。

『おかげ(幸せ)はたらいの水である。向こうへやろうとすれば、こちらへ来る。

 こちらへ取ろうとすれば、向こうへ行く。』

たらいの水を、向こうへやろうとするか、こちらへ取ろうとするか。そこに幸せと不幸せの分かれ目があるのです。

自分の幸せばかり追い求めても、与えることなし に真の幸せは得られません。

相手にこちらの期待通りに動いてもらおうと思うのではなく、むしろこちらから相手の期待通りに動きたいと願うこと。

それが信心であります。

たらいの水を向こうへやろうとするように、「まず自分から与えよう」とする心を忘れてはなりません。

聞いて助かるということ

「話すこと」と「聞くこと」とは、まるで違うことのように思われるのですが、

実は通じるところがあるのです。

赤ん坊は生まれてすぐに話すことは出来ません。

声をあげて泣いてはおりますが、何を言っているのかは分からない。

母親だけは不思議とそれが何を言おうとしているのか分かるようですが、

それでも赤ん坊が話しているとは言えないでしょう。

それがいつの間にやら、皆にも分かることを話すようになる。

なぜ話せるようになるのかと言えば、それは周囲の人の話をしっかりと聞いているからなのです。

人の話を聞いて、だんだんと分かるようになり、それで、皆にも分かることを言うようになる。

聞くことなくして、話すことなど出来はしません。

耳の聞こえない方であっても、手や唇で話される。

それも同じことであって、耳で聞く代わりに目や体の一部から、

この天地自然、人の心を受け取っているのです。

その受け取るということがなければ、自分の思いを表現でもって人に伝えることなど出来はしません。

ですから人が話をする時には、日頃から心を込めて聞いて、相手の心を受け取っていなければなりません。

ただぼんやりと耳を傾けている、心を込めて聞いていないようであっては、

自分が話すことも自分勝手でとりとめのない話しか出来ず、その結果、

誰も自分の話を聞いてくれないようになる。これは当然のことなのです。

このお道は、「話を聞いて助かる道」と言います。

聞くという行為の中に徳が備わっていて、そこに神様がお働き下さるのです。

愚痴や不足を聞くのは誰でも嫌なことでしょうが、その時こそ相手の本音が出ているわけですから、

身を入れて本気で聞かせて頂き、その場限りで解消してしまいさえすれば、

「愚痴」と名をつけるまでもなく、それは有り難い「打ち明け話」となるのです。 

聞き手が「うるさい、くだらない、聞きたくもない」とはねつけた瞬間にその話には「愚痴」という名がつくのです。

聞くことに、どれだけ心を込めて聞くか。祈りを込めて聞くか。

ここが肝心であります。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター