FC2ブログ

祈ること

『願う心は神に届くものである。』

「念ずれば花ひらく」で有名な、坂村真民先生の詩は、

年令、職業を間わず幅広く愛唱され、その生き方とあわせて、「人生の師」と仰ぐ人が多い。

先生が八歳の時、小学校の校長をしていた父親が急逝し、一家の生活はどん底に落ちます。

父親の死に目に会えなかった長男の先生に、

母親は父の喉仏を与え、「今日から毎朝水を供えるように」と命じました。

それから先生の早起きが始まります。

誰も起きないうちに共同井戸の水を汲みに行き、父の喉仏に供えるのが日課となり、それは生涯続いたそうです。

母親は五人の幼子を育てるために懸命に働きました。

その母親の働く姿、そして母親が常に口ずさんでいた、

「念ずれば花ひらく」という言葉が、先生の心に焼き付いて、あの有名な詩が生まれたのです。

 
念ずれば花ひらく 
苦しいとき
母がいつも口にしていた
このことばを
わたしもいつのころからか
 となえるようになった
 そうしてそのたび
 わたしの花がふしぎと
 ひとつひとつ ひらいていった


「祈ることしか出来ない」という溜め息混じりの言葉をよく耳にします。

これは、「自分には何も出来ないから、せめて祈りはするが、

祈ったところでどうにもならない」と、「祈り」を過小評価しているのではないかと思うのです。

「祈り」には力があります。

このことは、本気で祈り、願い、念じた者のみが分かることです。

つまり、「祈ることしか出来ない」のではなくて、どんな絶望的な状況にあっても、「祈ることだけは出来る」のです。

「念ずれば花ひらく」という言葉を、私たちもいつも心に留めておきたいものです。

信心の肝心要

『神様は目にこそ見えないが、

そこら辺りいっぱいにおられるので、神様の中を分けて通っているようなものである。』


教育者である、東井義雄先生の詩に、このようにあります。

見えないところで 見えないものが
見えるところをささえ
  生かし 養い あらしめている

人間、目に見えないものは信じられないものです。

目に見えないものは、いくら人から説明されてもやはり見えないものですから、疑えばキリがありません。

「神を信じられない」と言われる一番の理由も、目には見えないからでしょう。


しかし、この世の実際とは、目に見えないものが、目に見えるものを支えているのですね。

金魚鉢の中を泳ぐ金魚は、鉢の中の水を泳いでいることを知らないのと同じように、

人間も目に見えない大きな働き、そのお恵みの中で生かされていることが自分自身にはどうしても分からないのです。


生きるということは、神様のお働きの中で生かされ、生きているということ。

信心するということも、神様のお働きの中でしているのであり、

神があるかないかと論じるのも、神様のお働きの中でしているのです。


ですから、このお道では参拝するにしても、仕事をするにしても、何をするにしても、

「させて頂く」とか「神様のおかげを頂いて」という言葉をつかうのですね。

神様が分かるということは、知識や学問として神が分かるというものではなく、

信心が進んでいく中で、自分の命、生活は自分だけのものではなく、

一切の働きによって「生かされて生きている」ということが分かるということなのです。

神様がどこにいて、どのような姿で、男か女か、などというのは、さしたる問題ではありません。

「生かされて生きている」ことに感謝をして生きていくこと。

肝心要のところはここにあるのです。

帰る旅

『神様を信じる者は、何をするにしても遊ばせていただくのである。

広前の奉仕で遊ばせていただき、商売でも農業でも遊ばせていただいているのである。

みな天地の間に、うれしく、ありがたく遊ばせていただいているのである。』


作家の高見順さんの亡くなる直前の作品に、『帰る旅』という詩があります。

帰れるから旅は楽しいのであり
旅の寂しさを楽しめるのも
我が家にいつかは戻れるからである
だから駅前のしょっからいラーメンがうまかったり
どこにもあるコケシの店をのぞいて
おみやげを探したりする
この旅は自然へ帰る旅である
帰るところのある旅だから
楽しくなくてはならないのだ
もうじき土に戻れるのだ
おみやげを買わなくていいか(以下略)
 

遠くへ旅行に行くのは楽しいものです。

見慣れぬ景色や味付けの違う料理、見ず知らずの人との出逢いというのは、

幾つになってもワクワクしますよね。

しかし、そういった感動が続くのもせいぜい二、三日のことであって、

誰しも長旅が続くと、やっぱり「我が家」が恋しくなるものです。

高見順さんは死の病床にあって、自らの人生を「帰る旅」だと言いました。

そしてその旅は、「我が家」である自然に帰る旅なのだから、

精一杯楽しまなくちゃ。お土産も買わなくちゃ、と。

夏休みの旅行同様、人生という旅の目的も、実はうれしく、楽しく、ありがたく遊ばせていただくことなのです。

せっかく来た旅なのですから、精一杯楽しまなくちゃもったいない。

もちろん、お土産も忘れてはなりませんね。

お世話になった人々に、立ち去るときにそっと置き土産を遺してゆくのです。

後世の人の生き方に何か良い影響を与えるものが遺せたのだとすれば、

この旅はもっと素晴らしいものになるでしょう。

仕え合う

『神のおかげで生きていられる人間は、日々神のご用を勤めなければならない。

日々勤める仕事は信心の行であるから、仕事をありがたく勤めれば、日々ありがたいおかげが受けられる』


中国・唐の時代に百丈(ひゃくじょう)という禅の高僧がおられました。

その教えで特筆すべきは、出家者にとって一番重要な修行を「労働」としたところにあります。

禅が頭の中で考えるだけのものにならないようにと、毎日の修行として、坐禅だけではなく労働を課したのです。

今でこそ、そのような労働は「作務(さむ)」として一般的ですが、

当時はそれまでの戒律に真っ向から相対するものでしたから、まさに命懸けです。

しかし、百丈はこの労働を自ら実践し続けました。

百丈にとってこの日々の労働とは、食べるための手段ではなく仏の務めを作(な)すものでした。

そのため八十歳を過ぎてもやめようとしません。

やがて弟子たちは師匠の体を案じて「お休みになったらどうですか」と勧めましたが

一向に辞めようとしない。そこで弟子たちは苦肉の策として、百丈の仕事道具であった農具を隠してしまったのです。

道具を隠されて働くことができない百丈は、その日は部屋に戻りました。

弟子たちは「やれやれ、これでよかった」と安心していましたら、今度は食事をしないと言い出すのです。

そして、驚き戸惑う弟子たちに向かい、

「一日作さざれば一日食らわず」と。

一日仏のすべき務めができなけば、

私は食べろと言われても頂戴できないのだ、と諭したのです。

ふつう信心といえば、宮、寺、お堂など特別な場所で、

特別な作法をもって特別なことをすることのように思われがちですが、実はそうではないのです。 

会社でのお勤めや、家事や育児といった日常の仕事の中にこそ信心の行がある。

日本では昔から、「幸せ」という字を、仕え合う(「仕合せ」)と書きました。

神仏に仕え、人に仕えようとする心を抜きにしては、

自分の幸せなど有り得ないということを教えているのです。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター