FC2ブログ

「させていただく」という心

『仕事をするというから神は見ている。

 仕事をさせていただくという心になれば、

 神はつきまとってさせてやる』


人間の性(さが)とは悲しいもので、金を持たない者が多少の金を持つようになると、

金を持たぬ者を見下す心持ちになる。

大きな会社に勤めれば、小さな店を侮って見るようになる。

役職に就けば、今まで同輩であった者に対して、尊大な態度で接するようになる。

人間の自己顕示欲が、競争社会の中で勝ち得た優越感から、醜い相として現れるのですね。


かつて経営の神様と呼ばれた松下幸之助は、

「豊臣秀吉もナポレオンも素晴らしいリーダーであったが、二人とも幸せな晩年を迎えることはできなかった。

 それは、おそれるものがなかったからだ」

と部下に教えたそうであります。

実業会において、怖いものがないほど登りつめられた松下幸之助が

教えた「おそれ」とは、ただ何かを怖がるというような意味ではなく、

神仏を畏れ敬い、人間の欲望を畏れ慎むという意味が込められていたのではないかと思うのです。


いくらお金を稼げるようになったからと言って、

また、いくら人としての生き方が分かったからと言ったところで、

自分の思いや行いが百パーセント間違い無いなんてことは有り得ません。


気を抜けば、怠け心が起こる。傲慢になる。人を見下したりもする。

そうなってしまう自分の弱さが怖い。

また、そのような傲慢を許さない、この天地を貫く道理、働きというものが怖いのです。


幸せや成功があるのは決して自分の力からではない。

もともと何の力も無い自分が、この天地に生かされて、

人のお役に立たせて頂いているのであります。

ですから、何事も「させて頂く」ことである、ということを決して忘れてはなりません。


何事にも道があるように、仕事にも道がある。

仕事の道とは、仕事を神様から差し向けられたものとして、有り難く勤めさせていただくこと。

有り難く勤めさせていただくところに、有り難いおかげが受けられるのです。

難はみかげ(難儀は幸せの種)

『難はみかげ』


助かりたいという想いは、きっと誰の心にでもあるものでしょうが、

その心の奥底をずっと覗いていきますと、どうも

「このままでは困る」

「このままだと安心出来ない、不満である、不足である」

という想いがあるのですね。


例えば、

「あの上司がどこか異動になってくれたら助かるのに…」、

「もうすこし自由になるお金があれば助かるのに…」、

「この病気が治ってくれたら助かるのに…」などなど。


私自身も、そのような「このままでは困る」という想いがいくつもございまして、

そこで、私は一体どのようになれたら心底助かったと言えるのだろうか、

と考えてみましたところ、天才バカボンのパパじゃありませんが、

『これでいいのだ』という心になれた時こそ、

本当に助かったと言えるのではないかと思うのですね。


『これでいいのだ』というのは、仕方が無いと諦める心ではなく、

このままでよい、これでこそよかったのだと感謝して受け入れる心です。

生身で生きているのですから、痛い辛いがあるのが人生です。

困難が無い人生なんて在り得ないでしょう。

しかし、その困難の中に、神様の御心を見出すのが信心であります。

神様が可愛い可愛い氏子に対し、わざわざ氏子が困るようなことを差し向けておられる。

ですから、こちらとしては、その差し向けられた困難の中にある

「おかげ」をしっかりと受け取ろうじゃありませんか。


病気なら病気のままに、その病気を神様からのお差し向けとして、

その病気をしっかりと味わい、そこで自分の生き方を見つけていく。

病気になったおかげで、健康のときには分からなかった人生の別の価値がわかり、

他人の病苦が察せられるところから、本当の意味で病人を慰めることができる。

自分はそのためにこそ病気になったのだ、 

これでいいのだ、これでこそよかったのだと思えた時、

失ったものより遥かに大きなものを、私たちは手にしたことになるのです。

幸せに満ちた人生

『お天道様のお照らしなさるのもおかげ、

雨の降られるのもおかげ、

人間はみな、おかげの中に生かされて生きている。

人間は、おかげの中に生まれ、

おかげの中で生活をし、

おかげの中に死んでいくのである。』


信心をすれば一切の苦難が無くなるかと問われれば、

残念ながらそんなことは有り得ないでしょう。

人が人として生きていく以上は、色々な苦難にどうしても直面していきます。

しかし、事実として苦難がありながらも、そのことで心が苦しまなくなる。

その苦難の中にも「幸せ」を見出せる。

別の角度から物事を見つめ、そこに自然と手が掌わせるようになる。

信心させて頂くと、そのような身の上にならせて頂けるのですね。


過去の出来事を捨て去ることはできなくても、とらえ直すことはできます。

現実を変えることが出来なくても、悩みに対する心の持ち方を変えることはできます。

境遇は変えられなくても、生き方を変えることで人生の見え方が変わるのです。

「○○さえあれば、私は幸せになれる」

「○○にならないと、私は幸せになれない」

と思い込んでいる人は、その幸せが得られない限り幸せになれませんし、

他の幸せになかなか気付くことが出ません。


実はこの世の中は、数え切れないほどたくさんの「幸せ」に満ちているのです。

自分がすでにもっている幸せもたくさんあるし、これから出逢う幸せもたくさんある。

しかし、そのすべての幸せを得られるわけではなく、

自分にはどうしても得られない幸せというのもあります。

ただ、自分にも得られる幸せがこの人生には必ず準備されていて、

しかもそれは一つや二つじゃありません。数え切れないほどたくさんあるのです。

大切なことは、私たち一人ひとりがその自分に準備された幸せに気付くだけのことなのです。

無駄事はなされない

『神は、人間を救い助けてやろうと思っておられ、このほかには何もないのであるから、

 人の身の上にけっして無駄事はなされない。

 信心しているがよい。みな末のおかげになる。』


幼い頃、自分のことしか考えなかったり、わがままを言ったりすると、

よく親にほっぺをつねられたものです。

その時は、何故そんな痛い思いをさせるのだろうと思っていましたが、

自分が大人になり、また子どもを育てさせていただくようになると、

それが親の深い愛情であったということに気付かさせます。

我が子のほっぺをつねる親の心は、つねられたほっぺよりもはるかに痛い。


それでも心を鬼にして、ぽっぺをつねるのは、愛する我が子が、

将来、人間関係で苦しまないように、みじめな思いをしないようにという祈りがあるからなのですね。


をさ はるみさんの作品に、『独り言(ひとりごと)』という詩があります。

わたしがわたしになるために

人生の失敗も必要でした

むだな苦心も骨折りも悲しみも必要でした

わたしがわたしになれたいま

恩人たちに手をあわせ

ありがとうございますと ひとりごと


恩人とは自分にとって感謝すべき人、尊敬すべき人に限ったことではありません。

反面教師もまた恩人なのですね。人だけではありません。

失敗も、無駄な苦心も、骨折りも、悲しみも、その全てが人生の恩人である、と。

一見無駄に見えることの中に、どれだけの神様の願いが込められているか。


神様は人間の親であります。

同じ親でも、神様は人間の親と違って将来を見通されています。

私たちの十年先、二十年先を知った上で、

一人ひとりの人生に出来事や人を差し向けられるのです。

私たちが神様に「助けて下さい」と祈る、その遙か前から、

実は神様が「この事柄を通して助かってくれ」と祈って下さっているのです。

日々新た

『日に日に生きるが信心なり。』

一日一日、日は経つ。夜が明けて日が暮れる。

毎日が同じことの繰り返しのように思われるのですが、決して同じではない。

この「同じではない」ということが大切なところであります。


何事も続けていけば慣れるものです。「慣れる」ということは、

以前よりも早く上手に物事が進められるようになることですから、

慣れること自体は悪いことではありません。


しかし、仕事でも交際でも慣れてきますと、一番大切な「同じではない」という思いが抜け落ちる。

一日一日、その時その時が新たなのだという思いが抜け落ちるのです。それでは台無しです。


一番大切なことは、その今までと違った、今日の生き方がどうなっていくかということ。

その生き方をよい具合にしていく為に、慣れるということが要るのです。

慣れるということだけでいいことなどありません。


「おはよう」一つでも、ただの口癖になっているというのではいけません。

今朝の「おはよう」は、これまで何千、何万回と言った言葉かも知れませんが、

これまでに言ったことのない「おはよう」を心掛けていくのが、

信心であり、幸せになる秘訣なのです。


昨日まで言ったことのない、よい「おはよう」を今朝言おう。そこから一日の事を始めましょう。

出掛けて家に帰る時にも、今朝出た時よりも、帰るときにはもっとよい私になって帰ろう。

そのような気持ちで帰る。

ですから、「ただいま」と言うことでも、今までに何千、何万回と言った言葉かも知れませんが、

これまでに言ったことのない「ただいま」を心掛けていきましょう。

そうすると、一日一日の生活全体が、だんだんとよくなってまいります。


「生きる」ということはただ漫然と日々を過ごすのではなく、何かを生み出していく働きです。

何を生むか。生むものによって自分の価値が決まります。 

「日々がさら(新しい)」という言葉にあるように、今日新しい命を頂いた、

その命をどのように使わせて頂くかという心掛けが大切なのです。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター