FC2ブログ

新たな年を迎える準備を

年末の大掃除では、たくさんの雑巾を使わせて頂く。

雑巾というのは汚い物の代名詞のように使われますが、まったく違う見方もあります。


念仏詩人と言われる榎本栄一(えのもと えいいち)さんの『ぞうきん』という詩にこのようにあります。


ぞうきんは
他のよごれを
いっしょけんめい拭いて
自分は よごれにまみれている


雑巾は他の汚れを拭い去りますが、汚れを拭うたび、自身はどんどん汚れにまみれていきます。

他の物をきれいにし、光らせるために、自分の身を汚す。


そのような見方で雑巾を見させて頂くと、

私たち人間にはとても出来ない働きをしてくれていることに気が付き、

大変尊い想いがするのです。


「願い」という言葉の語源は「ねぎらい」であるそうです。

労うとは、誰かの苦労や努力に対し、

その恩恵を受けている者が御礼を申すことであります。


正月に神社に参って、「あれが欲しい」「これが欲しい」と

自分の希望を並べるのは悪い事ではありませんが、

それは願いの本質ではありません。


雑巾のような、普段は気付きもせぬ、

取ると足らぬと思っているような物に対して、

「お世話になっております。ありがとうございます」と、感謝の気持ちを込めてお礼をさせて頂く。


物だけではありません。自分の気付かぬところで、どれだけの人の世話になっているか。

一人ひとりに会って直接御礼をすることが出来ない為に、

神様を通して御礼をさせて頂くのであります。


そのようにして自分の希望ではなく、お礼を申す気持ちを先に立てていくところに、

神様がお働き下さる。御礼が足りぬだけの分は神様が足して下さる。

ですから人は「願う」ことで助かって行くのです。


年末の大掃除を通して、自分が普段お世話になっているものに、

改めて心を向けさせて頂きましょう。

普段は気付きもしなかったが大変尊いことである、有り難いことである、

という感謝の想いに手を掌わせ、喜びの心で新たな年を迎える準備をさせて頂きましょう。

日々がさら

お道の教えに、このようにあります。

『日に日に生きるが信心なり。』

一日一日、日は経つ。夜が明けて日が暮れる。

毎日が同じことの繰り返しのように思われるのですが、決して同じではない。

この「同じではない」ということが大切なところであります。


何事も続けていけば慣れるものです。

「慣れる」ということは、以前よりも早く上手に物事が進められるようになることですから、

慣れること自体は悪いことではありません。


しかし、仕事でも交際でも慣れてきますと、一番大切な「同じではない」という思いが抜け落ちる。

一日一日、その時その時が新たなのだという思いが抜け落ちるのです。

それでは台無しです。


一番大切なことは、その今までと違った、今日の生き方がどうなっていくかということ。

その生き方をよい具合にしていく為に、慣れるということが要るのです。

慣れるということだけでいいことなどありません。


「おはよう」一つでも、ただの口癖になっているというのではいけません。

今朝の「おはよう」は、これまで何千、何万回と言った言葉かも知れませんが、

これまでに言ったことのない「おはよう」を心掛けていくのが、

信心であり、幸せになる秘訣なのです。


昨日まで言ったことのない、よい「おはよう」を今朝言おう。

そこから一日の事を始めましょう。


出掛けて家に帰る時にも、今朝出た時よりも、帰るときにはもっとよい私になって帰ろう。

そのような気持ちで帰る。

ですから、「ただいま」と言うことでも、今までに何千、何万回と言った言葉かも知れませんが、

これまでに言ったことのない「ただいま」を心掛けていきましょう。

そうすると、一日一日の生活全体が、だんだんとよくなってまいります。


「生きる」ということはただ漫然と日々を過ごすのではなく、何かを生み出していく働きです。

何を生むか。生むものによって自分の価値が決まります。 

「日々がさら(新しい)」という言葉にあるように、

今日新しい命を頂いた、その命をどのように使わせて頂くかという心掛けが大切なのです。

無駄事なんて

相田みつをさんの詩にこのようにあります。


この世は
わたしがわたしになるところ
あなたがあなたになるところ



「出来事には必ず教えがある」と言われるように、

この人生の中で、悩んだり、迷ったり、苦しんだりした時、

この出来事は「自分に何を教えているのか」と考えてみることが大切です。


わたしがわたしになるために、あなたがあなたになるために、

その悩みや迷い、苦しみはどうしても必要なものである。そのように頂いてみてはいかがでしょうか。


お道の教えには、このようにあります。

『神は、人間を救い助けてやろうと思っておられ、

このほかには何もないのであるから、人の身の上にけっして無駄事はなされない。

信心しているがよい。みな末のおかげになる。』


自分の人生は、自分の魂が書いたシナリオ通りだと信じることができたならば、

心はとても楽になります。


自分の魂の書いたシナリオ通りであるなら、過去を悔やむこともない。未来を案ずることもない。

何故なら、自分の魂の成長のために、

最良、最高、最適なシナリオを、神様と相談のうえ決めて、生まれてきたのですから。


そして、その悩みや迷い、苦しみの中にある教えをしっかりと頂いたならば、

出来事に対して「ありがとうございます」と感謝することもできるでしょう。

その悩みや迷い、苦しみが縁となって、

わたしが理想のわたしになることが出来、

あなたが理想のあなたになることが出来るのです。



出来事だけではありません。

恩人というのも、なにも自分にとって感謝すべき人、尊敬すべき人に限ったことではありません。

反面教師もまた恩人。

自分の魂がシナリオに描いた、重要な登場人物なのです。


苦悩や絶望が縁となって、真の生き方に目覚めることが出来るのです。

そこから自然と手が合わさるようになる。

無駄事なんて決してありません。

有り難い心

誰かが腹立ちや憎しみを自分の前に持って来た時、

こちらに信心がない間は、こちらにも腹立ちや憎しみの心が起こってまいります。


しかし、こちらに信心があれば、相手から腹立ちや憎しみを仕向けられても、

それを解かして、さらにはこちらの信心を相手に及ぼし、

信心にならせるだけの働きをすることが出来るようになります。


誰かが心配すれば、こちらも心配をするように、人の心というのは伝染するものです。

心配したり、腹が立つのが伝染するだけではなく、有り難い心(信心)も伝染します。


相手の心配や腹立ちがこちらに伝わるよりも強く、

こちらの有り難い心が相手に伝われば、相手の方から変わっていくのです。


真の信心生活者(信者)というのは、

信心が自分の生活となってそのような働きをするようになって来ることであります。


お道の教えに、このようにあります。

『三年五年の信心では、まだ迷いやすい。

十年の信心が続いたら、われながら喜んで、わが心をまつれ。』


不足が出るところが不足が出ない。腹が立つところが腹が立たない。

わが心で自分の心の内から、有り難い心(信心)が湧き出るようになる。


付焼刃の信心ではない。信心の話を聞いた時だけ、その心になったというのではない。

自分自身が信心になりきる、それには十年かかると御教え下さっているのです。


火は自身が暖かいばかりでなく、周囲のものも暖かくします。

自身が明るいとともに、周囲のものまで明るくするのです。


信心する者も同様に、自身が有り難いばかりではなく、

周囲の人をも有り難い心にならせることが出来る。



有難い心があるから将来助かるというのではなく、有難いという心になった、

それがそのまま信心であり、最善最高の生活なのです。

ですから、そこから後はそれが続いていきさえすればよいのであります。 

そして、その有り難い心になるだけの力はすべて我が内に与えられており、

稽古すれば、誰もがきっとなれるに違い無い。

私はそう信じているのです。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター