FC2ブログ

働くことが楽しみ

ある方が日本の学校教育に間違いがあるのは、

お掃除当番のあることだと言っておられました。


お掃除当番というのは、お掃除をしたくないという前提のもとに、

やりたくないがやらされるのです。

そこにお掃除に対する誤解やまちがいがあるのだと。


お掃除という自分の仕事があること、

その仕事を通して他人にも喜んでもらえることは、本来楽しいことなのです。


「あなたはやらなくても結構です」と言われるよりも、

働かせてもらう方がどれだけ楽しいことか。このことを教えることが大切なのです。


近年では仕事のことを、「利益がすべて。結果がすべて」などと言ったり、

「生活を保つための手段に過ぎない」などと割り切ったりする意見が、大変多くなってきました。


しかし、仕事を自分の生きていく為の単なる手段として考え、

そのためにしなければならない、しょうことなしの重荷であると考えているならば、

いつまで経ってもそのような仕事の仕方しか出来ず、

そのような仕事しか与えられないことになるでしょう。


お道の教えにこのようにあります。

『日々勤める仕事は信心の行であるから、

 仕事を有り難く勤めれば、日々有り難いおかげが受けられる』


ふつう信心といえば、宮、寺、お堂など特別な場所で、

特別な作法をもって特別なことをすることのように思われがちですが、実はそうではありません。 


会社での勤めや、家事や育児といった日常の仕事の中にこそ信心の行があるのです。

「働くことそのものが楽しみでありますように」と祈らせて頂きましょう。


仕事をすること自体を感謝し、何のためというわけでもなく、

自分はどうなるかなどということは忘れて、ただ仕事をすることを喜んでみましょう。 


すると、仕事のほうも喜んでくれて、終始つきまとれ、

困った時には仕事が貴方を助けてくれるようになる。それが道にかなうということです。


働いているからこそ、休みが有り難いと思えるのであって、

「あなたは働くなくてもいい」と言われるのは大変辛いことです。

失業してみると、働くことの有り難さに気付くことでしょう。

まずは祈ることから

世の中には「祈っても無駄だ、気休めにしかならない」と言われる方がおられます。

その理由を尋ねてみると、

「いくら祈ったところで、起きてくること、事実を変えることは出来ないからだ」

と言われます。


確かに祈りではどうにも解決できないこともあるでしょう。

事実は事実としてありのまま、火は高きに燃え、水は低きに流れることは、

天地自然そのままの働きであります。

しかし、そうした事実、天地自然の働きを

自分の祈りの力で動かしたりすることが、果たして「祈り」なのでしょうか。


お道の教えにこのようにあります。

『生神とは、ここに神が生まれることである』

通例、神様というのは我々人間とは別にあるように思われていますが、

実はそうではなく、人間の中に現れる神様、生きた神様なのであります。


人間が迷いや欲に引っかかっているから、神様が奥の方に押し込められ、

現れることが出来ないでおられる。それでは助かる道がありません。


真の祈りとは、「自分がする」のではなく、

すべて神様に「させていただく」ことであります。

教会でお祈りしたら、わが身に神様を頂いて、そこから家庭や職場に御用に行かせて頂くのです。

家庭や職場に難儀があれば、その難儀のある家庭や職場の中に入り込んで、

わが身を使って人を助ける神様の御用に立たせて頂くのです。


これまでは自分ばかりが重荷を負わされている、

面倒な事ばかりさせられる、我慢ばかりさせられる、そのように思っていた…。

これからは人を助ける神様の御用をさせて頂くと心に決めて、

自分の生活を通して、手足を通して、

神様の生きておられる働きをさせて頂くのであります。

そこにこそ、助かる道があるのです。


どんな苦境にあっても、神様に祈ることが出来る人には、

その人の心に神が生まれて力が出て来ます。


この味を噛みしめたことのある人が、信心の道に入るのです。

理屈だけでは救われません。

まずは祈ることから始めましょう。

人間関係の道

お道の教えにこのようにあります。

『打ち向かう者には負けて、時節に任せよ。』

少し消極的な教えのように聞こえるかも知れませんが、

「負かされる」ということと、「負ける」ということでは、全く次元が違います。


「負かされる」というのは、相手に勝とうと思って力が及ばずに負けることですが、

「負ける」というのは相手に勝とうと思わないで、

自分の方から相手の意に歩み寄ろうとすることですから、そこに真心がなくては出来ません。


少しでも対抗する心があっては本当に「負ける」ことなど出来はしません。

相手が腹立ちや憎しみを持って来たとき、

こちらに信心がない時には、腹立ちや憎しみの心が起こる。


しかし、こちらに信心があれば、

相手が仕向けた腹立ちや憎しみを心の内で解かしてしまうことが出来るようになるのです。


信者(信心生活者)というのは、信心というものが自分の生活になって、

そのような働きをするようになって来ることであります。


何事にも道があるように、人間関係にも道があります。

道がある以上は、それをしっかり進んでいけば、

どんな相手との仲でも、だんだんとよいものになって行き、

どこまでも進めることが出来るに違いありません。


自分の心に、得手勝手なこだわりがあったり、曲がったことがあるから道に行き詰まる。

自分の心を真っ直ぐなところに置いて待って居さえすれば、

必ず皆もそこに基づいて変わって来る。


そこで初めて、夫婦でも親子でも他人でも、互いの心が合って関係が変わって来るのです。


誰かと待ち合わせするのでも、自分が間違った場所にいては、

いつまでたっても相手と会うことは出来ないでしょう。


自分が約束通りの正しい場所で待っているのであれば、

たとえ相手が遅れたとしても、いつかは必ず会えるものです。


相手に正しい処に来て欲しいと願うならば、こちらが正しい処で待つしかないのです。

人間関係の道とは、ただ自分が先に道に合うて、気長に時節を待つよりほかはない。

それが人と「合う」秘訣なのです。

どうにもならぬ時は

昭和の政治家である広田弘毅(ひろた こうき)は、

四十八歳のとき、それまでの華やかな出世街道から一転、オランダ公使の閑職に左遷されます。


左遷の知らせを聞いた友人たちは驚き、彼を慰めたり、励ましたりしましたが、

当の本人である彼自身はきわめて平然としており、

逆に友人たちの激情をなだめ、気さくに俳句を吟じます。


「風車(かざぐるま) 風が吹くまで 昼寝かな」 


風車はオランダのトレードマークであります。

風車はいかに精巧であっても風が吹かないと回らないものですから、

自分の境遇をそんな風車になぞらえて、機会という風が吹くまで、

昼寝でもするかのごとくゆっくり待とうじゃないかと言ったのです。


彼の凄さは、政治的手腕もさることながら、

そのような逆境に対する心の持ち方にあったと言えるでしょう。


そうして、オランダ公使四年の間に力を蓄え、

やがて外務大臣、内閣総理大臣へと出世していくこととなるのです。


お道の教えに、このようにあります。

『どうにもならないと思う時にでも、わめき回るようなことをするな。

じっと眠たくなるような心持ちになれ』


何かできる時には、そのことを精一杯させて頂けばよいですが、

どうにもならない時には、何もしないで昼寝でもするかのごとく心を落ち着かせることが、

一つの大切な仕事となるのです。


何かするということも大切なことでありますが、

何もしないで時節を待つということにも、それに劣らぬ値打ちがあるのです。

どうにもならないことを自分の力でどうにかしようと思うと、

解決がつかず、ますます苦しくなっていきます。

ですから、どうにもならないことはまな板の上の鯉のように

自分を神様に全て投げ出し、お任せする。

自分の力でどうにかしようという我を捨てることが大切なのです。 


そのように神様に任せきり、凝り固まった自分の我を放れることができれば、

物事は自然に好転して行くものであることを、忘れてはなりません。

生きるということ

お道の教えに、このようにあります。

『日に日に生きるが信心なり。』

一日一日、日は経つ。夜が明けて日が暮れる。

毎日が同じことの繰り返しのように思われるのですが、決して同じではない。

この「同じではない」ということが大切なところであります。


何事も続けていけば慣れるものです。「慣れる」ということは、

以前よりも早く上手に物事が進められるようになることですから、慣れること自体は悪いことではありません。


しかし、仕事でも交際でも慣れてきますと、一番大切な「同じではない」という思いが抜け落ちる。

一日一日、その時その時が新たなのだという思いが抜け落ちるのです。それでは台無しです。


一番大切なことは、その今までと違った、今日の生き方がどうなっていくかということ。

その生き方をよい具合にしていく為に、慣れるということが要るのです。

慣れるということだけでいいことなどありません。


「おはよう」一つでも、ただの口癖になっているというのではいけません。

今朝の「おはよう」は、これまで何千、何万回と言った言葉かも知れませんが、

これまでに言ったことのない「おはよう」を心掛けていくのが、信心であり、幸せになる秘訣なのです。


昨日まで言ったことのない、よい「おはよう」を今朝言おう。そこから一日の事を始めましょう。

出掛けて家に帰る時にも、今朝出た時よりも、帰るときにはもっとよい私になって帰ろう。

そのような気持ちで帰る。


ですから、「ただいま」と言うことでも、今までに何千、何万回と言った言葉かも知れませんが、

これまでに言ったことのない「ただいま」を心掛けていきましょう。


そうすると、一日一日の生活全体が、だんだんとよくなってまいります。

「生きる」ということはただ漫然と日々を過ごすのではなく、何かを生み出していく働きです。

何を生むか。生むものによって自分の価値が決まります。


おかしなものを生んでしまっては、この自分というものが台無しです。

ですから、「日に日に生きる」という教えを心の芯に頂くことが大切なのです。

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター