FC2ブログ

わが心をまつれ

誰かが腹立ちや憎しみを自分の前に持って来た時、

こちらに信心がない間は、こちらにも腹立ちや憎しみの心が起こってまいります。

しかし、こちらに信心があれば、相手から腹立ちや憎しみを仕向けられても、

それを解かして、さらにはこちらの信心を相手に及ぼし、

信心にならせるだけの働きをすることが出来るようになります。


誰かが心配すれば、こちらも心配をするように、人の心というのは伝染するものです。

心配したり、腹が立つのが伝染するだけではなく、有り難い心(信心)も伝染します。


相手の心配や腹立ちがこちらに伝わるよりも強く、

こちらの有り難い心が相手に伝われば、相手の方から変わっていくのです。


真の信心生活者(信者)というのは、

信心が自分の生活となってそのような働きをするようになって来ることであります。


お道の教えに、このようにあります。

『三年五年の信心では、まだ迷いやすい。十年の信心が続いたら、われながら喜んで、わが心をまつれ。』


不足が出るところが不足が出ない。腹が立つところが腹が立たない。

わが心で自分の心の内から、有り難い心(信心)が湧き出るようになる。


付焼刃の信心ではない。信心の話を聞いた時だけ、その心になったというのではない。

自分自身が信心になりきる、それには十年かかると御教え下さっているのです。


火は自身が暖かいばかりでなく、周囲のものも暖かくします。

自身が明るいとともに、周囲のものまで明るくするのです。


信心する者も同様に、自身が有り難いばかりではなく、

周囲の人をも有り難い心にならせることが出来る。

有難い心があるから将来助かるというのではなく、有難いという心になった、

それがそのまま信心であり、最善最高の生活なのです。

ですから、そこから後はそれが続いていきさえすればよいのであります。 

そして、その有り難い心になるだけの力はすべて我が内に与えられており、

稽古すれば、誰もがきっとなれるに違い無い。

私はそう信じているのです。

信心のおかげ

お道の教えに、このようにあります。

『心配は体に毒、神様にご無礼である。

心配する心を神様に預けて、信心する心になるがよい。』


何故人間が心配する心になるかと申しますと、

それは、そもそも無いものを土台にあれこれ考えるからであります。

天気でも、明日は晴れるか、晴れないかといくら心配してみたところで、

実際には明日になってみないと分からない。まだ明日になっていないのですから、無いものを土台にしているのです。


無いものを土台にしてあれやこれやと考えることが心配であるのに対し、

現在(いま)手元に有るものへのお礼を土台とすることを信心と言います。


受験するときでも、合格か不合格かと言って、無いものを土台にして色々考える。

そこで心配ばかりして心や体を壊してしまっては元も子もありません。


そうではなく、「これまで多くの人に御世話になって勉強することが出来、健康のおかげを頂いて、

今日こうして、無事に試験を受けさせて頂きます。ありがとうございます。

どうぞ実力を発揮し、合格できますように」とお願いさせて頂くのです。


信心とは別に難しいものではありません。

朝、目が覚めたら、今日も生命を頂いたことにお礼を申し、

布団にお礼申し、洋服に「お世話になります」とお願いする。

食事は食材を与えて下さった神様と

食品の加工や調理に関わったすべての方々にお礼を申し、

食器に「お世話になりました」とお礼を申しながら洗わせて頂く…。

そのようにして、お礼を土台に一日を過ごしていくのです。


もちろん布団も洋服も食器も返事はしません。しかし、物を通して神様にお礼を申すのです。

人目があるからするのではない。人に向かってするのでもない。神様に向かってさせて頂く。 


そういう生き方を進めてまいりますと、

心配が減って有難いものがだんだんと増えてまいります。

今まではさほど有難いと思わなかったものも、有難いと思えるようになり、

今まではさほど有難さを認めなかったものにも有難さを認め、

そのものの尊さを自分が受け取ろうとするようになる。

それが、信心のおかげ(御利益)と言うものです。

私が私になるために

相田みつをさんの詩にこのようにあります。

この世は
わたしがわたしになるところ
あなたがあなたになるところ


「出来事には必ず教えがある」と言われるように、

この人生の中で、悩んだり、迷ったり、苦しんだりした時、

この出来事は「自分に何を教えているのか」と考えてみることが大切です。

わたしがわたしになるために、あなたがあなたになるために、

その悩みや迷い、苦しみはどうしても必要なものである。

そのように頂いてみてはいかがでしょうか。


お道の教えには、このようにあります。

『人間は、生まれるときに証文を書いてきているようなものである』


自分の人生は、自分の魂が書いたシナリオ通りだ

と信じることができたならば、心はとても楽になります。


自分の魂の書いたシナリオ通りであるなら、

過去を悔やむこともない。未来を案ずることもない。

何故なら、自分の魂の成長のために、

最良、最高、最適なシナリオ神様とご相談のうえ決めて、生まれてきたのですから。


そして、その悩みや迷い、苦しみの中にある教えをしっかりと頂いたならば、

出来事に対して「ありがとうございます」と感謝することができるでしょう。

その悩みや迷い、苦しみが縁となって、わたしが理想のわたしになることが出来、

あなたが理想のあなたになることが出来るのです。


出来事だけではありません。

恩人というのも、なにも自分にとって感謝すべき人、尊敬すべき人に限ったことではありません。

反面教師もまた恩人。

自分の魂がシナリオに描いた、重要な登場人物なのです。


出来事にしても人にしても、一見無駄に見えることの中に、どれだけの恩寵があることか。

苦悩や絶望が縁となって、神様の願いに気付かせていただき、真の生き方に目覚めるのです。

そこから自然と手が合わさるようになる。

このことを忘れてはなりません。

「許す心」を学ぶ道

お道の教えにこのようにあります。

『神様は人間の親様である。

 …信心をする者は、一生死なぬ父母に巡り合い、おかげを受けていくのである』

悪いことをすれば天罰が下ると言いますが、

悪いことをした人間に罰を当てよう、罪を償わせようとするのは人間であります。

神様は人間の親であります。

自分のことなど忘れ、我が子を助けずには居られないのが親心というものですが、

同じ親でも、神様は人間の親よりも遥かに気が長く、心が広い。

責めるところが一切無い為に、ものを言われることもないのです。


どこまでも助けてやろう、どこまでも救ってやろう。

よしお前がどんなに悪い者であろうとも、どんなにつまらぬ者であろうとも、助けずには居られぬ。

悪ければ悪いだけ、つまらないならつまらないだけ、なお助けずには居られない。

信心とは、神様が自分を愛し、許して下さる親であることを知ること。

神様がいつも自分に寄り添って、この人生を共に生きて下さっていることに気付くことなのです。


そして、そのような親神様から、私たちは「許す心」を学び、

わが心に頂いていくことが、助かっていく道筋なのです。


人間というのは、どこまでも許されないと助からない。

責められることがあっては助からない。そういう生き物であります。


人が助かる道。

それは、他の人間が自分のことを本当に愛してくれている、

どんなことがあっても最後は自分のことを許してくれると信じ切れるところにこそあるのです。


神様は私たち一人ひとりを、その長所・欠点を、そのままに愛して下さる。

喧嘩をする者たちがいても、その両方を包み込んで、一人ひとりをそのままに許して下さる。

その許す心を学び、ともに実践させて頂きましょう。

人の長所を愛し、欠点をそのままに許すことが出来るようになったとき、

本当の幸せに出逢える。

自分も他人も有り難い存在であることに気付かせて頂けるのです。

本当のおかげ

山岡鉄舟(やまおか てっしゅう)と言えば、

幕末・明治の政治家として、また無刀流を開いた

剣術の達人として大変有名な人物であります。

鉄舟はさらに熱心な禅修行者でもありましたから、

道場においても弟子達に対し、

剣の稽古だけではなく、事あるごとに禅の教えを説きました。


ある日のこと。鉄舟が道場でいつものように禅の教えを説いていますと、

そのことを苦々しく思っていた若い一人の門弟が得意気に声を上げます。


「先生、今朝、私は家からこの道場へ通う途中で神社の鳥居に小便をかけましたが、

 この通り何の罰も受けておりません。神仏など迷信です。」


それに対し鉄舟は、間髪を入れず、「この罰当たりめが!」と大声で叱りつけました。


その門弟はびっくりしたものの、

「先生、どこに罰が当たっているのですか?」となおも逆らいます。 

すると、鉄舟は静かに答えました。

「分からないのなら教えてやろう。いいか、神社やお寺の前を通るとき、

 きちんと礼拝できるのが、人間の教養というものだ。

 鳥居に放尿するなど、犬猫のする行為だ。

 お前は一人前の人間であり、しかも武士ではないか。

 武士たるものが、人間のすることさえできず、犬猫の仕業しかできないのが、

 どうして罰が当っていないと言えようか」


善い行いをすれば良いことが起こり、悪い行いをすれば悪いことが起きると言われますが、

本当は、善い行いを出来ること自体が幸せなのです・

お道の教えに、このようにあります。

『真にありがたしと思う心、すぐにみかげ(恩恵)のはじめなり』

有難い心があるから将来助かるというのではない。

有難いという心になった、それがそのまま最善最高の生活で、

そこから後はそれが続いていきさえすればよいのであって、

それ以上の生活はないという教えであります。


有難い心で神仏に手を合わせることができる、

人に優しく接し、物を大切に扱うことが出来る。


有難い心で善い行いをさせて頂こう。そのように願わせて頂けることを、

まず神様に御礼させて頂きましょう。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター