FC2ブログ

良いも悪いも

ロビンソン・クルーソーは、アフリカへの渡航中に船が難破し、

無人島に唯一人打ち上げられて生き残ります。

しかし、生き残ったことを喜んだのも束の間、

助けを呼ぶことも、島から脱出する術もなく、

これからどうしたらよいのかと悩み始めるのです。


 「このままでは、精神的にダメになってしまう…」

そんな自分を慰めるために、ある方法によって

心を感謝の気持ちに変えることに成功します。


その方法とは、帳簿の借方(かりかた)、貸方(かしかた)を書くのと同じように、

自分が経験したこと一つひとつについて、

「不幸せ」と「幸せ」な点をそれぞれ書きだし、対比してみるというものです。


持ち物についてならば、「着る服が無い」という不幸せに対し、

「服があっても、着られないほど暑い場所にいる」という幸せがある。


境遇についてならば、「脱出する望みは限りなく小さい」という不幸せに対し、

「他の乗組員たちのように溺れ死なずに生きている」という幸せがある。


このように対比していくと、最終的な差引勘定では

幸せの方が大きいという結論になり、そのことを神様に感謝するのでした。



さて、皆様も過去の出来事に対して、

「不幸せ」と「幸せ」な点をそれぞれ書き出してみて下さい。

「不幸せ」が大きい出来事ほど、「幸せ」もまた大きいことに気が付くはずです。


実際に書いてみることによって、「不幸せ」な出来事ほど、

今の自分にとって、なくてはならない出来事であったことが明確になるのです。


お道の教えに、このようにあります。

『わが心でわが身を生かすこともあり殺すこともあり』


物事には、どんなことでも良い面と悪い面とがあるものですが、

結局のところは、受け取る者の心次第なのです。 


良いも悪いもないのであれば、「すべて恵まれてのことなのだから」と、

神様から頂いた「ご縁」として有難く受け取る心を育てていきましょう。

有難く受け取ったその第一歩が、本当の幸せへと通じているのです。

仕事は与えられるもの

中世ヨーロッパでは、仕事のことを「コーリング」と言ったそうです。

コーリングとは、召命(しょうめい)、神様に呼び出されることであります。


つまりその仕事を通して、自らの使命を果たすようにと神様から呼ばれて、

与えられたものという意味であり、与えられた仕事というのは、

仕事の内容を問わず、その人にとっては「天職」であったのです。


近年では仕事のことを、「利益がすべて。結果がすべて」などと言ったり、

「生活を保つための手段に過ぎない」などと割り切ったりする意見が、大変多いように感じます。


しかし、もし仕事のことを、利得や名誉などを得るための手段だと考えるならば、

仕事をすればするほどに、どうしても利己的になっていき、堕落していってしまうでしょう。


また、もし仕事を自分が生きていくための単なる手段として、

そのためにしなければならない重荷であると考えるならば、

いつまでたってもそういう仕事の仕方しか出来ず、

またそういう仕事しか与えられないようになるでしょう。


お道の教えに、このようにあります。

『人間は、生まれるときに証文を書いてきているようなものである』


生まれてくるときに、自分はどのような働きをしてお役に立ってまいります、

ということを神様と約束してきたということです。


仕事で苦労することも、自らが証文に書いたことを達成できるように、

鍛練の場を与えられているのだ。

今の自分にとっての、最善、最高、最適の状況、仕事が与えられているのだ。

そうして、与えられた仕事に御礼をさせて頂くことが大切です。 


そのように仕事を喜んでさせて頂いていると、

仕事のほうも喜んでくれて、終始自分につきまとってくれるようになる、

それが道理というものです。


「仕事」という字は、「仕」も「事」も「つかえる」と読みます。

では一体誰に仕えるのかと言えば、神様につかえるのです。

神様につかえる心で、与えられた仕事をまっとうする中で、人は「生きがい」を得るのです。


本当の目的

高きに登りたいというのは、人間の性であります。

子供は椅子や机の上で万歳をする。

大人になれば、山の絶頂から御来迎を拝む。

では、それで満足するかと言えば、決してそうではありません。

高きに登る道中で、人間が満足出来るのは一瞬だけのことであり、

すぐに「もっと欲しい」という欲望に駆り立てられる。

富士山に登った者は、次はもっと高い山を目指す。

もっと高い山を登ったならば、次は月や火星を目指すのです。


もし高きに登ることだけを人生の目的とするならば、

富士山に登ることが出来ても、火星に行くことが出来なければ目的は達せられません。

たとえ火星に行くことが出来ても、金星に行くことが出来なければ

やはり目的は達せられないのです。

かくして高きに登りたいという人間の切なる願いというのは、

必ず中途半場に終わるのです。


名声や地位やお金を目的とするのも同じことで、

それはどこまで追って行っても上には上があって、

ついに最後の満足は得られることなく、

人生は空虚な夢想に引きずられていくに過ぎません。


名声や地位やお金というのは、

目的としてハッキリしているようで実は大変ぼんやりしており、

アテにならないものであります。


そこで、本当の目的について考える必要があります。

そもそも山へ登るのは、頂上に達するのみが目的ではありません。

むしろ途中の景色を観賞するところにこそ、本当の楽しみがある。


この人生においても、目的は何か一定のものにあるのではなく、

行く道々にあって如何に喜び楽しみ、

道中出逢う人々と如何に仲良く楽しい時間を過ごせたかというところに、

本当の目的があるのです。


千の富に安心出来ない者は、万の富にも安心することは出来ない。

一つの名では満足出来ない者は、二つの名でも満足することは出来ない。


安心出来るかどうか、満足出来るかどうか、

それは富や名声の大小にあるのではなく、己の心構えにあるのです。


心構えを改めれば、この人生をより安心に満足して歩んでいくことが出来る筈です。

「自分の方が正しい」と思わない稽古

何故、私たちは「怒り」を他人にぶつけ、

人を傷つけたり、争ったりしてしまうのでしょうか。


このことは、二人の人間が喧嘩をしている状態を考えると分かりやすいでしょう。

喧嘩が起こるのは、ひとりが「自分が正しい」と思っているところに、

もうひとりが「自分のほうが正しい」と主張するところに起こります。


お互い「自分のほうが正しい」と思い込んで相手に向かうものですから、

相手の言い分をまともに聞くことが出来ないのです。


そうして、相手の言い分をまともに聞けないために、

お互いの溝がどんどんと深まっていき、

最終的には「怒り」の感情をあらわにした挙句、

自ら人間関係を壊してしまうのです。


結局のところ、元を辿れば

「自分のほうが正しい」と思うその心がそもそも正しくない。間違いなのです。


もしここで、「自分のほうが正しい」と思わないことが出来れば。

否、少なくとも「相手も正しいかもしれない」と思うことが出来れば、

相手の言い分をよく聞けるようになり、まったく違う道が見えてきます。


そもそも、「相手の言い分をよく聞かない」というのが喧嘩の面目ですから、

「相手の言い分をよく聞く」という喧嘩などは起こり得ません。

加えて、言い分をよく聞いてもらって怒る、ということも起こり得ないのです。


お互いに相手の言い分をよく聞き、

ものごとを冷静に、客観的に見ていけば、

実はただそれだけですべてが解決してしまうことがほとんどなのではないでしょうか。


お道の教えにこのようにあります。

『我よしと思う心を仇として 戦いていけ 日ごと夜ごとに』(安武松太郎師)


我よし、自分は正しいと思う心こそが自分の敵なのであります。

その思い違い、心得違いと戦っていくのが信心であります。


「自分の方が正しい」と思わない稽古を共々に進めさせて頂きたい。

そのように祈らせて頂きます。

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター