FC2ブログ

ありのままを見る

澤庵(たくあん)和尚は、江戸初期の臨済宗の僧であり、

また将軍家光の剣道指南役であった

柳生宗矩(やぎゅうむねのり)と親友の仲でありました。 


ある日、宗矩が沢庵に剣道の極意についてこのように尋ねました。

「真剣勝負をするときは、心をどこに置いたらいいか」と。


宗矩は心の中で、「臍下丹田(せいかたんでん)、臍(へそ)の下に心を置け」と

おそらく沢庵は言うに違いないと思っていたところ、沢庵は

「心はどこにも置くな」

という思いもよらぬ答えを返してきました。


「臍の下に心を置いたら、頭が空っぽだから、ポカンとやられるぞ」というのです。

さらに、

「心をどこかに置くと、そこに執着してしまうから、

どこにも置かずして事に当たれ」と言います。


つまり沢庵の教えた、最も良い心の在り方とは、

「置き所を持たぬ心」であるというわけなのです。


何か雲を掴むことのような話ではありますが、

このことは現代の人間関係においても大変役に立つ教えなのであります。


大抵人間というのは、自分のこれまでの経験や知識で、

他人の良し悪しを決めつけてしまいがちです。

しかし、良いとか悪いということにこだわると、

そこに誰かが傷つくことになります。

また他の人を悪く思うことは、自分自身としても心が乱れ、傷つくことであり、

相手との間柄も悪くなっていくばかりで、自他ともに損をすることばかりなのです。


悪いものを悪く思うだけでは善後策は立ちません。

悪く思わない心があってはじめて、

「その人のためにどうしてあげたらよいか」という善後策が立ちます。


お道の教えに、このようにあります。

『どうにもならないと思う時にでも、わめき回るようなことをするな。

 じっと眠たくなるような心持ちになれ』


大切なことは、ただありのままを見て、そこで善後策を立てていくことです。

ありのままの姿を見るためにはじっと眠たくなるような心持ちとなり、

心の置き所から離れる必要があるのです。

そうしてありのままの姿を見ることで、

人間をよく知れば知るほど、

そう単純に良し悪しなど言えないということが心の底から分かるようになるのです。

強運

「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助は、

松下電器の採用面接では必ず、

「あんさんは運がよろしいですか?」と質問されたそうです。


何故そのような質問をされたかと言うと、

彼自身の成功が強運によるものだと信じていた為でした。


そこである記者が、何故自分が強運だと思うのかと松下氏に問うたところ、

足を滑らせた船員に巻き込まれて海に落ちてしまったエピソードを話されたそうです。


船から落ちた時、『運良く』それを見ていた人がいた。

落ちた季節が『運良く』夏で水温が高かったので助かった。

それが、強運の証なのだと。


客観的に見れば、「船員に巻き込まれて海に落ちるなんて、なんて運が悪いのだろう」と思う事でも、

彼から見れば「運が良かった」のです。


小学校しか出ていないことも、そのおかげで

何でも人に尋ねることが出来るようになったから「運が良かった」。

体が弱いことも、そのおかげで

部下に仕事を任せることが出来、部下が育つことになったから「運が良かった」。


つまり、彼にとっては「運が悪かった」出来事などこれまで一つも無いのです。

お道の教えに、このようにあります。

『信心していれば、目に見えるおかげより目に見えないおかげが多い。

 知ったおかげより知らないおかげが多い。

 後で考えてみてはじめて、

 あれもおかげであった。これもおかげであった

 ということがわかるようになる。』


起きてくる事柄はすべてが神様からの差し向け、

この天地に恵まれてのことでありますから、運に良し悪しなどありません。


あるのは神様のおかげの中で生かされて生きているという事実だけです。

大切なことは、その目に見えない神様のお働き(おかげ)に目を向けて、

感謝して生きていけるどうかということです。


そして、感謝の念から手を掌わせ、

「ありがとうございます」と頭を下げるその心に、

良い縁が運ばれてくるのです。

無常の風

お道の教えに、『障子ひとえがままならぬ人の身である』とあります。

「自分には、取り立てて心配な事は無い」

と言われる方がおられますが、

どんな人でも突き詰めて考えてみた時に、

「これでもう安心だ」と言い切れるものなど、実は何一つありません。


健康のこと、経済のこと、人間関係のこと、家族のこと…。

どれ一つをとってみても、

これでもう心配はいらないと保証し得るものなど何も無いのです。

「何も言うことが無い」ということも、言ってしまえば、

今はたまたま異常な事態に出逢っていないというだけのことであって、

一度異常な事態が起きてくれば、その苦しみを背負って生きていかねばならない。

元来、人間は、わが身がわが自由になるものでないのです。


しかしその上でも、このようにあります。

『厄日に風が吹いても倒れさえせねば、吹かなかったと同じであろう。

信心していれば、どこにどのような風が吹いておろうとも、吹く風に時を嫌わして下さる。

たとえ風が当たっても、おかげの風にして下さるぞ。

ご信心さえしていれば、厄年も無常の風も恐れることはない。

厄年がかえっておかげの年になる。』


「無常の風」とは、諸行無常という仏道の教えです。

一切の形あるものは、常に変化していく。

風が花を散らすように、人間の命も無常が奪い取る。

無常の風は時の良し悪しなど待ってはくれません。


そのような過酷な現実に対し、

この道では、「時」の流れの中に神様の計らい(ご時節)があると説きます。

ご時節のお繰り合わせを頂いたら、「無常の風は時をきらわぬ」と嘆くことはない。

この世がたとえ諸行無常であっても、

人間を生かし育んでくださっておられる親神様のおかげを受けて生きるという、

人間の依るべき根っこをはっきりと掴んでいれば安心である。


先覚が、「信心する者とせぬ者とでは、親のある子とない子ほど違う」

と言われた意味は、そのような親神様のお働きを指しておられると思わせて頂くのです。

あたりまえ

悪性腫瘍のため右足を切断し、

三十二歳の若さで亡くなられた医師、井村和清さんの「あたりまえ」という詩をご存じでしょうか。


あたりまえ 

こんなすばらしいことを、

みんなはなぜよろこばないのでしょう

あたりまえであることを

お父さんがいる

お母さんがいる

手が二本あって、

足が二本ある

行きたいところへ自分で歩いてゆける

手をのばせばなんでもとれ

音がきこえて声がでる

こんなしあわせはあるでしょうか

しかし、だれもそれをよろこばない

あたりまえだ、と笑ってすます 

食事がたべられる 

夜になるとちゃんと眠れ、そして又朝が来る

空気をむねいっぱいにすえる

笑える、泣ける、叫ぶこともできる、

走りまわれる

みんなあたりまえのこと

こんなすばらしいことを

みんなは決してよろこばない

そのありがたさを知っているのは

それを失くした人たちだけ

なぜでしょう

あたりまえ


「感謝」という言葉の反対語は「当たり前」である、と言われます。

一日一日、日は経つ。夜が明けて日が暮れる。

毎日が同じことの繰り返しのように思われるのですが、

決して同じではない。当たり前ではない。

何事も慣れてきますと、その一番大切な

「当たり前ではない」という思いが抜け落ちる。

一日一日、その時その時が有り難いのだという思いが

抜け落ちるのです。それでは台無しであります。


一番大切なことは、一日一日、その瞬間その瞬間を

感謝の気持ちで過ごさせて頂く。これに尽きます。

朝起きたならば、昨日まで言ったことのない、

よい「おはよう」が言えるような私にならせて頂く。 

毎日の仕事や交際の上に感謝が抜け落ちぬよう、

また感謝を現せる自分にならせて頂けるようにと手を掌わせる。

それが、信心させていただくということであり、

道に生きるということなのです。

くじけないで

『100歳の詩人』として人々に愛された、柴田トヨさんの詩に、

『くじけないで』という作品があります。


ねえ 不幸だなんて

溜息をつかないで

陽射しやそよ風は

えこひいきしない

夢は 平等に見られるのよ

私 辛いことが あったけれど

生きていてよかった

あなたもくじけずに


肉体的なことであれ、精神的なことであれ、

私たちが大きな苦難に直面したときには、

それをどのように受け止めるかということが大切になってきます。


これまで当たり前にできてきたことや、

自分の夢や目標がその苦難のために失われることになったとき、

愚痴や弱音を吐きたくなるのは当然のことです。

そうした苦難は人にとって不運なことには違いない。 


しかし、不運と不幸とは同じものではありません。

不運というものは、受け止め方によって幸にも不幸にも成り得るのです。


苦難に逢わない人間などいません。色々あるのが人生であります。

しかし、他人の苦しみは自分には分からないものですから、

「どうして自分だけが不幸になるんだ、理不尽な目に遭うんだ」

と思うものですが、決してそうではない。

自分と同じような思いをしている人が、世の中には必ずいるのです。


そこで、自分と他人の苦しみを比較してどうこう考えるよりも、

まずは自分の苦しむ問題をしっかりと見ていく。

自分を見ることに徹することで、はからずとも

幸福なときには得られなかった人生の別次元の喜びや価値に出逢うことになる。


本当の意味で人を思いやることも出来るようになる。

苦難が、人間を大きく成長させるための尊い縁ともなるのです。


苦しみや悲しみというのは、その時は一生続くような気がするものですが、

絶対続きません。

天気を見ても明らかなように、すべて移り変わっていくのです。


人間の本当の幸せとは、

人生で出逢う苦難を、自らの心が乗り越えた先にあるのです。


苦難の時にこそ、尊い縁を頂いたと思い、

その苦難の中にある神様のプレゼントをしっかりと受け取らせて頂きましょう。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター