FC2ブログ

合掌すること

中村久子(なかむら ひさこ)さんは、
明治三十年に生まれ、難病による両手両足の切断という重い障害を抱えながらも、
七十二年の人生をたくましく生き抜いた人物として知られています。

生活苦のため自ら見世物小屋に入り、
「だるま娘」として二十三年間も好奇の眼にさらされながらも、
彼女は独学で読み書きを覚え、本を読んで教養を身に付け、
結婚に出産、そして育児までをも立派にこなしました。
両手がなくとも、料理も作り、裁縫までして生計を立てたのです。

「奇跡の人」として知られるかのヘレン・ケラーが来日して
彼女に初めて面会した際、「私より不幸な人、そして偉大な人」と
涙を流しながら言ったというエピソードはあまりに有名です。

晩年は全国を講演して回り、
障害者をはじめ病に苦しむ多くの人々に勇気を与え、励まし、
「いのち、ありがとう」を口癖に、常に感謝の心を忘れませんでした。

しかし、そんな彼女にもただ一つだけ両手が無くて残念なことがあったそうです。

それは、合掌ができないということでした。

さて、合掌と言えば両手を合わせて頭を下げる。
形の上ではただそれだけのことでありますが、
単に社交で頭を下げる低頭や、手を握り合う握手とは違い、
相手の地位や身分を尊敬するのではありません。 

そこに神を拝む心があってはじめて合掌となるのです。

金光教の教えにこのようにあります。

『神は宮社(みややしろ)に鎮まり納まっておられるのではない。
真一心の心に神がおられて、おかげになるのである。』

誰かに合掌するということも、
相手の心におられる神を拝むことに他なりません。

「どうぞ、あなたの中の神がお働き下さり、
幸せな人生を歩んで行けますように」
と念じて両手を合わせる。それが合掌するということなのです。

中村久子さんはきっと、実際には合掌は出来なくとも、
周囲の人々に対し心の中でいつも合掌を捧げておられたに違いありません。

彼女に助けられた人々の存在こそが、
そこに神がお働きになられた何よりもの証なのですから。

生神の道

東京ディズニーランドの生みの親である堀貞一朗(ほり ていいちろう)氏が、
公演会の中でこのようなお話を紹介されています。

ある日、東京ディズニーランドのレストランに若い夫婦が訪れ、
「お子様ランチ」を注文しました。

対応したアルバイトの青年は戸惑いました。
この夫婦は、子供を連れておらず、
マニュアルではお断りしなければならなかったためです。

青年は「恐れ入りますが、大人の方には…」と断ろうとしましたが、思いとどまり、
「失礼ですが、お子様ランチは、どなたが食べられるのですか?」と尋ねてみました。

すると、奥さんが、うつむいたまま話し始めたのです。
「死んだ子供のために注文したくて…」

お話を伺ってみると、その若い夫婦には娘がいたのですが、
生まれた時から病弱で一歳の誕生日を待たずに亡くなってしまい、
今日がその子の命日であったのです。

そして、もし娘が生きていれば、
ここで一緒にお子様ランチを食べたのだろうと思うと、
つい注文してしまったということでありました。

するとアルバイトの青年は、笑顔で言いました。
「お子様ランチのご注文を承りました。ご家族の皆様、どうぞ、こちらへ」と。

案内されたのは四人がけの家族テーブル。
子供用のイスまで準備されました。

そうして、まもなく運ばれてきたのは、三人分のお子様ランチ。
アルバイトの青年は、「ご家族で、ゆっくりお楽しみください」と笑顔で去っていきました。

後日、この若い夫婦がお礼の手紙を書いた理由は言うまでもありません。

金光教の教えに、
『生神ということは、ここに神が生まれることである』
とあります。

このお道でいう生神とは、神通力や特別な徳を身に付けた人のことではなく、
難儀な人を見て、自らの心に「かわいそうに」「助けてあげたい」
と思う心が生まれることを言います。
それがそのまま神である、という教えなのです。

そしてその神心を、日常生活の中で具体的に表していくこと、
相手を思いやり手を差し伸べることが信心に他ならないのです。

人間とは何か

中国・清(しん)の第五代皇帝の雍正(ようせい)は、
国と人民のために寝食を惜しんで働いたことから、
中国史上最も勤勉な皇帝とも言われています。

その雍正が学問をするうえで最も大切にしたことが、
「自得(じとく)」という言葉でありました。

自得とは「自己を得る」。

つまり、「自らを知る」ということですが、
雍正は自得園という別邸まで建てて、自らを知ることに真剣に取り組んだそうです。

自得の大切さは、なにも東洋だけの考えではありません。
ソクラテスも「汝、自らを知れ」。
ゲーテも「人生は自分探しの旅だ」と言っています。

考えてもみますと、私たちは学ぶことにせよ、働くことにせよ、
名を成そう、人から賞賛されよう、とばかり考え躍起になるものですが、
そこに執着するあまり、自己というものを見失いがちであります。

しかし誤ってはならないことは、
人は社会的に何かを成し遂げたから偉いのではなく、
その人に与えられている生命自体が尊いのです。

自らを知るとは、その自らの生命に託された「願い」を知るということ。
何をするかという手段ではなく、人間とは何かという根本を知ることです。

では、人間とは一体何なのでしょうか。

金光教の教えに、このようにあります。

『人が人を助けるのが人間である。
人間は、子供がころんでいるのを見て、すぐに起こしてやり、
また水に落ちているのを見て、すぐに引き上げてやることができる。
人間は万物の霊長であるから、自分の思うように働き、
人を助けることができるのは、ありがたいことではないか。』

人が人を助けるのが人間であるのですから、
私たちが学ぶこと、働くこと、活動すべての中心に
「人を助ける」ということを置けば間違い無いということを教えておられるのです。

つまり、学ぶということは、自らを高めて人の役に立つために学ぶのであり、
働くということも、自らの身体、能力を用いて人が助かることをするために働くということになります。

自得とはこのことを悟り、実行して行くことであり、
自得した者が成す仕事は、その職業が何であれ、
自他ともに幸せをもたらす仕事となるのです。

あなたの顔は

あなたは自分の顔を自分で見たことがありますか?

鏡に映った自分の顔を見たことはあるでしょうが、
自分の顔は、自分の目で見ることは出来ないのです。

自分の顔を直接見られないということは、
自分の顔は『お会いした人』のためにあるとわかります。

お会いした人が怖い顔、暗い顔、覇気のない顔、怒った顔だったら、
あなたはどのように感じますか。

その人に対して、あなたは良いアドバイスをしてあげたり、
相手のために協力をしてあげたいと思うでしょうか? ちょっとご遠慮したくなりますよね。

世の中の人をじっくり観察してみてください。

電車の中にいる人たちや、近くにいる人たちを見て、いかがでしたか?

あなたが友達になりたいと思った人はいましたか?

その顔を見て心を開いて相談したくなる表情の人はいましたか?

本当に満足して毎日を過ごしている表情の人はいましたか?

人生で大切なことのひとつは表情です。
顔そのものも大切な要因のひとつですが、
もっと重要なのはその人の表情なのです。

表情を見ると、その人の心の中が見て取れます。
そればかりではありません、その人の生き方や考え方までが表れるのです。

仕事やお金や健康に恵まれたいと思う人は、毎日鏡を見てください。顔

を見ると、今の自分の心の中や状態がよく表現されていることが分かります。

あなたは「鏡は先に笑わない」という言葉を知っていますか?

鏡に映ったあなたに向かって、
「笑え」と命令しても、鏡のあなたは決して笑いません。

あなたが笑わなければ、鏡のあなたは笑えないのです。

鏡に映ったあなたの顔が汚れていたら、
あなたは鏡のほうを拭きますか? 
それとも自分の顔を拭きますか? 
当然自分の顔を拭くでしょう?

素晴らしい人生を送るには、
お会いした人の協力が絶対に必要です。

お会いした人の『心の扉』が開くか閉じるかは、あなたの表情なのです。

さあ今日からは、鏡に映った表情を見て、
あなたの心の表情を変えていきましょう。

鏡の向こうの相手を磨くのではなく、
自分を磨いて、笑顔いっぱいの顔になれば、
お会いした相手の心の扉が開いて、新しい人生がスタートしますよ。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター