FC2ブログ

祈りに目を向けて

ヘンリー・ヴァン・ダイクの寓話に、
『一握りの土』という、このようなお話があります。

川の土手に一握りの土があった。

その土には、いつかきっと幸せをつかむのだ、
という夢があった。

ところがある日、土は掘り出されて、
陶器工場に運ばれ、思いもせぬ窮屈な型に押し込められ、
身も震う高熱に焼かれたのだ。

土は、これも幸せになる試練かと思って、
歯をくいしばって耐えた。

ところがその結果は、粗雑な作りで醜く赤茶けた、
なんの取り柄もない平凡な植木鉢に仕上げられていた。

それからは、不満の日々となった。
「こんな辱めを受けるとは。
私はでき損なったに違いない。」

土はそう思って、腹を立てていた。

どれだけの月日がたったのだろうか。
土はある日、大きな教会に運ばれた。
周囲は美しい花に囲まれ、喜びに満ちた音楽が流れてくる。

そして不思議なことには、この教会にくる人たちが決まって、
自分を指差し、「美しい」「見事だ」と言って褒めるのだ。

土は己の醜さを知っているので、
不審に思い、自分と同じような鉢に訊ねてみた。

もう一つの鉢は語ってくれた。

「お分かりにならないのですか。
 あなたは世界一見事な白いユリの花を宿してらっしゃるのですよ。
 その美しい花の根は、あなたの真ん中で育ったのではないですか」と。

なんの取り柄もないと思っていた自分でも、
命を宿すことができ、美しく育てることができる。

そう気付かされた土は、
生まれて初めて大きな喜びに包まれていた。
というお話です。

さて、私たち人間もこの土と同じように、
ついつい自分の欠点や弱点ばかりに目がいき、
自分は価値が無いものだと思い込んでしまいがちです。

しかし、どれだけ欠点や弱点が多くとも、
そんな自分をも生かそうとする働きが必ずあるのです。

大切なことは、その自分を生かそうとしている働きの中に、
どのような祈りが込められているか、
ということを自ら求めていくことであります。

自分の中からどれほどのものが現れ出るか。

花も咲かせ、実も結ばせて、
やってやってやり抜いていくところに、
自分だけに与えられ、用意されていた本当の幸せが待っているのです。

たらいの水の法則

かつてネイティブ・アメリカンの話し合いの場では、
「発言棒」と呼ばれる、木で作られた巨大な棒が
重要な役割を果たしていたそうです。

発言棒の使用のルールは極めて簡単で、
話し合いの場ではこの発言棒を握っている者だけが発言することを許され、
発言棒を握っている限りは、
理解されたと納得できるまで一人で話すことが出来、
他者は異論を唱えることはおろか賛成することすら出来ません。

彼らに許される唯一の行為は、発言者が理解されたと思えるように、
発言者の主張を正しく繰り返し、確認することだけなのです。

そうして、発言者は皆に自分の主張を理解してもらえたと思えたら、
次の人に発言棒を手渡して、自分の時と同じように、
発言者の声にただ耳を傾ける、というのがルールであります。

一見、そんな悠長なことをしていては
話し合いが前に進まないじゃないかと思うのですが、
実際にはその真逆で、発言棒を使った方が、
口論が少なくなり、良い解決策が次々と生まれるのだそうです。

さて、このネイティブ・アメリカンの智慧から
学ぶべきこととは一体何でしょうか。

人間の根本には、「自分を理解してもらいたい」
という切なる願いがあります。

この願いがあるために、
人は誰しも自分の話を聞いてもらいたいものですし、
自分の話を聞いてくれる人のことを好きになるものです。 

そして、この願いが満たされて初めて人は、
相手のことを理解したいと思えるようになります。

だからこそ、まずはこちらが相手の話を聞く必要があるのです。


金光教の教えに
『おかげ(幸せ)はたらいの水である。
 向こうへやろうとすれば、こちらへ来る。
 こちらへ取ろうとすれば、向こうへ行く。』
とあります。 

この「たらいの水」の法則はあらゆる物事に通じます。

人に自分の話を聞いてもらいたいと願うのならば、
まず自分が人の話を聞くことに専念してみる。

まず発言棒を相手に握らせてあげて、
相手の主張を正しく理解することに徹するのがルールです。
そうすることが、自分のもとに発言棒が回って来る唯一の方法なのですから。

私ってな~に?

インドの童話にこのような話があります。

ある夜、旅人がお堂で夜を明かしていると、
一匹の鬼が人間の死骸をかついで来ました。

すぐ後ろにもう一匹の鬼が来て、
その死骸は自分のものだと争いますが決着がつきません。

そこで二匹の鬼は旅人に判断を仰ぎました。

旅人が最初の鬼のものだと言うと、
後から来た鬼は怒って旅人の腕を引き抜きました。
それを見た先に来た鬼は
死骸の手を引き抜いて代わりにつけてくれました。

後から来た鬼はますます怒り、
旅人のもう一方の腕を引き抜くと、
また先に来た鬼が死骸のを取ってつけてくれる。

こんなことをどんどんやっているうちに、
旅人と死骸の体はすっかり入れ代わってしまいました。

二匹の鬼は
「こんなことをしていても仕方がない。この死骸を半分ずつにしよう」
と言って争いをやめ、死骸をもってお堂から出て行きました。

驚いたのは旅人です。

自分の体は鬼に奪われてしまったのですから、
今生きている自分が、いったい本当の自分かどうか
分からなくて困ってしまいました。

そこで偉いお坊さんに、
「一体私は誰でしょうか」と尋ねると、

お坊さんは
「そもそも『私』なんていうものはないのだから、そんな心配はいらん」
と答えた、という話です。


何とも不気味な話ですが、
「私」とは何か、ということを
たいへん考えさせられる話であります。

普段、私たちは自分や他人のことを、
何か一つの決まった塊として捉えてしまいがちですが、
実はそうではなく、あるのは人と人との関係だけなのです。

相手が悪いと決めつけるのは簡単ですが、
実際には、ただ自分と相手との間に悪い関係があるだけであって、
関係そのものが良いものになれば、
相手からも良いものがたくさん溢れ出てくるものなのです。

ここで大切なことは、
関係というものは相手一人がつくったものではなく、
自分と相手との合作なのですから、
「良い関係を築こうとしているだろうか?」
という問いを忘れてはなりません。

金光教の教えに
『人の身が大事か、わが身が大事か。人もわが身もみな人である』
とあります。

「私」や「あなた」というものに拘ることから一旦離れ、
良い関係を築くということに重点を置くことが、
人間関係の悩みを解く鍵となるのです。

今を生きる稽古

その昔、中国に皆喜禅師(かいきぜんじ)
と呼ばれたお坊さんがおられたそうです。

皆が喜ぶ禅の師匠と書きますから、
大変周囲の人々から愛されたわけですが、

何故愛されたのかと言いますと、
皆喜禅師が、とにかく年がら年中明るくて、
何事もいい方に考え、いつも喜んで生活をされたからだそうです。

例えば、天気が良い日は「畑仕事が出来て嬉しい」と喜び、
雨が降る日は「本が読めて嬉しい」と喜びました。

お寺は山の中にあったのでしょうが、
人が訪ねて来れば「世間のことがよく知れて有難い」と喜び、
誰も訪ねて来なくても「静かに座禅ができて有難い」と喜びました。

皆が暑い、寒いと不足を言う日でも、皆喜禅師にかかれば
「季節の味だから、結構なこと」と喜ぶ事柄に変わってしまうのです。

明るい性格はいつの時代も人を呼ぶものですが、
この太陽のような皆喜禅師の周りには、
老若男女問わず、多くの人々が集まってきました。

では、この皆喜禅師という方は生まれながらの楽天家だったのかというと、
実はそうではなく、「喜びに目を向ける」修行をしていく中で、
そのような人間になれたのです。

皆喜禅師はこのように言います。

「過ぎたることは、善悪共に過ぎておるのじゃ。
大切なことは、今を本当に生きることである。
今を本当に生きるとは、
過去を本当に過去のことであると心に決めることである。」
と。

信心とは苦難が一切無くなることではありません。

人が人として生きていく以上は、
苦難にどうしても直面していきます。

しかし、事実として苦難がありながらも、
そのことで心が苦しまなくなる、
その苦難の中に「ありがたい」と思える心が生まれてくることが信心なのです。

金光教の教えに
『昨日を忘れ、今日を喜び、明日を楽しめ』
とあります。

「生きる」ということはただ漫然と日々を過ごすのではなく、
何かを生み出して行く働きであります。

今月今日只今(こんげつこんにちただいま)で、
自分の中から喜びを生み出していく稽古をしていくことが、
幸せになる最短ルートだということを、忘れないようにしたいものです。

新年の目標は…

毎年新年を迎え、
「おめでとう、おめでとう」と言わせて頂くとき、

新しい一年が始まったという
ウキウキワクワクとした心にならせて頂く一方で、

さて一年前と比べて自分自身、
何か大きな進歩があったのだろうか、
という思いが頭をよぎります。

一休さんの句に
「正月は、冥土の旅の一里塚、めでたくもあり、めでたくもなし」
とありますが、

これは正月がめでたい、めでたいと言っても、
正月になればまた年を一つとって、また死に一歩近づくことにもなる。

一日一日を無駄に過ごして、
一年を通してこれといった進歩も無いというのなら、
めでたいことなんてないでしょう、
と諭されたものです。

さて、そこで新年の目標をしっかりと
立てていきたいと思うわけでありますが、

生きる上での目標を立てるとなると、
何かと聖人君子や偉人たちの
徳目や戒律を引っ張り出してきて、

「○○してはならない」とか「○○しなければならない」
という否定や我慢を旨とした目標を
立てられる方が多いようです。

それが実行しようとして出来れば何も言うことはないのですが、
このような否定的な目標は、人生を窮屈なものにして、
大抵行き詰まってしまいます。

私もかつてはその一人でありましたのでよく分かるのですが、

失敗するのもその筈で、
本来生きるということは物事を肯定していく働きですから、
否定することだけがはっきりしているだけでは、
人は生き生きとしてこないのです。

それよりは、身近な事から、
誰かが喜び助かることを「させて頂く」目標を立て、
実行していった方が、確実に自分自身が変わってくるものです。

教えというものは人の心を縛るものではなく、
ほどいていくものであります。

「しなければならない」と歯を食いしばるのではなく、
「させて頂きます」と喜んで進んでいくところに、
道が開けてくるのです。


金光教の教えに
『信心は日々の改まりが第一である。
 毎日、元日の心で暮らし、
 日が暮れたら大晦日と思い、夜が明けたら元日と思って、
 日々うれしく暮らせば家庭に不和はない』
とあります。

新年の目標は、「させて頂く」ことを願いに置いて、
うれしく、楽しく、有り難い一年となるよう、
お互い一日一日信心を進めていきましょう。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター