FC2ブログ

目的と手段を見分けるには?

ビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家の一人として知られる
ピーター・ドラッカーが、13歳の時の話です。

学校での授業中、宗教の先生であるフリーグラー牧師は
クラスの生徒たちにこのように問いかけました。

「君たちは人から、どのように憶えられたいかね?」

誰も答えられない様子を見て、牧師はこのよう続けます。

「今答えられると思って聞いたわけじゃない。
でも、50歳になってもこの問いに答えられなければ、人生を無駄に過ごしたことになるよ。」

ドラッカーは晩年、この問いについて、著書の中でこのように述べています。

『運の良い人は、フリーグラー牧師が私に問いかけてくれたように、
この問いを誰かに問いかけてもらい、一生を通じて自らに問いかけていくことができる』と。

したがって、たまたまでもこの話を聞いて
下さっている皆様は、強運の持ち主だということになりますね。

人間というのは、毎日忙しく働いていると、当初の目的である、
『何のためにやっているのか?』
ということをついつい忘れてしまい、その何かを達成するための手段に過ぎない、
お金や地位といったものを目的として頑張ってしまうものです。

そうして、幸せになるために精一杯働いて、
お金や地位を手に入れたにも関わらず、愛情や人間的な触れ合いといった
「人間にとって本来最も大切なもの」を失ってしまったり、
取り返しのつかない過ちを犯してしまったりする人が、実に多いように感じられます。

そのような結末にならないために、人生の節目節目で、
フリーグラー牧師の問いかけを思い出してみてはいかがでしょうか?

自分にとって大切な人である、家族や仲間から、
「どのような貢献や業績を残し、どのような影響を与えた人物」として憶えられたいのか?

その答えこそが私たちの本当の目的であり、
それ以外のことは、それを叶えるための手段に過ぎないのだと思います。 

今を生きる

忙しいという字は心を滅ぼすと書きます。
慌ただしいという字は心が荒れると書きます。

でもいくら生活が忙しくても、慌ただしくても、
心まですさみたくありませんよね。

子供の行動を観ていますと、
どのように今という時間を楽しく過ごすかということに全エネルギーが向いています。

だから何かに熱中していると、話しかけても答えません。

何か用事を頼もうものなら、『後で』という言葉しか返ってきません。

それに比べて大人はどうでしょう。
朝起きたら『朝ご飯はどうしよう』から始まって、
仕事のこと、将来のこと、人間関係のこと、過去の出来事など、
常に頭の中は駆けめぐる思いでいっぱいです。

食事をしながら他のことを考えることなど朝飯前で、
人の話を聞きながらでも頭の中は違うことを考えている。

これはどういうことかというと、今を生きていないという心の証なのです。

気持ちが未来や過去に向いて、今というこの瞬間に心を向けていないから、
結局どういう一日を過ごしたかがハッキリ心に留められないのです。

すると、『毎日が同じことの繰り返し』とか『楽しいことがない』
といった否定的な気持ちが湧いてくるのです。

以前読んだ脳の力を開発するという本の中に、
自分がしている行為に意図的に心を沿わせるようにすると
脳が活性化すると書いてありました。

例えば靴を履く時、無意識に履くのではなく、
右足・左足と意識して履いてみる。

コーヒーを飲む時にも一つ一つの動作に心を沿わせる
(ダバダー♪違いのわかるというような雰囲気で) 
そうしてみると不思議ですよ。

気分がすごく落ち着いてきて時間がていねいに流れるような感じがします。

考えてみれば、私たちはあれもこれもしなければと考えていながら、
実際には一つの動作しかできないのです。

それどころか考えてはいても実際はボーッとしているだけという時もあります。

本当は、今目の前のことに心を沿わせて楽しんでやっていれば
やるべきことは終わっていくものなのです。

そうすれば毎日をしっかり充実して楽しめるようになります。

また不安や心配も知らぬ間になくなります。

今を生きるとは自分の行為に意識して生きる事です。

相手の心を変えるには?

『相手を変えようとするならば、まず自分を変えよ』
という格言がありますね。

私も会社に勤めていた頃、この言葉を呪文のように唱えていた経験があります。

しかし皆様よく御存知の通り、世の中には本当に自分にとって手強い相手というのが存在します。

褒めても叱っても変わらない人がいます。

そんな相手に対して『自分を変えよ』とは言いますが、どのように変わればいいのでしょうか?  

今日はこのことについて、私の尊敬する宗教家である、
一燈園創始者の西田天香(にしだてんこう)さんのエピソードを通じて、
もう少し具体的に考えていきたいと思います。

マイカルの前身であるニチイが誕生した年のことです。

天香さんは本社に来て、
『私はこの通りの老いぼれで、何かしようにも何もしてあげられませんので、せめて』と、
ニチイ初代社長である西端行雄(にしばたゆきお)さんの足を丁寧に洗いながら、
『社長はん、下坐に下りて人に仕えなはれや』と諭されたそうです。

この天香さんの姿勢に西端社長は心打たれ、
「お客さま第一」を経営理念とし実践され、
その後ニチイは急速な成長を遂げていくのでした。

さて、西端社長に影響を与えたものは一体何だったのでしょうか?
ここに人の心を変えるヒントがあると思うのです。

人間というのは自分で変わろうと思わない限り変わらないものです。
そんな人間に対して、私たちができることは、
「自分もこうなりたい」と思えるような「模範になる」ことではないでしょうか。 

天香さんが西端社長にとって「謙虚に、人に尽くす」模範となったようにです。

謙虚さの大切さをいくら口で言われようが、
人に言われて直るようなものなら、もうとっくに直ってますよね

つまり、私たちが相手に謙虚になってもらおうと思うなら、
謙虚さが大切だということが相手の心に芽生えるための「模範になる」ように、
「自分を変える」必要があるというわけです。

これは考え方によっては素晴らしいことです。

人に変わって欲しいものがあればあるほど、
模範になるために自分が高まっていくわけですからね。

心を健康に保つために

心理学を楽しく教えて下さる衛藤信之先生の講座を
勉強させて頂いていたときのお話しです。
先生がアメリカで心理学を学んでいるとき、
人はどうしたら鬱になるのかということを研究されていた教授がいたそうです。

試行錯誤の結果、ついに誰でも簡単に鬱になる方法を見つけられたそうです。

それは、一日千回溜め息をつき、それを三カ月間続けたら
ほぼ誰もがちゃんと鬱になるというものでした。

その教授は、それを実践したことによって見事に鬱になりました。
幸運な事に、教授は生徒達のカウンセリングで鬱を脱出でき、
そのプロセスをもとに博士号をとられたそうです。

毎日溜め息をつき続けることによって心が痛むのなら、
その反対は、心を健康に保つために笑うことが一番の特効薬なのですね。

つまり、幸せだから笑うのではなく、
笑うから幸せになるという見本のようなお話です。

さて現代は精神を病む人が多く、
入院しても、どういう基準で退院させればよいかというのが
精神科医の悩むところだそうです。

その判断基準を、精神科医の中井久男教授が
『精神健康の基準』として考え出されました。

その内容はというと、
イヤなことは後回しにする能力。

出来たらやめておきたいと思う能力。

一人でいられる能力、また二人でいられる能力。

ウソをつく能力。

いい加減で手を打つ能力。

しなければならないという気持ちに対抗できる能力。

精神を無理に統一しない能力。

という基準でした。

「エッ、それってみんな私の持っている能力じゃないの」
と思われる方、そう、だからあなたは心が健康なのです。
あなたは立派にいい加減な人だということです。

いい加減でやめる能力のない人、嘘のつけない人は退院できないのです。

つまり、理想に縛られたり、何事もきちんと出来ないと許せない人、
正直に真面目すぎる人は危なっかしいのです。

「いい加減バンザイ」「ちゃらんぽらんバンザイ」ですよね。

だってどんな失敗をしでかしても、心だけは健康に保てるのですから。

「才能」と「強さ」の違いとは?

世間では「才能」と「強さ」とがしばしば同意語のように使われますが、
似ているようで全く異なる言葉だと思います。

「才能」とは、一般的に先天的な能力のことを言いますね。
何かに人一倍没頭できたり、修得が早かったりするだけで、
その人が光って見えて、いかにも強そうに思えるものです。

しかしそれは、ある限られた環境や集団においての話です。

大事なことは、病気や怪我などでその才能が発揮できなくなったり、
より高い才能が集まる場所に行ったりしたときに、
たとえ自分に光るものが何一つなくなったとしても強い人間でいられるかどうかということです。

そのような苦境・逆境に立たされてもなお、
自分や人を活かすことができる力のことを、本当の「強さ」というのではないでしょうか。

相田みつをさんの「つまづいたおかげで」という詩の中に、このような言葉があります

「つまづいたり ころんだりしたおかげで
物事を深く考えるようになりました
あやまちや失敗をくり返したおかげで
少しずつだが人のやることを
暖かい眼で見られるようになりました
何回も追いつめられたおかげで
人間としての 自分の弱さと だらしなさを
いやというほど知りました
だまされたり 裏切られたりしたおかげで
馬鹿正直で 親切な人間の暖かさも知りました」

確かに自分の中に光るものを見つけることも大事です。

しかしそれよりも大事なのは、自分の弱さを素直に認めること。

そして他人の弱さも受け入れてあげられる心を、
経験を積みながらつくっていくことではないかと思います。

金光教祖の教えに『人間は万物の霊長であるから、
本心の玉を磨いて心掛けをよくしなければ、人は敬ってはくれない』とあります。

本心の玉とは心のことです。
心というのは一朝一夕では光りません。
しかし、そうして持続的な鍛練をもってしてはじめて光る輝きだからこそ、
人は敬意を表するのではないかと思います。

単純に考える

モスバーガーというハンバーガーチェーン店がありますね。
販売戦略はマクドナルドなどとは違い、路地裏出店、注文を受けてから作り出す、
厳選した素材を使うなど独自の路線で発展してきました。

創業者の櫻田慧(さくらださとし)さんは、1号店を始めて悪戦苦闘していた頃、
いつも店の前を通る近所の老人に『朝から晩まで一生懸命に働いているようだけど、
そんなに難しい顔をしていたら客が逃げちまうよ。

笑う門には福来るだよ』と注意されたことがありました。
当時の店は立地条件も悪く、わずか3坪弱の店でのスタート。
朝は6時に開店し、夜の11時まで狭いカウンターの中でハンバーグを作る。

眠くなったら洗面器に氷を入れて顔を洗って目を覚ます。店が終われば売上の計算。
家に帰るのは深夜2時。そういう生活が半年続いた。

ある日、ついに体を壊して入院。それでも客はまったく増えない。
『もうやめようか』と思った時、その通りすがりの老人の言葉が浮かんできた。

『あの人は、私の作ったハンバーガーがおいしいと声をかけてくれた。
でも、私のほうはお客様のことを忘れていた。作ることで精一杯でそんな余裕はなかったんだ』
いつも疲れ果てた顔をして笑顔一つなければ誰も寄りつかない。

退院すると、週一回は交代で休むことにして、
どうすればお客様に喜ばれるかを意識して仕事をするようになった。
それから客がどんどんと来るようになったそうだ。

物事というのは出来るだけ単純に考えるとうまくいくような気がします。
櫻田さんは、どうすればお客様に喜ばれるかを考えて仕事をされました。
それは安売りするとか、景品をつけて売るというようなことではなく、
どうすればお客様を感動させられるかというような商売の仕方を考えることだと思うのです。

創意工夫といいますが、これまでの考え方やしきたりにこだわる事なく、
新しい考え方で物事を作り出す心が大切なのだと思います。

相手が当たり前と思うような仕事ぶりではなく、相手が喜び、感謝してくれる。
感動して思わずお客様から礼状が来るような仕事の仕方を考える。
そうすればバイブレーションが高まる、つまり気が上がるのです。
そうすれば物事が簡単にうまく行くと思うのですが。

人の心を掴むには?

ビートたけしさんの師匠である舞台芸人の深見千三郎(ふかみせんざぶろう)さんは、
その口の悪さとは裏腹にたいへん面倒見の良い人情家であり、
数多くの芸人さんたちや浅草の人たちから、こよなく愛された人物です。

そんな千三郎さんの人柄をあらわすエピソードとして有名なのが、
たけしさんの弟子入りが決まったときの話です。

当時、浅草でエレベーターボーイをされていたたけしさんが、
エレベーター内で千三郎さんに弟子入りを直訴したところ、
千三郎さんは『お前、何か芸が出来るのか?』と問いました。

返事ができないでいるたけしさんを見て、千三郎さんは軽快なタップを踏み始め、
『こういうのでも練習するんだな』と弟子入りを許されたそうです。

その格好良さ、粋な人柄にたけしさんはたいへん感動され、
その後千三郎さんが亡くなるまで続く厚い師弟関係が始まったのでした。

人間というのは、喜びを与えてくれる人の元に集まるものです。

しかしそこで難しいのは、その喜びというものが人によってそれぞれ違うことです。

そのため、人に喜びを与えるには、その相手にとって何が喜びになるのか? 
ということを相手の立場に立って理解することから始める必要があります。

一介の舞台芸人であった千三郎さんが何故、
たけしさんはじめ多くの芸人さんたちや浅草の人たちの心を掴むことができたのでしょうか?

それはきっと、日々浅草の舞台を踏みながら、
町を歩き見ながら、自分と似た境遇に立つ人間がどうすれば喜ぶか?
ということをいつも考えていたからではないかと思うのです。
そうでなければ、弟子入りをお願いしてきた無名の若者にタップまで踏めませんよね。

芸人という職業だけに関わらず、私たちが世の中で成功していくためには、
熱い声援と拍手を送って背中を押してくれる人たちの存在が必要不可欠です。

そして、その人たちの心を掴むには、
一人ひとりの喜びを試行錯誤しながら見つけていくしかありません。
その答えは、もしかすると自分がこれまで歩んできた道の中にあるのかも知れませんよ。

家業が修行って、どういうこと?

金光教の教祖は、「この私が教える『行』というのは、
火の上を渡ったり、滝に打たれる水行などのことをいうのではない。

それぞれが持つ役目や仕事のこと、つまり家業が『行』である」と教えられました。

宗教には、何らかの戒律や禁忌(タブー)があり、修行というのがあります。
比叡山の千日回峰行などは厳しい行で有名ですが、
金光教では、そういう荒行などは奨励しません。
それはこの教祖の教えがあるからです。

つまり、サラリーマンであるとか主婦であるとか、
商売人であるとか、いろいろの職業がありますが、それを『行』とするのです。

職業が修行って、どういうことなのでしょう。

あなたがもしサラリーマンなら、会社の仕事をすることが行なのでしょうか。

仕事のために家族を顧みる時間もなく身を粉にして会社に尽くすことが行なのでしょうか。

時には、会社のために意に反したこともしなければならない。
少しでも多くの収入を得るために、
また出世をするために自分を欺いてでもする仕事が信心の行と言えるのでしょうか。

時折、『私は仕事を精一杯していますから、それが信心の行になっています』と言われる人がいます。
仕事さえしていれば信心の行になっているなんて、ちょっと変ですよね。

私たちの仕事というのは、テーブルの上に置かれた器のようなものだと思います。
その中にどんな料理を入れるは個人の自由です。それぞれ好きなものを入れて食べているのです。

味付けも量も見栄えもみなその人の好みです。
ただ、どんな料理を食べていようが、そのテーブルが不安定では、
いつその器がひっくり返るかわかりませんよね。

修行というのは、その器を置くテーブルのことなのです。
テーブルという土台が安定していなければ、
どんな立派な料理を乗せても安心して食べていられないのですよね。

つまり、この教えの本来の意味はこうです。

「仕事をおろそかにしないで、まめに仕事に努め、
先々まで繁盛するように誠実に熱心に仕事に取り組むための心の修行をすることが、信心の行である。」

ということなのです。テーブルの上の料理が、
いかにゴージャスに沢山並べられても、
心の修行が不完全では、とても人にはお勧めできないのです。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター