fc2ブログ

無駄事はなされない

仏教詩人として知られる坂村真民さんの詩に『幸せの帽子』というものがあります。

すべての人が幸せを求めている
しかし幸せというものは
そうやすやすとやってくるものではない
時には不幸という帽子をかぶってやってくる
だからみんな逃げてしまうが
実はそれが幸せの正体だったりするのだ
わたしも小さい頃から
不幸の帽子をいくつもかぶせられたが
今から思えばそれがみんな
ありがたい幸せの帽子であった
それゆえ神仏のなさることを
決して怨(うら)んだりしてはならぬ


一見「不幸」に見えることの中に、神様の願いがどれだけ込められているかということを考えさせられます。
プラスを感謝することなら誰でも出来るでしょう。しかし、苦悩や絶望といったマイナスの淵にあって、
「ありがとうございます」と手を合わせることが出来るのが信心のありがたさであります。

苦悩や絶望が縁となって、神様の願いに気付かせていただき、真の生き方に目覚めるのです。
そこから自然と手が合わさるようになる。

お道の教えに、このようにあります。
『神は、人間を救い助けてやろうと思っておられ、
このほかには何もないのであるから、人の身の上にけっして無駄事はなされない。
信心しているがよい。みな末のおかげになる。』

神様は人間の親であります。
親は、たとえ子どもが親の恩を分かっていなかったとしても子どもの世話をし続け、心配をして下さいます。
そして、子供の至らないところは、改まり成長できるよう、祈りに祈りながら長期に亘って時節を待って下さいます。

私たちが逆境の中で「助けて下さい」と神様に祈る遙か前から、
実は神様が祈って下さっているのです。
最善、最高、最適の神様のお働きの中で、生かされ生きていることを忘れてはなりません。

表行よりも心行をせよ

『人を不足に思わず、物事に不自由を行とし、
仕事に勤め、身分相応を過ごさぬよう倹約をし、だれにも言わずに行えば、これ心行なり』


明治中期の頃、ある方が金光教祖のもとに参られ、このような相談をされました。
「徳を積ませて頂くためにしばらくの間、山に籠もって修行させて頂こうと思うのですが、いかがなものでしょうか」

すると金光教祖は、このように御取次されました。
「それは結構ですね。しかし、何もわざわざ不自由な山に籠もらずとも、
心の中に山をこしらえて、その中で修行をされたらどうでしょうか。
自分が山に入った心になっていれば、どんなに不自由なことがあっても、
また奥さんの作った料理がたとえ不味かったとしても、決して不足を言うことはないでしょう」

さて、修行と言いますと、形を正すことによって心を正す表行(わぎょう)と、
まず心を正して形にまで及ぼす心行(しんぎょう)との大きく二つに分かれます。
そして大抵の者は表行をしたがる。これは私自身もそうでありましたからよく分かります。

元来人間の心というのは大変変わりやすいものですから、
心をただ心だけで維持しようとするのは大変難しい。
そこで、生活の中に見える形として現し、そこで維持していくようにすると、
自分の信心があたかも進んだような気分になります。
寒中に冷水を浴びたり、断食したりすることがこれに当たります。

しかし、そうした表行をして、どれだけ我が身を苦しめてみても、
残念ながらその効果とは意外と小さく、短いものであります。
山の仙人にはなれても、里で仙人になることは今も昔も大変難しいのですね。

そこで金光教祖は、「表行よりも心行をせよ」と教えておられるのです。
心行とは身に起こる一切の問題、不自由を「行」と受け切るところにあります。
しかし、受け切ると言っても、それがただのやせ我慢、忍耐であっては、それも表行となってしまいます。
真の心行とは、そこに山をこしらえて、
一歩進んで嬉しい心で受け切る器を養うところにあるのです。

自分のことなど忘れて

『神は人間の親神である。
かわいいわが子を、どうして難儀に遭わせなさるであろうか。わが子をもって納得するがよい』


自分のことなど忘れ、助けずには居られないというのが、神様の御心なのですね。
どこまでも助けてやろう、どこまでも救ってやろう。
よしお前がどんなに悪い者であろうとも、どんなにつまらぬ者であろうとも、助けずには居られぬ。
悪ければ悪いだけ、つまらないならつまらないだけ、なお助けずには居られない。
わが子に対する親の心とは、そのようなものではないでしょうか。

この世に生まれ、世の中というものがだんだん分かってまいりますと、
本当に頼りになるものなど何も無いということを思い知らされます。
これこそと思ったものが遠慮無く倒れてしまい、この人こそ大丈夫と思った人が変わってしまい、
そうしてこの世には本当に頼りになるものはないのかと探すのですが、
探せば探すだけ見えなくなっていくのです。

しかし、お道の教えを聞かせて頂くことによって、
神様が、「お前を助けずには居れないのだ」と仰ってずっと自分を呼んで下さっていたことに気付かされるのです。
あぁ神様が、そこまで私のことを御守り下さっていたのか。
私の心配事について、私以上に心配して下さっていたのか。
私が腹を立てる時には、それ以上に、神様が御心を痛めておられたのか。
そのような神様の御心がだんだんと分かってくるのです。

人間が不平不足を言ったり、心配したり、腹を立てたり。
どうも心の中に落ち着きがなかったりするのは、この神様の御心が分かっていないためです。
私たちが本当に「有り難い」と思える時。
それはどこまでも助けずには居られぬと言って、私たちが起きている時も寝ている時も、
ずっと神様が御守り下されているということを分からせて頂いた時、本当に心から「有り難い」と思えるのです。
信心させて頂くということは、神様のそのような思し召しを分からせて頂くことなのです。

人に向かう心を神に向けよ

『人の心は移り変わりやすいものである。その、人を頼りにするから、
腹を立てたり物事を苦にしたりすることになる。人に向かう心を神に向けよ。』

自分の心の内に、「認められたい」「理解してもらいたい」という相手への期待があるのに、その通りにならない。
それどころか非難までされる。
しかし、よく考えてみますと、世の中すべての人から認められ、理解してもらえる、
などというのは幻想ですので、そのような甘えや期待を捨ててしまえば、もっと楽に生きられるようになります。

「誰にも非難されない人」なんて歴史上一人もいなかったですし、これからもそのような人など出てきません。
意見を述べる者には必ず非難があり、どんな見解に対しても必ず反対意見が出る。これが現実です。
自分にとっての「好き」を語るということは、必ず誰かの「嫌い」を刺激することになる。

非難する相手は相手で、自分の意見と違う意見を聞いて、
それなりに傷つき、自分自身を納得させたいために攻撃的になっているのです。
それは世の中の仕組みで仕方のないこと。苦しいけれど、受け入れてしまいましょう。
沈黙していれば「むっつりしている」と非難され、
たくさん話せば「うるさい奴だ」と非難され、
ニコニコしていても「何か裏があるに違いない」と非難される。
そのような人の心を頼りにしたところで、自分が苦しむだけなのです。

信心とは、何かに頼る心ではありません。
相手にこちらの思うように動いてもらおうとするのではなく、むしろこちらが相手の思うように動きたいと願うことです。
挨拶でも、親切でも、仕事でも、こちらからさせていただくところに人間の本当の幸せがあります。

本当の夫婦関係、友人関係というものは、お互いに頼ろうとはしないものです。
相手に頼ろうとしないで、むしろこちらが相手の頼りになろうとする。
そういう人間同士が一緒に生活をして、友人となり、夫婦となり、親子となった時に初めて、
それが本当に頼りになる関係となるのです。

休憩所

人生はしばしば登山に喩えられますが、実際に山登りをさせて頂きますと、
ただひたすら登り続けるというものではないことに気付かされます。
どのような山を登らせて頂いても、ある程度登ったところで必ず平らな場所が用意されている。

おそらくそれは、山を登った先人たちが、後から登る者たちの為に、ちょうど良い距離、
ちょうど良い場所に「休憩所」として準備して下さったものなのでしょう。

人生で言えば、成功を求めて一生懸命に頑張っている時とは、まさに山に登っている最中なのです。
しかし時に様々な理由から登れない時がある。山でいう平らな場所に出逢うのです。
人によってはその平らな場所のことを、挫折とか失敗だとか言ったりするのですが、決してそうではありません。
それは神様が準備して下さった、言わば「休憩所」なのですね。

休憩所の休憩所たる値打ちは、そこでこれまで進んで来たことを整理して、
そこから更に次に進んでいくための用意をするところにあります。

今より高い場所に登るために必要だからこそ、
神様がわざわざその休憩所を準備して下さっているのです。
ここでしっかりと今までのことを省みて、感謝させて頂かなくてはもったいない。
ここまで登ってくるためにどれだけの人が力を貸してくれたか、助けてくれたか。
目には見えぬ働きにどれだけ自分が助けられてきたか。
そのように、自分自身に問うてみてはいかがでしょうか。

自分と他者、自分と自然との関わり合いを見つめ直すことで開けてくる人生があります。
自分を生かす無数の働きに目を向け、耳を傾けることで、もちつもたれつ、
「お陰様」の本当の姿が見えてくるのです。
夏の暑い太陽の直射も、大樹の茂る枝葉が涼しい陰をつくってくれます。
その働きを、恩恵として受けとめて、「お陰様」となるのです。

山を登ることに必死になっていた時には見えなかったもの、聞こえなかったもの。
そこに気付かせて頂く、再確認させて頂くところに人生の休憩所としての値打ちがあるのです。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター