FC2ブログ

罰を当てない神様

『神様は叱ってはくださっても、罰はお当てなさらない。』

悪いことをすれば天罰が下ると言いますが、

悪いことをした人間に罰を当てよう、罪を償わせようとするのは人間であります。


神様は人間の親であります。自分のことなど忘れ、

助けずには居られないのが親心というものですが、

同じ親でも、神様は人間の親よりも遥かに気が長く、心が広い。

責めるところが一切無い為に、ものを言われることもないのです。

どこまでも助けてやろう、どこまでも救ってやろう。

よしお前がどんなに悪い者であろうとも、どんなにつまらぬ者であろうとも、助けずには居られぬ。

悪ければ悪いだけ、つまらないならつまらないだけ、なお助けずには居られない。

信心とは、神様が自分を愛し、許して下さる親であることを知ること。

神様がいつも自分に寄り添って、この人生を共に生きて下さっていることに気付くことなのです。


そして、そのような罰をお当てにならない神様から、

私たちは「許す心」を学び、頂くことが大切なのです。

人間というのは、どこまでも許されないと助からない。

少しでも責められることがあっては助からない。そういう生き物であります。

小さい子供が育って行くのは親が許してくれるからであり、

私たちもそれでここまで育って来たのです。

仮に子供が何か失敗をしたとしても、その失敗には何か訳があるのだろうと、

親は子供の立場に立って解釈してくれる。その優しさが子供を育てる、落ち着かせるのです。

しかし、そのような許す心を他人に対して持つのは、何と難しいことでしょう…。

他人を責め、押しのけ、恨み、憎む。そんな我が子の姿など、親は見たいなどと思わないでしょう。

相手を許し、助けようとする。そんな大人に育ってもらいたい。

だからこそ、神様はその見本として、決して人を責めず、罰をお当てにならないのです。

やった者にしか分からない

「真にありがたしと思う心、

 すぐにみかげのはじめなり」


修行が大事などと言いますと、

「そんなことやって何か意味があるのか」などと言い出せばきりがないものですが、

そこで我が身、我が心を通して実際に修行をしてみると、

日々繰り返し続けるその中に、必ず見えてくるものがあります。


古人の言葉にあるように『それはやった者にしか分からない』ものなのですね。

これは自分にとって大変なことだとか、苦しい修行をすること自体に価値があるわけではなく、

神様に「させて頂きます」とお願いをし、自ら進んで自らに課した修行をしたときの、

その時の自分の心を見ていくことに大変価値があるのです。


例えば、このお道には御祈念修行というものがありますが、

これは只ひたすら、朝から晩まで御祈念を唱え続けるというもの。

1時間もすれば喉が渇いて声がかすれてきますし、2、3時間で意識が朦朧としてくる。

実際にさせて頂きますと、なかなかの苦行であります。


そうしますと、最後あたりは自分が唱えているのか神様が唱えて下さっているのか、

よく分からない状態になってくる。

自分の力で修行をしている、というような気持ちが無くなり、

最後までやり遂げさせて頂けるところに感謝の念が生まれてくる。

そういう経験を毎日させて頂けば、理屈は抜きにして、

「神様、有り難し」というものが心と体に染み入ってくるのです。


そして、有り難い心が自分の中に生まれますと、

人を責めたり、愚痴・不足を言ったりといったやましい心は一切無くなって、

曇った心も明るくなり、自分の方から周囲に対して

有り難い心を現していきたいという気持ちが起こってまいります。


みかげというと、自分の周囲が自分にとって都合良く動いた時によく言われたりするものですが、

周りの環境がどうであろうとも、自分自身に有り難い心が定まっていて、

その有り難い心を持って人に親切にし、物事にあたっては実意丁寧な生き方ができるようになる。

それこそが、真の助かりなのです。

みな鏡に現れる

『天地の神のおかげで生かしてもらっている者は、

 合わせ鏡の間に置いてもらっているようなものである。

 悪いことも善いことも、みな鏡に現れるように神様はご承知である。』


合わせ鏡に映るのは、常に自分自身です。

自分の心が人生に現れる。言い替えれば、人生で起きていることを見れば、

自分自身の心も知ることが出来るという教えです。


鏡に映った自分を変えようとして、いくら鏡に手を伸ばしたところで、そこには実体がありませんね。

鏡に映る自分自身を変えてはじめて、鏡に映る光景が変わっていくのです。


人の姿が見えていても、自分の姿が見えていなければ、半分しか物事が見えていないのです。

不完全な見方ですから、自分の悪さが見えないのですね。

自分を見ることが足りない間は、すべて人のせいにして、不足をそこに持っていってしまいます。

よく、「これだけ自分は努力しているのに、相手は少しも良くなってくれない」という声を耳にします。

そのお気持ちは分かりますが、そのように嘆くだけでは道は開かれません。


合わせ鏡である周囲の人々の中に善なり悪なりが見えるということは、

自分自身の中にも、その相手と同じ善なり悪なりが在るということです。 

自分の心を見せられていることに気付いてはじめて、相手ばかりを責めるわけにはいかなくなります。  

そもそも、不平とか不足とかいうものが起こるというのは、

心のどこかに「自分だけが正しい」という思い違いがあるのです。

それが、自分自身が見えることで、他の人が悪いところを出してきても、

それが我が内にもあることを知っているので、簡単には責められなくなる、蔑めなくなる。

そこから、相手の悪いところも許せるようになり、また善いところもよく見えてくるようになります。


相手が善くなってくれることを、こちらが何十年待ったところで、どうなることやら分かりません。 

それよりも、こちらが相手を悪く思ったり、辛く思ったりしないようになれればよい。

つまりは、自分が変われればそれが一番なのです。

往生

仏道に「往生」という言葉がありますが、

これは一日一日を大事にして生きる生き方のことです。

そして死ぬのは、神さま仏さまにお任せすればよい。


「花の命は短くて」という有名な言葉がありますが、それは人間の嘆きでしかありません。

坂村真民さんの『花』という詩に、このようにあります。


花には

散ったあとの

悲しみはない

ただ一途に咲いた

喜びが残るのだ



花は、自らの美しさを誇示しょうとして咲いているのではありません。

人間が見ていようと、見ていまいと、ただ懸命に、「花だから咲く」のです。

自分に与えられたいのちを、与えられた環境の中で、与えられた役割を精一杯、ただひとすじに果たして、

次の世代にいのちをつないでいくのです。


朝顔は朝に咲いて夕べにしぼみ、夕顔は夕方に咲いて夜明けにしぼむ。

でも、一生懸命に咲いたのですから、朝顔も夕顔も決して悲しんでいないでしょう。

咲くのが、朝顔、夕顔の喜びなのです。


私たちが花を見て美しいと感じるのも、

その花の形や色などの見た目だけにあるのではなく、自らの生命を全うし、

ただ一生懸命に咲いている、そのひとすじの気持ちが私たちを感動させるのですね。


私たち人間にもまた、自らに与えられた生命を精一杯に喜び、

全うする役割が与えられているのではないでしょうか。


今日一日、自らに与えられた仕事を精一杯に喜んでさせて頂けるかどうか。

自分の中から喜びを生み出す稽古こそが信心であります。

人間にとって感謝にまさる生き甲斐はないのですから。

この自分の中から、どれだけの喜びが現れ出るか。

花も咲かせ、実も結ばせて、ただひとすじに咲き切ろうとするところに美しさが生まれるのです。

わたしがわたしになるために

相田みつをさんの詩にこのようにあります。


この世は

わたしがわたしになるところ

あなたがあなたになるところ




「出来事には必ず教えがある」と言われるように、

この人生の中で、悩んだり、迷ったり、苦しんだりした時、

この出来事は「自分に何を教えているのか」と考えてみることが大切です。

わたしがわたしになるために、あなたがあなたになるために、

その悩みや迷い、苦しみはどうしても必要なものである。

そのように頂いてみてはいかがでしょうか。


お道の教えには、このようにあります。

『神は、人間を救い助けてやろうと思っておられ、このほかには何もないのであるから、

人の身の上にけっして無駄事はなされない。信心しているがよい。みな末のおかげになる。』


自分の人生は、自分の魂が書いたシナリオ通りだと

信じることができたならば、心はとても楽になります。

自分の魂の書いたシナリオ通りであるなら、

過去を悔やむこともない。未来を案ずることもない。


何故なら、自分の魂の成長のために、最良、最高、最適なシナリオを、

神様と相談のうえ決めて、生まれてきたのですから。


そして、その悩みや迷い、苦しみの中にある教えをしっかりと頂いたならば、

出来事に対して「ありがとうございます」と感謝することもできるようになるでしょう。

その悩みや迷い、苦しみが縁となって、わたしが理想のわたしになることが出来、

あなたが理想のあなたになることが出来るのです。


出来事だけではありません。

恩人というのも、なにも自分にとって感謝すべき人、尊敬すべき人に限ったことではありません。

反面教師もまた恩人。自分の魂がシナリオに描いた、重要な登場人物なのです。

無駄事なんて決してありません。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター